★独り言 イケてる言葉

『ハイキュー』『空井崇(うついたかし)』 | 父親として…出来ること、守りたいモノ。それは…『可能性』

投稿日:

この、空井崇の背中を見よ!これぞ漢の背中よ!!!

こんにちは、サチヲです。

あなたは、空井崇(うついたかし)をご存知でしょうか。

牛島若利の父親にして元バレーボール選手。若利がバレーボールを始めるきっかけを作った人。
婿養子のため立場が弱いのか、家では妻や義母にあまり口を出せなかった様子もうかがえる人物。

だって、自分の妻とお義母さんの不満そうな顔を見てください。もう泣けてきます。。しかも、現在は離婚済みという…。

『ハイキュー』『空井崇(うついたかし)』 | 父親として…出来ること、守りたいモノ。それは…『可能性』

空井崇(うついたかし)は言う…訴える。きっと、こんな逆らったことは無いんだろうと思うくらい強く…しかし丁寧に言う。
それは、わが子の『可能性』に焦点を当てているから。そこに焦点を当てられるのは、父親である自分しかいないからという、強い信念すら感じる。

それは、若き日の若利が左手で字を書いていた時、突然起こりました。

あの…でも、すみません。それだけは………少しでも人と違うモノを持っているというのは、きっとこの子の力になるので…他のことには口を出しませんから…

その後の、バレーでの活躍はマンガをみての通りです。サウスポーのウイングスパイカーとして全国三大エースとして活躍するほどになりました。

高さとパワーのみでも非常に強力なスパイカーながら、それに加えて左利きであり、右利きとの打点のズレや左右逆回転の掛かる球質からレシーブ、ブロック共に相手チームの対応を極めて困難にしている。

何より特筆すべきはその精神力。エースとしての強烈な自負を持ち、どんな逆境や苦しい場面でも揺らぐ事なくボールを呼び続け、結果として決め切ってしまう絶対的なエースとしての存在感がある。

それもこれも、父親の絶対的肯定力。認められて、守られて、伸ばしてくれる父親の育て方も、若利の強さの要因の一つに入れても良いのではないでしょうか。

最後に

私も、こうありたいです。日本人は良くも悪くも統一感を求められるし、それから反れた道を行ったら批判される種族でもありますが…それでも子どもを守れるのは両親だと思いますから。

異端、人と違うこと。それを個性と捉え、理解し合える世界でなくていいです。ただ、理解し合える友達が出来たら、それだけで幸せだと思いました。

我が息子よ。そのままで大丈夫だよ。

ではまた。

 

 

 

-★独り言, イケてる言葉
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

そもそも世界観無視して急に出てくる『漢字』ってカッコいいですよね。

2021/08/27(更新日: 2021/08/27) こんにちはサチヲです。 余談… そもそも世界観無視して急に出てくる『漢字』ってカッコいいですよね。 マクロスFでのマクロスキャノンは、撃った時の …

【エウレカセブンAO】誰が言ったんだ駄作だなんて! | エウレカセブンの歴史が終わる今日…アオの偉業を

(2021/12/15(更新日: 2021/12/18) こんにちは、サチヲです。今回は完全に独り言です。。あなたの為になるとは思えませんが、ごく一部のエウレカセブンに対して落胆している人に向けて…。 …

【日本語勉強】#4『要するに』 | ポイントを要約して伝える接続語があるんです

2022/04/30(更新日: 2022/05/20) こんにちは、サチヲです。 私、本当に日本語がダメなんです。 たとえば…『廉価版』を、ホントは『れんかばん』と読むのに『けんかばん』と、当たり前の …

【スバニュー】#5 | 『シュウカイドウ』 | 俳句では秋の季語として詠まれる花が栃木県で咲き誇る!

2021/09/13(更新日: 2021/09/19)   こんにちは、サチヲです。 めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して【スバニュー(素晴らしいニュース)】は、『お花 …

【イケてる人】脚本家・古沢良太(こさわ りょうた) | 『脚本』からもっと日本を面白くする漢

2021/12/05(更新日: 2021/12/11) ばぁー------ぁか!!で有名な、この顔芸。 今回のイケてる人は、2023年のNHK大河ドラマ、主演は松本潤・『どうする家康』の脚本を担当する …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。