★本の紹介 イケてるマンガ

『殺せんせー』のバランス感覚が抜群の最高傑作No.2 | 最後の授業がマジで役立つという…

投稿日:

こんにちは、サチヲです。

今回は、松井優征が描いた『暗殺教室』です。
小学生のお友達と大きなお友達の両方に対して、安全且つギリギリに攻めた内容で、そのバランス感覚が抜群の最高傑作です。

『殺せんせー』のバランス感覚が抜群の最高傑作 | 最後の授業がマジで役立つという…未来につながるアドバイスが半端ない!

とはいえ、本編ではギリギリアウトな時もありましたけど、さすがに最後はしっかり締めていただきました。

最初に食!!と始まりましたが…『微量の農薬を避けるあまり栄養不足など本末転倒!!』ってコレ、ヴィーガンも含め食事問題にがっつり切り込んでますよね。
食の世界も、色々な情報が飛び交う中、根本的なことを確実に信じるべきことを手短に伝える技術が素晴らしい。

では、続きをご覧くださいませ。

仕事については、もう「なるようになれ」という悟りをもひらいた極地です。短いながらも全てを表現した言葉ですよ。決して面倒だったわけではないはずです。

私が思うに、職なんて悩みだしたらキリがないし、中学生(設定は中学生なため)という若いうちから決め打ちしてもロクなことがないし、道を狭めるだけ。とはいえ決めた道があるのなら脇目も触れずに突き進めよ。色々な理想や目標があるだろうけど、正解はあなたにしか分からないから、先ずは行動してみよう。
そしてら、なるようになるよ。という意味だと思います。。

そして、『生』について!

『暗殺教室』という題材だからこその『生』としっかり向き合う言葉を多く語られるこの作品。
今回は『家族』ですね。

驕りや謙虚さを直接説くより、このような言葉で気づかせてくれる先生はいないと思います。幸せな中学生ですよ。
更に、先生としっかり関係性を築いてきたからこそ、素直に聞けることも特筆すべき点です。

いやー、このアドバイスブック欲しいですよ。

最後に

結局、松井優征がスゴイんですよ。

今は、少年ジャンプで『逃げ上手の若君』(にげじょうずのわかぎみ)を連載中です。暗殺教室から5年ぶりの連載です。
『魔人探偵脳噛ネウロ』の連載も含め、ジャンプという雑誌で定期的に連載をすることは、人間としての生活を削りながら大変なおもいで描いていると思います。

芥見 下々の体調不良による1か月の休載もありますので、身体には気を付けてほしいものです。
でもね、安心してください。ジャンプには冨樫義弘という休載の神様がいますから。

ではまた。

 

 

 

 

-★本の紹介, イケてるマンガ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あけましておめでとうございます!サチヲです。【ジョジョリオン】

あけましておめでとうございます!サチヲです。 『ジョジョの奇妙な冒険 8部 ジョジョリオン』より 新年1発目をジョジョリオンでスタート出来たことを嬉しく思います。 今まさに!新たなる奇妙な冒険のスター …

音無響子を嫌いなどと言う輩たちへ | やきもち焼きで、早とちりで、泣いたり、怒ったり、だけど…

「音無響子は嫌い」などと言う輩たちへ | やきもち焼きで、早とちりで、泣いたり、怒ったり、だけど…

2021/02/21(更新日: 2021/02/22) 出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館   1980年11月、ビックコミックスピリッツで連載スタートした『めぞん一刻』という、青 …

HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #4|5話目にして既に私(達)に対して調教が始まっていたのだ…

2021/05/29(更新日: 2021/06/01) こんにちは、サチヲです。 2018年11月26日から現在まで、冨樫 義博史上最長の連載休載期間を更新中です。 連載再開の願いを込めて、1巻から読 …

【神の目線】私たちは究極の『後出しジャンケン』を楽しんでいるんです

【神の目線】私たちは究極の『後出しジャンケン』を楽しんでいるんです

こんにちは、サチヲです。 現実世界で後出しジャンケンされると納得できません。 しかし、こと漫画やアニメの中に出てくる後出しジャンケンは最高に納得できます。 それは、パンチだキックだ、ミサイルだのような …

ラバーソールのせいでレロレロやりすぎ変態男こと、花京院典明、危機一髪【18巻】

ラバーソールのせいでレロレロやりすぎ変態男こと、花京院典明、危機一髪【18巻】

こんにちは、サチヲです。 1分間(320文字くらい)だけで魅力を伝えるシリーズ!! 今回は『ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース』です。   ジョジョ3部からスタートした …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。