/> 【YouTube】『令和の虎チャンネル 』 | マネーの虎とは似て非なる存在。本当の意味での優しさがある
Written by Sachio Iinuma

【YouTube】『令和の虎チャンネル 』 | マネーの虎とは似て非なる存在。本当の意味での優しさがある

★独り言 雑記

 

こんにちはサチヲです。

吉田栄作が司会進行をしていた『マネーの虎』を覚えていますか?
2001年に日本テレビでスタートした、一般人起業家が事業計画をプレゼンテーションし、投資家たる審査員が出資の可否を決定する…当時としては、目の前でお金が動き、人が一喜一憂する様を見るという全く新しい試みで人気番組となりました。もちろん私も好きで見ていました。

そして現在。全く気が付きませんでしたが『令和の虎CHANNEL』として蘇っていたんですよ!

昔のように、ヒリヒリした緊張感の中、『あの』やりとりがYouTubeで見れるんです。

スポンサードサーチ

【YouTube】『令和の虎CHANNEL 』 | マネーの虎とは似て非なる存在。本当の意味での優しさがある。

しかし、似て非なるものとはよく言ったものです。私が感じた大きな違いは『主役が志願者』ということです。

マネーの虎では『主役が視聴者』だと感じました。
それは『テレビ』という媒体がスポンサーのための番組作りをしている以上、私たち視聴者をテレビに釘付けにする必要があったのではないでしょうか。
虎たちも志願者も、もはや『コマ』でしかなく過激にキツめな刺激を、常にかもし出していました。

しかし、令和の虎では確実に志願者を中心にまわり、バカにするのではなく立てて、本当の意味で応援する良質のチャンネルだったんです。
まさに、テレビとYouTubeの違いがはっきり出たのではないでしょうか。

人が行動する時。人が応援する時。それは気持ちだけでは現実的ではない。それは、具体的な数字でぶつかる。

それは、具体的な数字でぶつかる。しかし、その大切な数字が苦手だったらどうしましょう。
アツい想いだけでは限界があります。それを、どうビジネスにつなげていくのか。

しかし、心を動かす時が確実に存在します。それが人を動かし、お金も動かす。こんなことが目の前で起こる。
プレイヤーなのか。経営者なのか。悩むというよりか分かっていないひとに対して、突き放すのではなく歩み寄りながら、具体的な形にする。

本当の意味で、『助け合いの精神』を学べるこのYouTubeチャンネルは、学びで溢れています。

先ずは、上記の過去動画ですが見てください。

悪意なく、あり得ない展開。とてもシナリオがあるとは思えません。むしろ、コレでシナリオがあるとしたら逆に素晴らしいですよ。
バラエティー番組として、これ以上ない良質なコンテンツであることは間違いないです。

このようなチャンネルを見ていると、自分自身の足りなさを痛感します。そんな思いを抱かせるこの番組に感謝です。

YouTubeだからこそ、いい意味で自由な言論空間も体感出来て、尚且つ学べるなんて本当に贅沢なチャンネルです。

ゆっくり時間をかけて、全てを観ようと思います。日本にこんなにもアツい志願者と経営者がいるなんて思ってもいませんでした。日本もまだまだいけます!そんなイケてる人、イケてる会社をどんどん紹介させていただきます。

ではまた。