comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うる星やつら 34巻 | 中高生男子の夢と欲望の全てを持つ『諸星あたる』という主人公。

2021/02/19(更新日: 2021/02/20) 「ねーきみ、お茶飲まない?」「ねーねー、住所と電話番号を教えて~」と女性を見ればどんな時であろうと声をかける。将来の夢は『ハーレムをつくる』とい …

味噌ラーメン 東京でのおすすめ | 王道の味で勝負の『らーめん 十味や(とうみや)』はスープがクリーミー

2021/02/18(更新日: 2021/02/18) 東京で味噌ラーメンを食べることに困らないくらい、たくさんの味噌ラーメン屋さんが増えました。札幌で有名な『すみれ』が関東で初めて、のれん分けした『 …

『原因と結果の法則』ジェームズアレン | この本をエウレカセブンで説明します。

2021/02/20(更新日: 2021/02/21) こんにちは、サチヲです。 世の中の原理原則を学びたい人にピッタリの本があります。 交響詩篇エウレカセブンが好きな人にもピッタリの本があります。 …

LOUDNESS(ラウドネス)というバンド | 日本にメタルの種をまき花を咲かせた黄金の第一期メンバー Vol.2

LOUDNESS(ラウドネス)というバンド | 日本にメタルの種をまき花を咲かせた黄金の第一期メンバー Vol.2

2021/02/17(更新日: 2021/02/24) ジャパメタ(ジャーマンメタルしかり、ジャパニーズメタルという国の名前が付くジャンル)という新たなジャンルを確立させたラウドネスの歴史を振り返りま …

音無響子を嫌いなどと言う輩たちへ | やきもち焼きで、早とちりで、泣いたり、怒ったり、だけど…

「音無響子は嫌い」などと言う輩たちへ | やきもち焼きで、早とちりで、泣いたり、怒ったり、だけど…

2021/02/21(更新日: 2021/02/22) 出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館   1980年11月、ビックコミックスピリッツで連載スタートした『めぞん一刻』という、青 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。