/> 【魂の1ページ】『ワンピース』 | 主人公が輝くときは、必ず悪役が深く重く黒い光を放っている
Written by Sachio Iinuma

【魂の1ページ】『ワンピース』 | 主人公が輝くときは、必ず悪役が深く重く黒い光を放っている

★布教 魂の1ページ

 

こんにちは、サチヲです。

私、読み返せば読み返すほどアーロンが好きです。でも、やっぱりホーディジョーンズは好きになれません。私もまだまだですね。

ナミが航海士として仲間になるかどうかの戦いの最中なんですが…悪党のり理論と言いますか、アーロンはしっかり読者を逆なでしてくるんですよね。

そんな魂の1ページがコレ。

スポンサードサーチ

【魂の1ページ】『ワンピース』 | ルフィというか…主人公が輝くときは、必ず悪役が深く重く黒い光を放っている

いやー、素晴らしい。
かなり先の話になりますが、アーロンの考えの源となるエピソードも相まって、結構考えさせられる内容となっています。
いわゆる、『このアーロンの姿は、明日の自分なのではないだろうか…』です。

それくらい、差別を明確にえぐり取っている作品ということも付け加えたいですね。
注目すべき点は、ルフィは決して『差別』はしていないんです。実はちゃんと『区別』しかしてないんです。

ただ、種族や生い立ちなど無視して、ひとりの漢として「おまえのことが嫌い」と、はっきりとね。

そこが読んでいて気持ちいい所でもありますよね。

ちなみに、この後はこんな感じです。

ナミのことを、軟禁状態にながら『おれ達は仲間なんだ』と言い放つ。
ルフィがいちばん嫌うタイプですね。

ではまた。