/> 『日乃屋カレー』名代上メンチカツカレー840円 | 『始まり甘く、後より辛い、余韻残りしカレールウ』
Written by Sachio Iinuma

『日乃屋カレー』名代上メンチカツカレー840円 | 『始まり甘く、後より辛い、余韻残りしカレールウ』

★美味しいね ウマーイ!!

こんにちは、サチヲです。

みんな大好きカレーライスの時間です。
今回は、2013年に開催された神田カレーグランプリで優勝したのをきっかけに、東京都内で成長を続ける「日乃屋カレー」です。現在は殿堂入りしており、順調に店舗数も増やしていますね。
「CoCo壱番屋」、「ゴーゴーカレー」に次ぐ業界3位に躍進し、日本を代表するカレーショップに駆け昇ろうとしています。

スポンサードサーチ

『日乃屋カレー』名代上メンチカツカレー840円 | 『始まり甘く、後より辛い、余韻残りしカレールウ』とはいったいどうなのか!?

センスのない、らっきょの置き方で申し訳ないです。でもね、らっきょ食べ放題があまりにも嬉しくて…

ん?どうなのか!?そりゃウマイに決まってますよ!!今回で2回目の来店となりますが、注文したのは前回同様…
名代上メンチカツカレー 大盛りサービス(400g)で、840円です。

だって、それほど『メンチカツ』の肉汁ジューシーで、食べ応えのある大きさなんです。
そのメンチに、豪快に上からルーをかけてあるんです。このルーが癖になる美味しさです。

最初の、一口目がめちゃくちゃ甘いんです。なのに、食べ終わると結構な辛さが口に中を襲います。本当に後味は、まぁまぁ辛いですよ。

その辛みがあるからこそ、最初の甘みが引き立ち、連続してくる味の緩急にやられてしまいました。

ベース・極上の素材が、『始まり甘く、後より辛い、余韻残りしカレールウ』の土台を作る。

ホームページにて、ルーのこだわり説明がコチラ。(会社のHP 日乃屋カレーについて | 日乃屋カレー 公式サイト (hinoya.jp)

肉は西から仕入れ、卵は青森ブランド物を使用、野菜は時期により全国からベストな物を厳選、卵はブランド品、スパイスに至っては作っている本人が間違えてしまうくらいの種類の調合、といったように、見えない所への追求。この一つ一つが積み重なり、日乃屋の料理ができます。

本当に、美味しかった!
次に食べるときのトッピングは、『揚げ茄子』を注文します。

卓上に置かれた天かすガーリックも相性抜群で、一度食べたらヤミツキに!

この言葉は、日乃屋カレー・カレッタ汐留店のサイトに書いてありました。
え!?めちゃくちゃ美味しそうな感じなのに、飯田橋のお店にはそんなの置いてありませんでしたが…どういうことでしょうか。

最後に

今回食べた場所は、『日乃屋カレー 飯田橋アイガーデンテラス店』です。
東京都千代田区飯田橋3-10-9飯田橋アイガーデンテラス1階  TEL.03-6261-0085

ぐるなび情報はこちら。
日乃屋カレー 神田店 – 神田/カレーライス [食べログ] (tabelog.com)

ではまた。