★音楽最高 バンドアーティストの感動(邦楽)

【おすすめ】戦術音楽ユニット超時空ヴィーナス ワルキューレ!!

投稿日:2020年12月4日 更新日:

こんばんは、サチヲです。

【おすすめ】戦術音楽ユニット超時空ヴィーナス ワルキューレ!!

今回は超絶限定的なネタです。こんな方におすすめです。

・『超時空要塞マクロスシリーズ』及び『マクロスデルタ』をこよなく愛する“あなた”

・ライブに行けないストレスを発散したい“あなた”

・アニメと声優と現実との素晴らしき融合を堪能したい“あなた”

今回の感動はこちらです。

『WALKURE LIVE 2018 YOKOHAMA ARENA “ワルキューレは裏切らない” 』初回限定盤Blu-ray2枚組です。

コレを見るだけで全て解決します。しかも、2017年度のライブも観たくなります。更に応援もしたくなます。

少し違うなぁと思うあなたは、ここで読むのをお辞めくださいませ。

さて。

ワルキューレの5人とflying dog(バックバンド)の4人、そして関わるスタッフ全員の想いの全てを2018.2.24横浜アリーナに狙いを定めて、それぞれが最大限にやりきり、研ぎ澄まされた最高に素晴らしいパフォーマンスです。

私に言ってくれたら、あなたにも直ぐに貸したいくらいです。

このBDのいいところはライブでの全てのMCが入ってるんです!

最初はマクロスデルタのキャラ通りのおしゃべりしていて、後半は声優さんとしてそのまま本人の魅力を知ることができる貴重なBDとなっています。

特に、美雲ギンヌメール役の『歌』だけを担当しているJUNNAさんのお芝居が入ったコール&レスポンスが観れるのはコレだけです。

つくづく思いますが、声優さんのやることが多いこと、多いこと。声優業はもちろんのこと、歌も踊りも喋りも求められ、イベントやラジオやYouTube。全て一定水準以上ではないとやっていけない狭き門ですよ。

昨日なんてカナメバッカニア役の安野希世乃さん、京都タワーで生配信ライブもしてましたからね。

本当に歌と踊りが上手な方がゴロゴロいるんだなと思います。

ゾンビランドサガのフランシュシュにしかり、化物語シリーズにてもです。

私の不勉強さもありますが、本当に層が厚すぎてついていけません。

そんな中、このワルキューレに出会えた事は最高にラッキーだったと思います。

そもそも、こんなアイドルみたいなの全く好きではなかったんですよ。元々好きなマクロスFの中島愛やMay’nの曲も人もある意味落ち着いて聞きやすいし覚えやすい。なんせ菅野よう子さんが音楽を監修しているので間違いありません。

やっぱり『きっかけの順番』は大切ですよね。

そもそもマクロスデルタのアニメが好きだからこそのワルキューレでしたからね。これが逆ならここまでハマってませんね。

あの大好きなドラマがらあったから安全地帯を知れた。

あの大好きな漫画の主題歌だからあのアーティストが好きになった。

あの大好きな映画のエンディング曲で覚えたアーティスト。

この順番が逆だったらどうでしたか?

私はワルキューレが先だったらライブに行くくらい好きになっていません。

マクロスデルタが好きだから好きになったんです。

だから、タイアップって大切なんですよね。

比べることは厳禁ですが、そんじょそこらのアイドルなんて敵わない可愛さと美しさとかっこよさと歌の上手さと元気さ。

うーん。。

あなたにとどけぇーーーーーー!!

ではまた。

-★音楽最高, バンドアーティストの感動(邦楽)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LOUDNESS(ラウドネス)というバンド | 日本にメタルの種をまき花を咲かせた黄金の第一期メンバー Vol.2

LOUDNESS(ラウドネス)というバンド | 日本にメタルの種をまき花を咲かせた黄金の第一期メンバー Vol.2

2021/02/17(更新日: 2021/02/24) ジャパメタ(ジャーマンメタルしかり、ジャパニーズメタルという国の名前が付くジャンル)という新たなジャンルを確立させたラウドネスの歴史を振り返りま …

LOUDNESSを語る前にLAZYでしょ | 高崎晃と樋口宗孝の苦悩の先に生まれたモノ

こんにちは、サチヲです。 1981年発売の1stアルバム『THE BIRTHDAY EVE 〜誕生前夜〜』の頃。 これ部屋に飾っていたな。サイコー!!   左から、樋口宗孝。高崎晃。二井原実 …

no image

そうだ!METALLICAの話をしよう!!no,2

こんばんはサチヲです。 1983年の1stアルバム『KILL ‘em ALL(キル エム オール)』からの、メンバー紹介の続きを聞いてください。 ◎カークハメット →リードギターを担当 ソ …

no image

今だからこそBUCK-TICK!!

こんばんは、サチヲです。 今回は、40代で尚且つヴィジュアル系が好きな方限定ブログとなることをお許しくださいませ。。 水道橋駅で見つけたポスターです。 9月21日にニューアルバム『ABRACADABR …

迷ったら、この1枚を聴けッ!#2 | 美波『カワキヲアメク』新たなる女性シンガーソングライターの可能性

2021/05/19(更新日: 2021/06/23) こんにちは、サチヲです。 現在、眉村ちあき、コレサワ、みゆな、などの若手女性シンガーソングライターとして世に出ている人はたくさんいますが、未だ時 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。