/> 【ワンピース】『ロロノア・ゾロ』 | ゾロのプロモーションビデオを見ているかのようじゃないですか
Written by Sachio Iinuma

【ワンピース】『ロロノア・ゾロ』 | ゾロのプロモーションビデオを見ているかのようじゃないですか

ONE PIECE ★布教

こんにちは、サチヲです。

そもそも、構成が最高。

先ず、『イケてる自分をひけらかさない』のです。
既に、漢があこがれる基本要素の一つをひけらかしているんですよ。

スポンサードサーチ

【ワンピース】『ロロノア・ゾロ』 | ゾロのプロモーションビデオを見ているかのようじゃないですか

そして、第三者となって自分を語るんです。
その際に「時代のニーズ…」という、柔軟性と将来性を見る力と、実際の行動力もあることをアピール。

更に、自分の本業である『剣士』の実力と資質があるからこそ解る『ホンモノを見抜く眼』を披露。
痺れます。しかも、当たっていたのに、自慢しない。グッときます。

そして、ゾロを引き立てるための『鬼轍のヤバいエピソード』で、もう一段上にあげます。
これは、ヤバければヤバいほどふり幅とギャップが生まれるので、空気を変えるほどの説明は必要不可欠ですね。

そんな、死と隣り合わせの刀を気に入るなんて最高。

更に、刀を上にして更に上からのアングルいいですよね。まだ、刀と対等な感じが出ていないんでしょうね。

そして、男の子なら一生に一度は言ってみたいセリフであろう「しょせん おれはそれまでの男だ…」で、悲壮感とは違う、漢の覚悟を味わうことになります。

極めつけは、みんな大好き『有言実行』ですよ。
運命に打ち勝つ姿をスタイリッシュに描くんですよね。

先程の、刀を上に描くアングルから、刀を下に描き『ゾロが鬼轍を従えた』瞬間をも描ききる構成はかっこよすぎます。

まさに、プロモーションビデオを見ているかのようではありませんか!?
ミッションインポッシブル2のトム・クルーズのようですよ。ジョンウー監督の演出に似ているんですよね。

最後に

こりゃ、人気出ますよ。

ではまた。