★美味しいね

【本八幡 龍月】| 発見!!『素人が食べてはいけない』煮干しらーめんがこちら…

投稿日:2021年6月6日 更新日:

純煮干そば 中盛(225g) 850円

こんにちは、サチヲです。

とうとう分かりました!美味しいと常日頃から思っていましたが、このラーメンは素人向けではなかったんです。
それが、コチラ。

【本八幡 龍月】| 発見!!『素人が食べてはいけない』煮干しらーめんがこちら…だってこのスープ見てください。

上の写真の方が灰色っぽいかな?

正式名称は『純煮干そば』。今回、頂いたのは、純煮干そば 中盛(225g) 850円です。

さて、ご覧ください。
んー、もう少しスープの色が『灰色』なんですよ。え!?食べ物が灰色ってそんなにないですよね。

あ。でも灰色ありました。実はこれ、煮干しの色なんです。
それもそのはず、獣系を一切使わずに大量の煮干しと、補助に鰹節等の魚介類、干しシイタケ、昆布、生姜メインの野菜のみのスープです。
そして、『かえし(スープで割る前のタレ)』は、鰹節、干しシイタケ、米酢、そして!しょっつるベースの天然素材重視のタレ。

見た目にこだわらず、素材重視で作ると、いわゆる『美味しそうな色』が出ないことってありますよね。龍月の煮干しラーメンがまさにそう!!

だからこそ、食べた時のインパクトがアリまくるのです。

『しょっぱい』という、突き詰めたらたどり着きそうな味ではなく、ただただ煮干しを飲んでいる…という状態です。

更に、『くさい』という、こちらも素材を重視したら必ずぶち当たる壁がありますが…ただただ煮干しの香りをかぎながら食べるラーメンです。

中途半端に、「あ、オレ!?煮干し好きだよ」みたいな輩はご遠慮ください。
しっかり「煮干し好きです」と言い切れる人だけ食べてください。

軽い気持ちで、龍月の煮干しラーメンを食べて、「あー、なんか煮干しがキツくて、くさいよね」とか言って、食べログの評価を落とすなんてもってのほかです。
それは、あなたの煮干しに対しての『覚悟』が足りないのです。
軽々しく食べた結果、あなたの煮干しに対しての誠意がないということが露見しただけです。

最後に

正直、好き嫌いは分かれます。もちろん私は煮干しに対して『輝く黄金の覚悟』を持っているので好きです。

さて、あなたが試される時が来ました。気持ちの整理ができた人のみ…下記の食べログ情報をクリックしてください。
龍月 – 本八幡/ラーメン [食べログ] (tabelog.com)

ではまた。

 

 

 

 

 

 

-★美味しいね
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京にある『白山通り』という飲食店の激戦区 | 特に神保町から水道橋までの白山通り、恐るべし!

東京にある『白山通り』という飲食店の激戦区 | 特に神保町から水道橋までの白山通り、恐るべし!

         2021/02/24(更新日: 2021/02/24) こんばんは、サチヲです。今日はコレ。バラバラと紹介しますね。 東京にある『白山通り』という飲食店の激戦区 | 特に神保町から水 …

『絶品!ナスの山椒揚げ』と『箸で切れる、フールーチー 』の2点推しです!!【西安料理 XI’AN(シーアン)市ヶ谷店】

こんばんは、サチヲです。 『絶品!ナスの山椒揚げ』と『箸で切れる、フールーチー 』の2点推しです!! 5年くらい前まで、XI’AN(シーアン) 新宿西口店で『ナスの山椒揚げ』が1,180円 …

リベンジ『特製つけ麺』です。わたしが間違っていました。【本八幡 龍月】

こんにちは、サチヲです。 リベンジ『特製つけ麺』です。わたしが間違っていました。【本八幡 龍月】 え!?初めて『特製』を頼んだのですが…コレで950円!??   大盛り(300g)にしてるん …

佐野サービスエリア 上り | 佐野ラーメンという、たまにはサッパリなラーメンはいかがですか?

2021/02/02(更新日: 2021/02/04) こんにちは、サチヲです。 佐野サービスエリア 上り | 佐野ラーメンという、たまにはサッパリなラーメンはいかがですか? 佐野ラーメン煮卵入り 7 …

かおたんラーメン | 南青山にある謎のラーメン店は、なんと!『中華そば(醤油ラーメン)NO.1』でした。

2021/03/09(更新日: 2021/03/18)こんにちは、サチヲです。 ラーメンを食べる前に、このお店の外観を見てくださいな。 かおたんラーメン | 南青山にある謎のラーメン店は、『中華そば( …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。