★美味しいね

希須林 担々麺屋 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

投稿日:2021年3月17日 更新日:

希須林 担々麺屋 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

屋根のような『壁』が腰元まで伸びてるお洒落な外観

坦々麺の専門店は本当に多くなりました。そのおかげで『身近に・気軽に・美味しい』お店が増えましたよね。
きっと、あなたの近くにもあるのではないでしょうか。

今回は、仕事で良く行く場所、赤坂にある『希須林(きすりん)』に、また食べに行ってしまいました。

希須林 担々麺屋 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

希須林 担々麺屋 赤坂 | 味が多少変わったとはいえ、まだまだそこら辺のもんには負けない味

坦々麺 中辛 980円 (ご飯とザーサイ食べ放題)

オープン当初は、どうかしちゃっているレベルで濃厚な担々麺でしたが、2年くらい前から少し普通になってきました。

しかし!美味しさのレベルがもともと高いので、結局このお店に通ってしまいます。

芝麻醤をそのまま飲んでいるかのような、濃厚なスープ!!

先ず、麺や具材に手を出すのではなく、最初に『スープ』をひと口のんでいただけますか?
ひと口飲んだだけで、30分後くらいに幸せな状態でお店をあとにする未来がみえるはずです。

基本の辛さは『中辛』ですが、ここはあえて『小辛』をたのんで、もっと芝麻醤を楽しむという手もあります。

しかも、このスープ。麺はもちろんですが『ご飯』と異常に相性がいいのです。

家系ラーメン屋さんでもないのに、なんとご飯とザーサイがサービスで付いてきます。しかも食べ放題。
考えられますか!?もちろん私は、敬意をはらい3杯(茶碗は小さい)いきましたよ。

ご飯にスープをかけて、その上に炒めた野菜とそぼろをのせて、仕上げにまあたスープをかけて食べましょう。
もう立派な担々飯の出来上がりですよ。
嫌いな方もいると思いますが、だまされたと思って試してほしいです。

最後に

食べログ情報を貼っておきます。
希須林 担々麺屋 赤坂店 (キスリン タンタンメンヤ) – 赤坂見附/担々麺 [食べログ] (tabelog.com)

それにしても私、迷っています。
実は、九段下駅に『雲林坊(ゆうりんぼう)』という最強の担々麺屋さんと『希須林』が甲乙つけがたいんです。

いったい、どちらが美味しいのでしょうか。

今度、改めて確認(実食)してきますね。
ではまた。

-★美味しいね
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『川松』うなぎ・会席料理

『川松』うなぎ・会席料理 | 1月8日、今年初のうなぎをいただきました。

こんばんは、サチヲです。 『川松』うなぎ・会席料理 |1月8日、今年初のうなぎをいただきました。 新年早々、ありがたい話です。私自身、お客様にご相伴にあずかることは滅多にないことですが、仕事の流れでい …

陳麻婆豆腐 赤坂アークヒルズ店 | 日本で最初に麻婆豆腐を広めた功績

2021/03/22(更新日: 2021/03/29) こんにちは、サチヲです。 やっと来ることが出来ました!麻婆豆腐発祥のお店です。 陳麻婆豆腐 赤坂アークヒルズ店 | 日本で最初に麻婆豆腐を広めた …

かおたんラーメン | 南青山にある謎のラーメン店は、なんと!『中華そば(醤油ラーメン)NO.1』でした。

2021/03/09(更新日: 2021/03/18)こんにちは、サチヲです。 ラーメンを食べる前に、このお店の外観を見てくださいな。 かおたんラーメン | 南青山にある謎のラーメン店は、『中華そば( …

no image

見た目は普通なのにめちゃくちゃ濃厚坦々麺…希須林、赤坂店

こんにちは、サチヲです。 ​ 坦々麺(中辛) 980円 お店情報。 http://www.kisurin.com/shop/akasaka.html いかがですか? 雲林坊のように見た目豪華で綺麗な形 …

ベンガル料理はおいしい | 神保町 ベンガル料理『トルカリ』。世界の料理の奥深さを日本に居ながらにして体感できる

ベンガル料理はおいしい | 神保町 ベンガル料理『トルカリ』。世界の料理の奥深さを日本に居ながらにして体感できる

         2021/01/29(更新日: 2021/01/29) こんばんは、サチヲです。 今回は、知人から紹介を受けて早速行ってきました。いつものことですが、おすすめを食べに行くのは本当にワ …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。