comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

希須林 担々麺屋 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

『希須林 担々麺屋』 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

2021/03/17(更新日: 2021/08/07) 屋根のような『壁』が腰元まで伸びてるお洒落な外観 坦々麺の専門店は本当に多くなりました。そのおかげで『身近に・気軽に・美味しい』お店が増えました …

no image

日本の借金!?是非とも麻生さんの話を聞いてほしいです。

こんにちは、サチヲです。 オールドメディア(テレビ・新聞)が昔からミスリードしつづけたネタ。 『日本の借金。国民一人当たり〇〇の借金』 かくいう私もだまされていました。。 現在のネット環境で情報を取り …

作曲するときの基本姿勢 | 『パクッてアレンジ』です。もちろんリスペクト有りです!

2021/04/25(更新日: 2021/04/29) こんにちは、サチヲです。 オリジナル曲をつくる時に、どうしても煮詰まってしまうことってありませんか? それは、オープニング、リフ、ソロ、構成、歌 …

【SOS】営業職に就いているあなたへ | さて、あなた自身は『社員』なのか?それとも『売り子』なのか?

2021/08/21(更新日: 2021/08/24) こんにちは、サチヲです。 今回も、刺さる人が少ない話題です。相手にモノを売る仕事。いわゆる『営業』についてのお話です。 興味のある方はよろしくど …

あなたは『ウルド 浩太郎』を知っているか? | 行動力と準備力がモノをいう。才能では決してない。原動力は好奇心。

2021/04/22(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 『バッタを倒しにアフリカへ 』ウルド 浩太郎 著の本を紹介します。 つくづく、日本人の底力を感じさせてくれます。その人 …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。