comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

希須林 担々麺屋 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

『希須林 担々麺屋』 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

2021/03/17(更新日: 2021/08/07) 屋根のような『壁』が腰元まで伸びてるお洒落な外観 坦々麺の専門店は本当に多くなりました。そのおかげで『身近に・気軽に・美味しい』お店が増えました …

斎藤一人#4 | 『無を活かした時、初めて有が活きるんだよ』この話はすごく究極的な話です

2021/09/07(更新日: 2021/09/08) こんにちは、サチヲです。 ひとりさんについては『好き嫌い』がはっきり分かれる人物なので、苦手な方はここで読むのをやめることをおすすめします。 さ …

『弘中勝』という超現実主義で企画・発想力・アイデアのプロ | 「あなたのためを思って言ってるんだからね」という信用力ゼロの言葉

2021/04/30(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉 …

「こどもをドジで間抜けに育てる簡単な方法」 | そんな子育て方法を知らない間にやっているかも

こんばんは、サチヲです。 「こどもをドジで間抜けに育てる簡単な方法」そんな子育て方法を知らない間にやっているかも よく読むメルマガに、衝撃的な子育て方法が書かれていました。 知っている、知らないでは大 …

【ワンピース】ゾロの考え方 | 脳が筋肉で出来ていると思いきや、しっかりとチーム戦略を…

2021/07/24(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 細かい説明は特にしませんが、要するに『予定と全く違うことが複数起きて、早急に手を打たないと取り返しのつかない状況』です …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。