/> 【昴…曽田正人著】宮本昴 | この先にある苦難の道を、面白く感じられた人だけが突き抜けることが出来る…
Written by Sachio Iinuma

【昴…曽田正人著】宮本昴 | この先にある苦難の道を、面白く感じられた人だけが突き抜けることが出来る…

★布教 魂の1ページ

こんにちは、サチヲです。

双子の弟にまつわる過酷な過去を体験したからこそ、天賦の才を研ぎ澄ます少女、宮本すばるの、世界にも通用する常識外れなバレエの才能と、その天才性ゆえの苦難を描く、史上最高のバレエ漫画が、『昴』である。

スポンサードサーチ

【昴…曽田正人著】宮本昴 | この先にある苦難の道を、面白く感じられた人だけが突き抜けることが出来る…

昴の最初の師匠である、日比野 五十鈴。かつては東洋一とも噂された天才バレリーナだった。「外国人は絶対に入団できない」とされるパリ・オペラ座バレエ団に東洋人で初めて入団試験を受けることを許されたが、身体適性検査で日比野 五十鈴のおばあちゃんが肥満だったため、遺伝性の肥満体質であるとされて、入団は叶わなかった。

自分がバレエを極めようと思う前、おばあちゃんが生まれた時点で、バレエの道が閉ざされる…そんな理不尽な世界に対して、弟子の昴の一言です。

やっぱり、努力を、何の見返りもなく『楽しめる』極わずかな人間だけが突き抜ける境地だと思います。

だからこのマンガは、おもしろいんです!!

ではまた。