/> 『尾崎豊』という、もはや説明不要のイケてるアーティスト | 私たち、社会に、大人たちに対する『メッセージ』を聞き逃すな。
Written by Sachio Iinuma

『尾崎豊』という、もはや説明不要のイケてるアーティスト | 私たち、社会に、大人たちに対する『メッセージ』を聞き逃すな。

★音楽最高 バンドアーティストの感動(邦楽)

カッコよすぎる…

こんにちは、サチヲです。

美波の紹介をしたのならば、この方の紹介をしないわけにはいかないでしょう。
アーティストに対して使う、『カリスマ』という言葉を、日本に定着させたシンガーソングライター『尾崎豊』である。

スポンサードサーチ

『尾崎豊』という、もはや説明不要のイケてるアーティスト | 私たち、社会に、大人たちに対する『メッセージ』を聞き逃すな。

アツすぎる…

語りつくされたであろう人物ですが、その中でも特筆すべきものは…尾崎豊から、私たち、社会に、大人たちに対する『メッセージ』です。

その真価が発揮するのがライブです。『ライブは生もの』とはよく言ったものです。
MC(歌の間に入る語り)もいいんですが、歌が始まる前のイントロを長く変更したところで、ふと…話し始めるんですよ。
台本があるわけでもなく、その時に感じた、その時に伝えたい言葉を伝える。正しい、間違っている、というそんなちっぽけな次元ではない『メッセージ』です。

私は、セブンティーズマップ(17歳の地図)という曲のメッセージがいちばん好きです。

アルバム・LAST TEENAGE APPEARANCE<Disc2>より、2曲目に収録されているメッセージを、謹んで文字起こしさせていただきます。

…この街で一番 愛を求めていくうえで必要なことは 自分にかかわる 全ての 人や物を 自分の鏡として 見つめてみることだ

その中にある 物事の真実を 自分と照らし合わし  自分が求める愛の姿を もう一度 オレはよく考えてみた

そして 愛するものというものに 自分の命をかけて 立ち向かわなければ いけないということに気づいたんだ…

少なくとも 今日ここにあつまってきてくれた お前らの中に 俺と一緒に 本物の愛や真実を 見つけようと 歩いてゆく連中がいるならば

俺はそいつの為に命を張る……    ……セブンティーズマップ!!!!!

メッセージが強ッ!!!尾崎豊△□×(さんカッケー死角無し)!!!

今まで、こんな曲紹介なんて聞いたことがありますか?
あなたのバンドのボーカルに、「こんな感じでしゃべって」とお願いして、やってもらってもお寒いステージになること間違いないですよ。
尾崎だからいいんです。でもですね…ここまでカッコいいと、ほっといてもみんなやってしまうんです。それで、私も含めてみんな失敗するんです。

そんな中でも、プロのアーティストで成功した方がいます。

それは『RYUICHI』でしょうね。ルナシーファンは怒るかもしれませんが、あのステージは間違いなく意識していますよ。
それだけの理由では全くないですが、結果、RYUICHIもカッコいいですからね。あの頃のバンドマンはみんなやるんですよ。

他のバージョンをYouTubeで見つけました!!

いつどこのライブか分かりませんが、そのようなことは些末なことです。感じてください。どうぞ。

オレは オマエの ほんのちょっぴりのセンチな気持ちが とっても 好きなんだ

オレたちが前 街をふらついているときに オレはある光景を目にしたんだ

オレたちがねいつもみたいに酔っぱらっているとね 坂道の途中にね ヨレヨレの 背広を着た サラリーマンが 庇うようにして たこ焼きを食ったんだ

オレはね そいつを見て 無性に抱きしめたくなったんだよ そんな意味が 分かるかい

それがオレたちの……    ……セブンティーズマップ!!!!!

 

はい。結果、カッコいい。これですよ。
にしても、「かばうようにして たこ焼きを…」のところが特にいいですよね。
何かと重ね合わせているに違いない、この言葉のチョイス。シビれます。

これならYouTubeなのですぐに確認できると思いますので貼っておきます。
https://youtu.be/77YljERgp1I

原曲はこちらです。でも全部聞けないので、YouTubeの方を見てほしいです。
https://apple.co/3bFd8Gm

最後に

ほんの一部の紹介となってしまいましたが、お付き合いしていただきありがとうございます。

書きながら思いましたが…今度、私も庇うようにして ラーメンを食べてたら、誰か抱きしめてくれますかね。

さすがに48歳の地図は通用しないか。。失礼しました。

まだまだ、素晴らしいアーティストはたくさんいます。

ではまた。

PS. こちらが、尾崎豊から影響を受けた美波についてのブログです。

迷ったら、この1枚を聴けッ!#2 | 美波『カワキヲアメク』新たなる女性シンガーソングライターの可能性