●初心者のためのギター教室 ●初心者のためのバンド教室 ★音楽の教室

【ザ・バンド飯】からしと醤油のコラボときたら最高です!

投稿日:2020年11月20日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

お金がなく、食うのに困っている、悩めるバンドマンに激安自炊をおすすめするコーナー【ザ・バンド飯】です。

今回の主役は、安くて万能な調味料を2つ用意してもらいます。

  1. 醤油
  2. からし(黄色いからしならなんでもいい)

以上2点を混ぜ合わして、『からし醤油』をつくる。

比率は、醤油3:からし1 です。

慣れたらからし多めのほうが美味しいですよ。

醤油なら、薄口、濃い口なんでもいいです。スーパーで安いのを買ってください。自社製品の安いものなら170円くらいで買えるでしょう。

からしについては、黄色いからしならなんでもいいです。練りからしでもいいし、粉のからしなら水で溶いてください。

テーマは激安ですから、有馬焼きの壺に入った京都産のからし1380円とか買わないでくださいね。。

【ザ・バンド飯】からしと醤油のコラボときたら最高です!

左側…セイユーのからし…税抜き95円

右側…AEONの醤油…税抜き91円

この2つの自社製品は安いですね。

 

次に、食材として豚バラ肉を用意します。

安いものでいいですよ。豚バラのなかでも『こま切れ』が安いです。100g97円なら普通に買いです。100円以上ならそのスーパーは二度と行かないでいいです。

たまに、カナダとか外国産の豚肉があります。100g80円前後でありますから、気にしない方はコレでもいいでしょう。肉のハナマサという店でよく買いました。その代わり1kg単位で売っているので、買ったらその日のうちにラップで300gくらいづつ小分けして、冷凍保存しておきましょう。小分けしたときは平らにしてください。解凍しやすいのでね。

自分で肉を切るという手間がかかるが、たまに豚肉ブロックが100g90円前後で安売りしている場合もあるので確認しましょう。

さて調理です。

  1. 豚バラ肉を、油をひいたフライパンで炒める
  2. 火が通ったら、からし醤油をかけて更に炒める。
  3. もう肉に火が通っているのでからし醤油があたたまったらお皿にあげる

以上で完成です。

塩もコショウもいりません。調味料はからし醤油のみ!

これでご飯がめちゃくちゃ進みます。

もうひと手間ができる方は、ビニール袋に豚バラ肉とからし醤油を入れて冷蔵庫で半日くらい置いてから焼くと旨みがしみこんだお肉が出来上がります。

いかがでしょうか。

コレもアレもギターやバンドを続けていくための必須事項です。

何事も近道はないですが、続けていくことは正義なので、なんとか食いつめて生きながらえてやりましょう

応援しています。

ちなみに、このからし醤油。トンカツにつけて食べても美味しいですよ。おためしあれ。

では、あなたにとって良いバンドライフが送れますように。

 

 

 

-●初心者のためのギター教室, ●初心者のためのバンド教室, ★音楽の教室
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【美波】『アメヲマツ、』 | やっとこさベースの録音が終わりました。これでギター練習とか出来るのでは!?

2022/03/29(更新日: 2022/04/08) こんにちは、サチヲです。 2021年7月21日に発売された『DROP』のCDから、1曲目にある『アメヲマツ、』の、キーボードがいないメタルバンド …

失敗しない、エレキギターの『弦の選び方』【超初心者向け】

こんばんは、サチヲです。 失敗しない、エレキギターの『弦の選び方』【超初心者向け】 【楽器店あるある】 あなたが楽器店に行ってエレキギターの弦を買おうと思いました。 あなた 「あのー、エレキギターの弦 …

【美波・タブ譜】『アメヲマツ、』 | 備忘録として、エレキギターのざっくりコードを共有します

2022/03/10(更新日: 2022/03/12) こんにちは、サチヲです。 『ホロネス』に続き、美波のバンドアレンジへの道、第二弾『アメヲマツ、』です。 現在はやっとドラムを入れ終え、ベースの耳 …

美波 ホロネス | エレキギターで弾くバンド風アレンジ!!

2021/03/25(更新日: 2021/03/29) こんにちは、サチヲです。 歌声、歌詞、そして息継ぎひとつであなたの感情を揺さぶってくるシンガーソングライター『美波』です。 美波 ホロネス | …

【TAB譜】美波 『ホロネス』 | ベースのタブ譜を書きました。新たに美波のベーシストになろう!!

2021/04/06(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 さて、どんどん美波の世界へ誘います!! https://sachiway.net/wp-content/uploads …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。