★音楽最高 バンドアーティストの感動(邦楽)

【しばらく未完成…】【ライブレポート】美波 | 『YELLOW LINE』 10月9日(土)東京公演 LINE CUBE SHIBUYA

投稿日:2021年10月9日 更新日:

新曲『DROP』より抜粋。

こんにちは、サチヲです。随時、感動を更新するのでしばらくお付き合いくださいませ。。

※注意※セットリストを含め完全ネタバレのブログになるのでご注意ください※注意※

2021/5/15、水曜日21時にスタートした『美波 YouTube Live 「RED LINE」』に続き、美波史上初の、ホールでのワンマンライブ『YELLOW LINE』に行ってきました!

めちゃくちゃお洒落になっていました!

場所は、渋谷の 『 LINE CUBE SHIBUYA』なんですが、元渋谷公会堂だってこと今日初めて知りました。
席は、隣の席をしっかり1つ開けて座ったりと、基本的な感染対策もバッチリです。

今回は、2021年7月21日に発売された、美波のニューアルバム『DROP』を引っさげてのライブです。

美波 New CD「DROP」2021年7月21日(水)発売

ここで余談ですが、9月11日(土)の大阪城野外音楽堂公演は、新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、延期となってしまいました。
関西方面の方は、本当に残念な想いをしたと思います。。
ちなみに、振替公演を行うので、情報は逐一確認した方がいいですね。(こちらが情報ですLIVE SCHEDULE | 美波 (373official.com)

「美波なんて全く知らん!」という方のために…

私が美波の素晴らしさを語りつくした記事があるので、もし興味がありましたら、最初にこちらをよ読んでくれると嬉しいです。是非!!
迷ったら、この1枚を聴けッ!#2 | 美波『カワキヲアメク』新たなる女性シンガーソングライターの可能性 | サチヲん家 (sachiway.net)

【TAB譜】美波 『ホロネス』 | タブ譜と動画を見ながらエレキギターを練習しよう!! | サチヲん家 (sachiway.net)

【ライブレポート】美波 | 『YELLOW LINE』 10月9日(土)東京公演 LINE CUBE SHIBUYA

  1. オープニングSE
    静かな波の音が、しばらくながれていました。暗い夜で、寒い季節を感じさせるような…静かな海岸を思わせる、波の音。
    そこにストリングスの音が重なり、荘厳だけど、どこか寂しい音楽が重なってくる。終盤、美波1人ステージにあがり客席に一礼をする。
    そして、マーチン(多分…)を手に取り記念すべき1曲目に入る…。
  2. 水中リフレクション
    「え!?まさか…最初に曲がこれなんだ!感動…!!」が、最初のリアクションでした。正式には音源はありませんが、美波を語る上では欠かせない曲です。
    歌詞を一文載せますので、感じてください。
    『遠く 深く 沈んでゆく 何も見えないや どうせ何も見たくないし 都合のいい世の中ですね なんて苦しいの 水中よりも苦しいよ 信じるほど裏切られるのです そうやってできてるんです この世界おかしくないですか?』
    もう…1曲目から泣かされました。。
  3. ライラック
    みんな座って、水中リフレクションをしっとりと聴いていたのに…急にライラックですよ!美波が「みんなその場で立てるよなぁ!その場でジャンプ出来るよなッ!!」的な煽りをしてくれたおかげで、多分みんな「あ。立っていいんだ!」と思ったに違いありません。
    もちろん、バンドとしてパワーアップもしているので2曲目からノリノリで楽しませていただきました。『憂い、憂い、憂い、憂い、憂い、憂い‥‥!!』
    https://apple.co/3oOBG7d(こちらはapple musicです)
    https://youtu.be/GQ3V50XoLOM(こちらは美波のYouTubeチャンネル)
  4. ホロネス
    私の一番好きな曲が、ライブで必ず演奏される曲に成長してくれて良かった!
    先ずはドラム!新たなドラマーなんですが、顔で叩くタイプでめちゃくちゃエモいドラミングで、アレンジも情熱的なアツさがあって、美波の冷たい強さと相まって素晴らしいバンドアンサンブルでした!美波の良さが詰まった素晴らしい曲をあなたにも届けたい。
    https://apple.co/3DEkJkb(こちらはapple musicです)
    【TAB譜】美波 『ホロネス』 | タブ譜と動画を見ながらエレキギターを練習しよう!! | サチヲん家 (sachiway.net)
  5. MC
    感染対策で拍手しかリアクションが出来ないため、じゃべりにくそうな感じがして、逆に申し訳ないと思いました。もっと盛り上げたかったのに…でも、生トークを聞けたのは久々だったので嬉しかった。美波は元気でしたよ!
  6. プロローグ
    LIVEの1曲目にやることが多かったのですが、MCを挟んで「改めて美波の世界へようこそ!!」感が抜群で、どんどん美波に引き込まれていきました。まさに序章という名に恥じない楽曲でした。あー、美波に会えて本当に良かったなぁと感じた時でしたね。そもそも10列目だったんで美波の顔がよく見えて最高でした。
    https://apple.co/3BI6Ktd(こちらはapple musicです)
  7. カワキヲアメク
    満を持してのタイアップ曲ですね。いやー、とにかく新たなドラムとキーボードがいい感じでアレンジされていて純粋にカッコよかった!なんでしたらセルフカバーとしてもう一度正式に出して欲しいと思うほどバランスがよく、完成された楽曲でした。特に「コピー、ペースト、デリート」に入る前に、キーボードソロが入って、美波の歌い出しも楽になり、聞きやすいし歌いやすくもなっているアレンジでした。本当にどんどん進化していますよね。
    https://apple.co/3FMV6Q4(こちらはapple musicです)
    迷ったら、この1枚を聴けッ!#2 | 美波『カワキヲアメク』新たなる女性シンガーソングライターの可能性 | サチヲん家 (sachiway.net)
  8. MC(語り)
    美波は、ライブでの語りが本当に情熱的に語るんですよ。特にコロナ過で、現実との葛藤や、やりたいけど出来ない葛藤。そして、来てくれたファンに対しての感謝。だから私は歌うことが出来る…と。
  9. 正直日記
    この弾き語りは、もう辛い。感情移入が激しいんです。もう限界なんだよ…と歌う美波。あぁ、不器用な感情、幼い行動と矛盾した想い。そして自己嫌悪。自分を信じられなくなるときなんてあるよね。でも大丈夫。美波がそう言ってくれる安心感。それでも外の世界に対する不安はそう簡単に拭えないよね。分からなくなるよね。あぁ、なんてカッコ悪いんだろ。でも、そんなことをひっくるめて美波は歌う。これでいいのさ…と。本当に救われるんです。最高でした。
  10. バンドインストゥルメンタル
    バンド(楽器)だけで演奏される曲で、一息ですね。美波はステージ裏に戻り休憩なのでしょうか。ちなみに帽子を今まで被っていましたが、この後帽子を取って、可愛い美波が出てきました。ホントにこんな小さな体からこんなに大きな感情を表現できる美波はスゴ過ぎます。
  11. アメヲマツ、
    ここからニューアルバムの曲が続きます。天気になぞらえた歌詞が多いんですよね。気持ちの移り変わりや、気候のパワーを純粋に音楽の力に変えている美波の音楽センスを、この曲を通して知ってほしいです。
    実はホロネスに続き、私が二番目にコピーしようとしている曲です。一応、元バンドマンなのでコピーでもしながら、美波の布教音源を作ろうと思っています。
    https://apple.co/3DHJ8oU(こちらはapple musicです)
    https://youtu.be/766qmHTc2ro(こちらは美波のYouTubeチャンネル)
  12. この街に晴れはこない 

    https://apple.co/3patD4K(こちらはapple musicです)
    https://youtu.be/nvZ-N47cB_E(こちらは美波のYouTubeチャンネル)

  13. DROP 

    https://apple.co/3AH789U(こちらはapple musicです)
    https://youtu.be/WpRcRYoHqxE(こちらは美波のYouTubeチャンネル)

  14. MC
    やっぱり観客は声を出せないから、リアクションに困りながら…今後について明確に「もっと大きなステージに連れて行く!」と約束してくれた美波。ついていくに決まってる。
  15. 君と僕の154小節戦争 

    https://apple.co/3FNl063(こちらはapple musicです)
    (こちらは美波のYouTubeチャンネル)

  16. フライハイト
    全力で歌う!全力で歌う!全力で聞いて!!
    https://apple.co/2YTgoLe(こちらはapple musicです)
    https://youtu.be/UquKfPB_NeE(こちらは美波のYouTubeチャンネル)
  17. 感謝の挨拶
    ちょっと珍しいのですが、バンドメンバーは全員下がり、美波だけ残り観客に感謝の挨拶をする。しかもめちゃくちゃカッコいい旗を持って。ワルキューレで、ジュンナがライブで歌うラブサンダーグロウの、あの旗のようなカッコ良さ。伝われぇーーー!

以上です。アンコール無しの潔い終わり方でした。…それでもアンコールはあっても良かったのかと思ったり、思わなかったり。

-★音楽最高, バンドアーティストの感動(邦楽)
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

そうだ!METALLICAの話をしよう!!no,2

こんばんはサチヲです。 1983年の1stアルバム『KILL ‘em ALL(キル エム オール)』からの、メンバー紹介の続きを聞いてください。 ◎カークハメット →リードギターを担当 ソ …

LOUDNESS(ラウドネス)というバンド | 日本にメタルの種をまき花を咲かせた黄金の第一期メンバー

2021/02/16(更新日: 2021/02/24) こんにちは、サチヲです。 日本のメタルバンドの先駆け、パイオニアのバンドとは誰か?ということが知りたい方にピッタリな情報です。 これを読んで、C …

『尾崎豊』という、もはや説明不要のイケてるアーティスト | 私たち、社会に、大人たちに対する『メッセージ』を聞き逃すな。

2021/05/20(更新日: 2021/05/20) カッコよすぎる… こんにちは、サチヲです。 美波の紹介をしたのならば、この方の紹介をしないわけにはいかないでしょう。 アーティストに対して使う、 …

no image

それが作曲モンスター菅野よう子といわれる所以。。

こんばんは、サチヲです。 だいぶ偏っていると思いますが、日本の音楽を語るうえでプレイヤー以上にチェックをするべきは『作曲家』である。 マンガで言うところの原作者ですね。 今の時期ならば、鬼滅の刃の映画 …

【マクロスデルタ】ワルキューレってどんな人たちがやっているんですか!?No.2

【マクロスデルタ】ワルキューレってどんな人たちがやっているんですか!?No.2

こんばんは、サチヲです。   昨日の続きです。 【マクロスデルタ】ワルキューレってどんな人たちがやっているんですか!? | サチヲん家 (sachiway.net) ◎JUNNA 鈴木みのり …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。