★本の紹介 イケてるマンガ

【BLACK LAGOON】バラライカ | レヴィから「姐御(あねご)」と呼ばれているイカした女性…

投稿日:2021年9月3日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

月刊サンデーGXで連載している『BLACK LAGOON』の最新刊12巻が8月19日に発売しましたね!
11巻は2018年11月19日でしたので結構間が空きましたが、元々、不定期に新刊が出るのでハンターハンターで鍛えている私としては、昼下がりのコーヒーブレイクと何ら変わらない平穏なものですね。

【BLACK LAGOON】バラライカ | レヴィから「姐御(あねご)」と呼ばれているイカした女性…

「ロック…。私を見ろ」

バラライカは、そう言ってロックを車のボンネットに投げつけて…上の絵の状態になりました。
ロックはバラライカに『正義』という言葉で交渉をはじめてしまったからです。

…『正義』万人に愛される言葉ではあるが、結果、その言葉を簡単に使うロックに対してバラライカは憤りを感じ…銃口を向けます。

そして、正義を語るロックに対して、淡々と説明するバラライカ姉さんです。

「しかしな…自分の力を行使するわけでもなく、他力本願で誰かの死を願う。フッ。お前の言う正義だって随分と生臭いぞ。血溜まりの匂いが鼻につく…そう思わないか」

いや、何がスゴイって声がいいんですよ!マジで震え上がりますよ。そんなバラライカさんの声優は小山 茉美(こやま まみ)で、あのドクタースランプのアラレちゃんや、あんみつ姫やミンキーモモをあててる人なんですよ。私信じられません。

そう言って、バラライカさんは命を乞うときのコツを二つ教えてくれました。

「ひとつは、命を握る者を楽しませること。もうひとつは、その人間を納得させるだけの理由を述べることだ。お前はまだ、どちらも満たしていない…」と。

ちょうど明日命を狙われる予定でしたので助かりました。そんなことはさておき、私の言いたいことは…

これ!現在の日本国の『国防』の話と一緒ですよね!?

  1. 自分の力を行使するわけでもなく、他力本願で誰かの死を願う
    →日本は決して武器を持っても使うことはなく、アメリカにお願いして、戦争をしてもらう。まぁ実際のところ日本が先に動く(戦争をする)ことをしないと、アメリカは動きませんけどね。
  2. お前の言う正義だって随分と生臭いぞ
    →他人まかせの正義ほど胡散臭いものは無い。もしくはお花畑と呼ばれてもしょうがない。屁理屈は言えても、行動の無い言葉は何の力もない事を表現している
  3. 血溜まりの匂いが鼻につく
    →そんなんじゃ、救われないんです。

結果、バラライカの姉御にやられてしまいますよ。

最後に

アニメと政治を一緒にしたくはなかったのですが、あまりにも秀逸な表現とシナリオだったので我慢できなくて言ってしまいました。

それとは別に、本当にいいマンガですよ。アニメより漫画の方がロックのワルさが出ているので好きです。
あなたはどうですか。

ではまた。

-★本の紹介, イケてるマンガ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【麦わらの(株)】シュシュという犬(個人事業主) | ルフィによる正しい協力会社の作り方

2021/08/03(更新日: 2021/10/17) こんにちは、サチヲです。 敵対会社となったバギー海賊団(株)を潰して、町長のおっさんを救い、結果『町を救った』ことになったルフィたちですが、社長 …

【読書】『もう初対面でも会話に困らない!』 | 元NHKアナウンサー、佐野剛平氏が語る、殻を破るコツ

2022/03/04(更新日: 2022/03/04) こんにちは、サチヲです。 まだ全て読んでいませんが、コレだけ共有したくて書きました。 【読書】『もう初対面でも会話に困らない!口べたのための「話 …

【呪術廻戦】五条vs伏黒 | しんで勝つと、しんでも勝つは……全然違うよ

2021/05/21(更新日: 2021/06/03) 周りに何人仲間がいようとも、しぬ時は独りだよ… こんにちは、サチヲです。 ホントはね、六眼と言えば『骸(むくろ)』です!(家庭教師ヒットマンRE …

HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #5 | 【戦闘描写】『正常に気が狂っている』ヒソカ・モロウの初登場シーン

2021/06/01(更新日: 2021/06/22) こんにちは、サチヲです。 2018年11月26日から現在まで、冨樫 義博史上最長の連載休載期間を更新中です。 連載再開の願いを込めて、1巻から読 …

『原因と結果の法則』ジェームズアレン | この本をエウレカセブンで説明します。

2021/02/20(更新日: 2021/02/21) こんにちは、サチヲです。 世の中の原理原則を学びたい人にピッタリの本があります。 交響詩篇エウレカセブンが好きな人にもピッタリの本があります。 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。