/> 【関東No.1の讃岐うどん屋さん】 | 神保町『うどん 丸香』本物がここにあります!
Written by Sachio Iinuma

【関東No.1の讃岐うどん屋さん】 | 神保町『うどん 丸香』本物がここにあります!

★美味しいね ウマーイ!!

こんにちは、サチヲです。

友達に大変貴重な情報を教えていただきました。讃岐うどん屋さんです。
持つべきものは友ですね。

【関東No.1の讃岐うどん屋さん】 | 神保町『うどん 丸香』本物がここにあります!

かけ 460円 うどん中盛り(合計1.5玉)+60円 野菜天盛 320円 かしわ天 280円

見てください。先ず見た目が美しい!

そりゃ、最初にいくのはスープですよね。このスープが全てを語っています。
もちろん、うどんのコシの絶妙な硬さ(そこまで硬くない)による歯ごたえは抜群なのです。

それ以上に、スープの出汁が異常に旨すぎます。この出汁は関東ではお目にかかったことはありません。
それくらい説得力のあるスープです。

あなたが、もし行く機会があるのなら、是非『かけ』をおススメします。

更に!うどんに乗せて食べる天麩羅が異次元の旨さです!!

野菜天盛は、その日の仕入れによって変わります。私が出会った野菜天盛は『さやえんどう・たけのこ・なす』でした。

今まで見たこともない、食べたこともない『長さ』のさやえんどう。
小ぶりですが、めちゃくちゃ『肉厚』ななす。
たけのこに至っては、山で獲る時‥まだ落ち葉で埋もれているくらいの新芽くらいの大きさで、いちばん甘くて柔らかい状態であろうたけのこが『まるまる1つ』天麩羅になっていました。

どうですか。この子たち全員、旨いに決まってますよね!?
実際に、主役である『かけ』よりも、たけのこがいちばんのMVPです。本当に感動しました。あんなに美味しいたけのこを食べたことなかったんです。

忘れてはならない、かしわ天

もも肉と、むね肉をひとつづつ天麩羅にした『かしわ天』も度肝を抜かれました。

最初に食べたのが、むね肉の天麩羅でしたが…ひと口めで、はっきりわかる柔らかさとジューシーさ。もはや半生なのではないのかと思えるくらい食感が優しい。
コレむね肉ですよ。考えられない美味しさでした。

もも肉にも言えることですが、食べた瞬間「ん?コレ生ではないだろうか…」と思えるくらい火を完全に通していない、新鮮な感じがしましたね。
それもそのはず。毎朝、都内の鶏肉専門店から生肉で仕入れているというだけあって、鮮度が伝わる。
こんなに繊細なかしわ天を初めて食べました。

どうしても…

もう一度、たけのこ…野菜天盛が食べたくて、直ぐに他の日に食べに行きました。

肉うどん 740円 うどん大盛り(合計2玉)+120円 野菜天盛 320円

たけのこが、レンコンに変わっていました。。やはり、あのたけのこを食べられたのは本当にラッキーだったとしか思えません。
とは言え、レンコンもサクサク肉厚で美味しかったですが…あまりにもたけのこが衝撃的だったため、残念感は否めません。

安心してください。肉うどんがしっかりとアピールしてきました。

香川の濃口醤油と、自家製の和三盆のカラメルを、ワインや牛乳等で淡めに味付けされた『肉』が文句なしで美味しい!!

本当に、このようなお店を教えていただきありがとうございました。

ではまた。