★美味しいね

『甲子』こんなお酒はいかがでしょうか | 硬水で作るからか、また違う味わいがあります。ただ、酒造蔵が…

投稿日:2022年3月18日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

まさかの『今夜はこのお酒を飲めッ!!』シリーズから除外となってしまいましたが…「もし良かったら…どう?」的な感じで気軽な紹介と思っていただけたら幸いです。

『新しいモノ』とは…単なる年代ではなく、自分の知らないいいモノ。と、考えています。
今回はお酒です。あなたの人生の中で、『新しいモノ』との出会いの一つとれば嬉しいですし、『再会の場』になればもっと嬉しいです。

では、お酒が飲めるようになったあなたに贈る、新たなるアルコールの風をお届けする今回のお品物は…

『甲子』こんなお酒はいかがでしょうか | 硬水で作るからか、また違う味わいがあります。ただ、酒造蔵が…

『(株)飯沼本家』なんです!なんでこんなことを申し上げるかと言いましと、、、私の苗字が『飯沼』なんです!!

はじめに申し上げますと、私の家系では全くないので縁もゆかりもありません。なので全く関係はございません。
とは言いましても、私史上、他の『飯沼』さんに会ったことがあるの人生で1度きりだし、ましてや日本酒を作っている『飯沼』なんてもっと珍しいですよ。

蔵元の場所も千葉県なんですが…実は私、千葉県に住んでいるという共通もあってか、尚更嬉しくなって買ってしまいました。
実際、妻も仕事先で「日本酒の飯沼本家の方ですか!?」と聞かれたくらい、地元の人には知られているようです。私は全く知りませんでしたけど。

とにかく、この事実を知って欲しくてブログに書きました。

さて、実際にお味は・・・

純米酒にしては、甘口で口当たりもまろやかでした。なんでしたら純米大吟醸かな?と思うくらい甘いのですが、後味は意外にスッキリしていましたね。

しかし、私の好みかと言いますと…残念なことに違います。千葉県でオススメと言ったら『梅一輪』を激しくお勧めしたいですね。

現在、私の舌は完全に『新潟バージョン』に設定されていまして、新潟の日本酒が家に無くなると不安を覚えるくらいにまで育ちました。
しかし、梅一輪だけは違います。コレを飲むとなぜか落ち着くんです。

便利なことに、この梅一輪が『博多劇場』というイケてる居酒屋さんに常備されているんです!
是非、あなたにも行って千葉の底力を感じてほしいです。

最後に

あなたの名前が入ったお酒があるといいですね。
結構な確率であると思うんですが…それくらい日本には大小さまざまな蔵元があるので、一度探してみてはいかがでしょうか。

ではまた。

前回はコチラ。

『純米大吟醸 酔心』今夜はこの酒を飲めッ!!#10 | 日本酒で『超軟水仕込み』と『甘露』とはなんぞ!? | サチヲん家 (sachiway.net)

 

 

-★美味しいね
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【関東No.1の讃岐うどん屋さん】 | 神保町『うどん 丸香』本物がここにあります!

2021/04/27(更新日: 2021/05/08) こんにちは、サチヲです。 友達に大変貴重な情報を教えていただきました。讃岐うどん屋さんです。持つべきものは友ですね。 【関東No.1の讃岐うどん …

【美味しいよ】読谷食堂(よみたん) | 本格的な沖縄料理が水道橋駅に登場!!

2021/09/21(更新日: 2021/09/28) こんにちは、さちをです。 私は、異国の料理が好きなんですが…忘れていました!日本にもありますね、沖縄料理がね! それがこちら。 【美味しいよ】読 …

【美味しいね】『瓦そば』 | 山口県最強のぶちうまい郷土料理を知っていただきたいデス!!

2022/02/11(更新日: 2022/02/15) 瓦そば!と言えば、『たかせ』の名が必ず来る!! 川棚温泉 元祖瓦そば・たかせ@https://www.kawarasoba.jp/kawaras …

『川松』うなぎ・会席料理

『川松』うなぎ・会席料理 | 1月8日、今年初のうなぎをいただきました。

こんばんは、サチヲです。 『川松』うなぎ・会席料理 |1月8日、今年初のうなぎをいただきました。 新年早々、ありがたい話です。私自身、お客様にご相伴にあずかることは滅多にないことですが、仕事の流れでい …

『純米酒 浦霞』精米歩合65%

『純米酒 浦霞』精米歩合65% | さすが!『品格のあるお酒(Classic and Elegant)』を目指しているだけはあります

飲み終わった後は、花瓶にして再利用しています。花はスイトピーです。 こんばんは、サチヲです。 今年のめでたいお正月のお酒として飲ませていただいたのは『純米酒 浦霞』です。値段は西友で1300円くらいで …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。