●初心者のためのバンド教室 ★音楽の教室

【バンド教室】バンド結成時から直ぐにオリジナル曲をつくらない方がいいのは何故か??

投稿日:2020年11月4日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

バンド結成時からオリジナル曲をつくるまでの流れは数多くありますが、その中の1つを紹介します。

(オリジナル曲の作り方ではありません。これはアマチュアバンドの場合です)

重要な目的として『バンドの成長』に重きをおいた流れです。

その目的を大切にするバンドなら、バンド結成時から直ぐにオリジナル曲をつくる前に3つの行動をしてからでも遅くはありません。

その3つとは。

①全員で飲みに行く

②各メンバーの好きなバンドでもアーティストを言いあう

③各パートから1曲コピーしたい曲を出し合い、今後のバンド練習に組み込む。

(『3、』は明日書きます)

最大の効果として、この3つをやってからの方がスムーズに曲がつくれ、メンバー全員が参加する曲作りができます

早速、1から説明します。

①全員で飲みに行く

飲みに行くのは手段のひとつです。目的は、『仲良くなる』です。

その目的が達成できるなら、カラオケに行っても、釣りに行っても、ドライブに行っても何でもOK。

バンドの仲間とはいえ人間です。彼女ではないですがその人とお付き合いするようなものです。

なにをするにしても最初は、最初は相手を知る、知ってもらう時間になると思います。

その時のポイントが『相手の喜ぶところ・相手が嫌がるところ』を知ったり、知ってもらえるような問いかけがいいですね。

だから、『②各メンバーの好きなバンドでもアーティストを言いあう』ことを聞いてもいいですし、嫌いなバンドを聞くのもいいですね。

ちなみに「このバンドは好きだけど、このバンドは嫌いなんだよね」となったら「なんで、なんで!?」と興味をもって理由もしっかり聞いてくださいね。

相手の『こだわり』がみえて将来の曲作りに役立ちますから。

もちろん、1日で全てを知ることはできませんので時間をかけてゆっくりと知っていきましょう。

特に、メンバー募集をして知らない人同士で組む場合は必須です。

次に。

②各メンバーの好きなバンドでもアーティストを言いあう

これは、①のコミュニケーションツールとして使える。

次に、相手の音楽の背景を知ることで曲作りの役にたつ。

最後に③の1曲を出しやすい状況をつくれる。

こんな効果が期待できます。

ちなみに③の1曲を出しやすい状態とは、好きなバンドについて相当語ってプレゼンをしているから相手も、どんなに嫌いでもやらざるをえない状態になるという。

やっぱり、人には好き嫌いがありますからね。

しかし「このメンバーが好きなアーティストならやろう!」という気持ちとやさしさがあっても良いと思います。

この続きは明日。

ではまた。

-●初心者のためのバンド教室, ★音楽の教室
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バンド教室】スタジオ練習でとにかくヴォーカルが歌いにくい!!

【バンド教室】スタジオ練習でとにかくヴォーカルが歌いにくい!!

こんにちは、サチヲです。 今回はヴォーカルさん目線のお悩み。 ★スタジオ練習でとにかくヴォーカルが歌いにくい!!★ そう感じられた方にぴったりな解決方法があります。 なんでしたら各パートも叩きにくい、 …

【TAB譜】ワインレッドの心 | 名曲と共に、素晴らしき安全地帯WORLDへようこそ

2021/7/2(更新日: 2021/07/2) こんにちは、サチヲです。 前回のTAB譜は、初心者専用の簡単バージョンでしたが、今回は中級者向けの内容になっています。(【TAB譜】ワインレッドの心 …

ピック エレキギター | 初心者に絶対におすすめの2種類(だけ)を紹介します!【ギターの教室】

こんばんは、サチヲです。 ピック エレキギター | 初心者に絶対におすすめの2種類(だけ)を紹介します! 色々な種類は出しません。あなたにぴったりなエレキギターのピックが最短距離で見つかります。 選ぶ …

zoom R8 | MTR(マルチトラックレコーダー)というコスパ最強のアイテム!!!!!

2021/04/20(更新日: 2021/04/20) こんにちは、サチヲです。 音楽制作に多用される、MTR(マルチトラックレコーダー)という、録音用機器の一つを紹介します。 テープ媒体やディスク媒 …

【TAB譜】美波 『ホロネス』 | タブ譜と動画を見ながらエレキギターを練習しよう!!

2021/03/29(更新日: 2021/07/02) こんにちは、サチヲです。 最初に言っておきますが、弾き語りバージョンではありません。 手書きTAB譜となりますが、誠心誠意、魂を注ぎ込んで書かせ …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。