★独り言 イケてる言葉

DJあおいって何者なん!?シリーズ#3 | 『恋か愛か』これが全てではないですけど ひとつの目安にはなる考え方!!

投稿日:2021年4月24日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。
今回はコレ。

DJあおいって何者なん!?シリーズ | 『恋か愛か』これが全てではないですけど ひとつの目安にはなる考え方!!

曰く。

パートナーが連絡の一本もよこさず帰りが遅いとき

浮気の心配をするのが

恋なのだそうで

命の心配をするのが

愛なのだそうです

いやはや。私が48年生きて、結婚して、子どもが2人生まれて…やっとこさ理解できる『言葉』ですよ。

よく言うことですが、日本語として『言葉』は読めますが、その本質を『理解・納得・行動』出来るのとは訳が違います。
恋愛経験があろうが無かろうが、その人の恋愛のスタンスというか性格と片付けてしまうのは簡単なことですが、1つの考え方として持っていても良いのではないのでしょうか。

補足として、このような事も仰っていました。

まず浮気の心配をしてしまうということはですね

自分が傷付くことを心配してしまっているということなんですよ

これは自己愛からくる感情なのでこういう傾向にある人は嫉妬も人一倍なんです

俗に言う恋に恋しちゃうタイプということなんですね

一方命の心配をしてしまう人はですね
愛するということは信じることではなく疑わないことですから浮気の心配なんて最初から眼中にないわけです
ただただ無事でいてくれたらいいと相手が傷付くことを心配してしまうわけです

恋は1人でするもの。愛は2人でするもの。と私は理解しています。

相手が存在している以上、自分では正当な『想いからくる行動』が知らない間に相手を追い詰めたり、最悪嫌われることにまで発展することもあります。

本人にとっては、「なんで嫌われたんだろう…こんなに愛していたのに…」と、その時には理由が分かることなんてないのですが、実際は本人の『愛していたと思っていたことが、ただの恋をしていた』という、2人の共同作業をしていた『つもり』が、ひとりよがりだったことは良くある話です。

とはいえ『恋』がいけないとは言っていません。

恋は恋で『情熱・勢い・強大な力(原動力)』がありますよね。

前回のブログ(DJあおいって何者なん!?シリーズ2 | 『その気持ちは…恋なん?それとも愛なん?なんなん!?』の問に終止符を打つ | サチヲん家 (sachiway.net))でも、素晴らしく分かりやすい指標はありましたけど、最初から愛で進むことはないと思います。要するに、段階・順番があるという事でしたね。

最後に

余談ですが『恋』のうちに結婚をするのはお勧めしません。ある意味、しっかり酔いから醒めてからでも良いのかと。もちろん勢いは大切ですが。。

このように、正解があるようで無いのが『恋愛』という、いくつになっても語れる『ネタ』というのは他にないと思います。

また、とんでもない人(DJあおい)を交えて語りましょう。
ではまた。

-★独り言, イケてる言葉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スバニュー】#4 ハゼの新種2種発見 | 上皇さまのハゼの新種発見は18年ぶりで、計10種に…

2021/07/18(更新日: 2021/07/19)   こんにちは、サチヲです。 めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して【スバニュー(素晴らしいニュース)】のお時間で …

no image

【期間限定】これぞ『アンタッチャブル』です

こんにちは、サチヲです。 ウザい!めんどくせー!話を聞いてない!の三拍子揃ったらザキヤマが頭ひとつ抜けているでしょーーー!! そのキャラクターに、滑舌の良い、江戸っ子べらめぇ調で、楽しそうというか嬉し …

no image

今夜は『岡田斗司夫』です

こんばんは、サチヲです。 今夜は『岡田斗司夫』です。 曰く。 ~~~~~~~~~~~~ なんで日本では政治を褒めないのか、政策を褒めないのか。それは正義ではないからですね。正しいことっていうのは悪いも …

【スバニュー】#2埼玉県に住む小学校6年生の柴田亮君 | 「日本のカブトムシは夜行性」との定説を覆した、研究成果!!

2021/05/31(更新日: 2021/07/03) こんにちは、サチヲです。 めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して『スバニュー』のお時間です。 埼玉県に住む小学校6年生の柴田 …

【神の目線】私たちは究極の『後出しジャンケン』を楽しんでいるんです

【神の目線】私たちは究極の『後出しジャンケン』を楽しんでいるんです

こんにちは、サチヲです。 現実世界で後出しジャンケンされると納得できません。 しかし、こと漫画やアニメの中に出てくる後出しジャンケンは最高に納得できます。 それは、パンチだキックだ、ミサイルだのような …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。