★独り言 雑記

【響】アマプラで登場しました! | 天才主人公のマンガは逆に没頭できる!!それは光と影を明確に…

投稿日:2021年8月26日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

本当にいい!原作マンガの映画化は賛否両論があると思いきや、結構『否』が多いと思います。

この多さの理由は、やっぱり原作マンガに対しての『愛』がめちゃくちゃ強いからだと思います。
要するに、『汚された…』と、思われているのでしょうか。…それはめちゃくちゃ分かります。

はっきり言って、原作のアニメ化ですら思いますよ。ジョジョの昔のOVAなんて、「中途半端に映像化するなら、もうしないでくれっ!」と、思っていましたからね。
しかしなんだろ。年齢を重ねるうちに、こだわりが無くなったのか…むしろ『そのバージョン』を楽しめるようになりました。

だって、作りては、「よーし、つまらないモノを作ってやるぞー」とは思っていないですよね。色々な、制約や金銭的余裕や、使える技術や、スポンサーへの忖度、各関係各所への忖度などの、集合体が『作品』となって届いていると思います。

そんな裏でのごちゃごちゃがあるのに「エンターテインメントとして作ってくれたんだから、楽しんで観よう!」と、いつの日からか変わりました。

【響】アマプラで登場しました! | 天才主人公のマンガは逆に没頭できる!!それは光と影を明確に表現しているからです!!!

光は、もちろん平手友梨奈が演じる、主人公である『響(ヒビキ)』です。そして、影が素晴らしかったんです!山本春平役(売れない小説家)の小栗旬です。

小栗旬自身の演技もさることながら、監督の演出に迷いが無く、徹底的に影に落とし込む映像。
それは、影が深ければ深いほど。影が黒ければ黒いほど、光が輝く。そんな無情でありながら、実際の人生ではあたりまえの現実を、直面させてくれる映像。

そして、光である響のセリフが、さらに影を鮮明に深くする。。

「売れないとか、駄作とか、だから死ぬとか、人が面白いと思った小説に、作者の分際で何ケチつけてんの」

と。

本当にね、芸術関係は特にそうだと思いますが、『世間の評価』というものを、人生のどこかのタイミングで得られなければ、いくら大好きなことでも続けることが難しくなるんですよ。

この、光と影の世界を感じるだけでも、見る価値はありますし、めちゃくちゃ面白いところでもあります。

最後に

最近、マンガの映画化を観るのが楽しみで仕方ありません。
あなたも、楽しい映画に出会えますように。

ではまた。

 

 

-★独り言, 雑記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【戯言】変化 | “何故そうなったのか?”に注力する。感情が動いた時、思考停止になっていませんか?

2021/09/04(更新日: 2021/09/05) こんにちは、サチヲです。 戯言です。好きな人は好き。嫌いな人は嫌い。さて、あなたはどっちでしょうか。 【戯言】変化 | “何故そうなったのか?” …

ラバーソールのせいでレロレロやりすぎ変態男こと、花京院典明、危機一髪【18巻】

ラバーソールのせいでレロレロやりすぎ変態男こと、花京院典明、危機一髪【18巻】

こんにちは、サチヲです。 1分間(320文字くらい)だけで魅力を伝えるシリーズ!! 今回は『ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース』です。   ジョジョ3部からスタートした …

なんか会話が続かないなぁ…というあなた! | 『あいづち』という技術をあなたの人生に導入してみては!?

なんか会話が続かないなぁ…というあなた! | 『あいづち』という技術をあなたの人生に導入してみては!?

2021/03/08(更新日: 2021/08/07) こんにちは、さちをです。 会話が続かない 変なところで会話が止まる 向こうが自分のことをどう思っているか気になってまともに話せない 何を話せばい …

no image

音楽の力。美波。

​ こんばんは、サチヲです。 今夜は、美波というシンガーソングライターのツイキャスを友達と一緒に聞きました。 美波という人は、その感情、その想い、その夢や可能性、およそ全ての五感を、その歌詞に、そのメ …

【藤田和日郎】サンデー文化祭ONLINE2021より | 貴重な仕事場訪問!!

2021/09/10(更新日: 2021/09/11) こんにちは、サチヲです。 私の大好きな藤田和日郎先生です。と言っても、実はそんなに作品を見ていないんですよね。もちろん『双亡亭壊すべし』は全巻読 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。