★独り言 イケてる人 雑記

【スバニュー】#4 ハゼの新種2種発見 | 上皇さまのハゼの新種発見は18年ぶりで、計10種に…

投稿日:2021年7月18日 更新日:

 

こんにちは、サチヲです。

めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して【スバニュー(素晴らしいニュース)】のお時間です。

【スバニュー】ハゼの新種2種発見 | 上皇さまのハゼの新種発見は18年ぶりで、計10種となりました!!おめでとうございます!!!

上のハゼが、『アワユキフタスジハゼ』。下のハゼが、『セボシフタスジハゼ』。

宮内庁は6月24日、ハゼの研究者として知られる上皇さまが、日本産オキナワハゼ属の2新種を発見されたと発表した。
論文が日本魚類学会の英文誌オンライン版に掲載されました。宮内庁によると、掲載は5月20日付。

ハゼの頭にある感覚器の特徴などから新種と突き止めた。2新種の和名は「アワユキフタスジハゼ」と「セボシフタスジハゼ」で、学名も含めて上皇さまが命名。

2新種は、01年から08年に皇居にある生物学研究所職員が沖縄県の座間味島や西表島などで採取し、上皇さまは4年ほど前から研究を開始したという。

え!?ちょっと凄くないですか!?研究者の中でも、新種を見つけるって普通に考えても偉業ですよね。

私、てっきり皇居内で新種を発見したんだと思ったんです。だって、皇居内の生態系はガラパゴスのように通常では考えられないくらい守られている環境です。
先ず、外部の人間の出入りが無く乱獲がないこと。害獣も入りにくく、極めて過保護な環境なので独自の進化を遂げやすいんです。

だから、皇居内ならね…

と、思いきやです。沖縄ですよ!!!私、信じられません。

テレ朝ニュースで、このように報じられていました。

「陛下はね、“玄人はだし”じゃない。勘違いしちゃいけないよ」 昨年夏に取材した上皇さまと親交のある魚類学者、京都大学の中坊徹次名誉教授は私にこう話した。
『玄人はだし』とは「玄人が驚くほど、素人が技芸に優れていること(広辞苑第七版)」であり、プロが驚くような技術を持つ素人のことを指す。玄人と、あくまで素人である『玄人はだし』では意味合いは当然大きく違う。
上皇さまについて、平成の時代に天皇として全国を訪問されたり、皇居で儀式に臨んだりされている姿は誰もが共通して持つイメージだろう。
そして、そうしたご公務の傍らで魚類の研究を続けられていると聞いても「趣味の類だろう」と思うかもしれない。 しかし取材を進めると、決して「玄人はだし」などではない、学者として一流である上皇さまのお姿が見えてくる。

いやはや、よくぞ取材していただきました。

今回は、いずれも暖かい海のサンゴ礁域などに生息するオキナワハゼ属の一種で、上皇さまは、沖縄県の座間味島などで採取されたハゼの標本を調べた結果、新種であることを突き止められたというではありませんか。

更に…

ちなみに、この感覚器が頭部にどのように配置されているかを調べることは、現在のハゼ研究には欠かせないものだというが、この器官の配置パターンが「ハゼの種類ごとに特徴がある」ことを最初に発見されたのは上皇さまだ。 上皇さまはこの特徴を見つけるために、100以上の標本を丹念に比べられたという。 細かい観察をコツコツ続けるという研究と、大きな研究成果。「妥協がない」「真面目」…研究の様子を知る人は、上皇さまの研究への姿勢をこう評する。

もはや、生物学者並みのすごさ

こんなモノも見つけてしまいました。

いやもう、上皇さまは捧げてきた方ですね。というか、実は上皇さまだけではなく、歴代の天皇は研究者としての顔を持っていました。

  • 昭和天皇
    研究…ビドロ虫類
    テーマ…植物
    実績…著書や植物誌の刊行
  • 上皇さま
    研究…ハゼの分類学、タヌキの食性
    実績…新種の命名、論文発表
  • 天皇陛下
    研究…水問題
    実績…国連本部で皇族初の基調講演

それこそ、脈々と『研究者魂』を受け継いでいる状態なんです。そんな研究者の賜物である『論文』については…

学会で発表される論文は、先行研究としてその後の研究の土台となる。

上皇さまのお名前である「明仁」をローマ字にした「Akihito」、もしくは、研究を支えた当時の側近である目黒勝介氏の名前を入れた「Akihito & Meguro」という著者名で書かれた上皇さまの論文は、世界中の魚類学者が自分の論文に引用するという。

いやはや、非の打ちどころがありません。

最後に

上皇さまは(というか全員)生まれた時から、選ぶことのできない職業として天皇を勤め上げました。私たちには考えられないくらいの重責です。だからこそ、これからも好きなことをして生きる喜びをもっとご堪能してほしいですよね。

ちなみに、私。歴代天皇がこんな成果を出されたことなんて、今の今まで全く知りませんでした。
なぜ、日本の教科書でこのような功績を書かないのでしょうか。不思議です。

ではまた。

次回はこちら。
【スバニュー】#5 | 『シュウカイドウ』 | 俳句では秋の季語として詠まれる花が栃木県で咲き誇る! | サチヲん家 (sachiway.net)

前回はこちら。
【スバニュー】#3 | スーパーコンピューター『富岳』世界初の4冠達成おめでとうございます!!!!! | サチヲん家 (sachiway.net)

-★独り言, イケてる人, 雑記
-, , ,

執筆者:


  1. […] 前回がこちら。 【スバニュー】#4 ハゼの新種2種発見 | 上皇さまのハゼの新種発見は18年ぶりで、計10種に… | サチヲん家 (sachiway.net) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

DJあおいって何者なん!?シリーズ2 | 『その気持ちは…恋なん?それとも愛なん?なんなん!?』の問に終止符を打つ

2021/04/05(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。 …

弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#6 | 『怒る人間、叱る人間は、一人の担当でいい』という

2021/06/21(更新日: 2021/06/29) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉 …

『心』が軽くなって、ついでに『行動』までもが軽くなる、べんりな言葉『思った時が適齢期』ってなに??

こんばんは、サチヲです。 『心』が軽くなって、ついでに『行動』までもが軽くなる、べんりな言葉『思った時が適齢期』ってなに??   あの時やっておけばよかったな、、、でも今からやるのは遅いよね …

【スバニュー】#5 | 『シュウカイドウ』 | 俳句では秋の季語として詠まれる花が栃木県で咲き誇る!

2021/09/13(更新日: 2021/09/19)   こんにちは、サチヲです。 めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して【スバニュー(素晴らしいニュース)】は、『お花 …

今夜は素晴らしい知の結晶のである『考察』というジャンルで、イケてる人を紹介させてください。

今夜は素晴らしい知の結晶である『考察』というジャンルで、イケてる人を紹介させてください。

こんばんは、サチヲです。 今夜は素晴らしい知の結晶である『考察』というジャンルで、イケてる人を紹介させてください。 ・もっと作品を深堀して楽しみたい・意味が分からなかったネタの真意を知りたい・尊敬する …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。