★独り言 イケてるマンガ

うる星やつら 34巻 | 中高生男子の夢と欲望の全てを持つ『諸星あたる』という主人公。

投稿日:2021年2月19日 更新日:

「ねーきみ、お茶飲まない?」「ねーねー、住所と電話番号を教えて~」と女性を見ればどんな時であろうと声をかける。
将来の夢は『ハーレムをつくる』という、思っていても大きな声に出して言えないような事をラムの前でも言ってしまう正真正銘の『女好き』です。様々な厄災に見舞われるという意味で『諸々の星にあたる』という名前の由来の通り、ありとあらゆる災難がふりかかりますが、体力と精神力と持ち前の再生力を駆使し笑顔で乗り越えます。そんな『愛すべきアホ』でもある諸星あたる。

うる星やつら 34巻 | 中高生男子の夢と欲望の全てを持つ『諸星あたる』という主人公。

しかし、この男の恋愛表現には『憧れ』を抱かせるほどカッコいいものがある。
そもそもラムのことをめちゃくちゃ愛しているのに、言葉で簡単に好きとは言わずに行動や態度であらわす姿など、男では珍しい『ツンデレ』をいち早く搭載していています。

この辺が、まだ女性と普通に話せなかったり、好きな人なんて意識しすぎて逆に見れなかったり、告白なんてもってのほかという、リアルな中高生男子に刺さるんです。

最後のビックエンディングへの布石

あたるのツンデレエピソードは数えきれないほどあります。それがうる星やつらの魅力の1つでもあります。

その中でも、34巻という最終巻でのエピソードなんていかがでしょうか。

 

ルパがラムと結婚するために自分の星へ連れて行く際に、ラムの力を弱らせて(角が無いと電撃が出ない)から連れ出した。
その時に落ちた角を見つけて拾い、あたるは大切に大事に持っていた。

ちなみに、ラムの角を持っていることは誰にも言っていない。ココがポイント。

 

いざ、ルパの部屋にてラムは「ダーリン(あたる)なんか うちのものこんなに大切には…」持っていないと嘆く。
本当はラムの角を大切に持っているのに、それを知らないラム。

そして、最後の地球の運命をかけた『鬼ごっこ』にて、これまでの伏線を見事に回収してくれます。

こればっかりは、実際に単行本を読んで涙を流してくださいませ。

うる星やつらとは、一生歳をとらないで、一生ドタバタを続け、一生楽しめる、国民的アニメであったということ。

国民的アニメと言えば『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』のように扱われても良いと思うのだが…。

クレヨンしんちゃんのように、元々は深夜アニメで大人向けのアニメだったものが、ブラックジョークやライトなエロがどんどん削ぎ落とされ、いわゆる『子どもが見ても親からクレーム来ない』ような仕様に変更されていった経緯を見るとうる星やつらはこのままでも良いかというジレンマに襲われるのです。

最後に、私の大好きな諸星あたるの名言で締めます。

「好きな人を好きでいるために、その人から自由でいたいんだよ」

映画、うる星やつら2「ビューティフルドリーマー」より。

ではまた。

-★独り言, イケてるマンガ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す【湯を沸かすほどの熱い愛】

『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す【湯を沸かすほどの熱い愛】

こんばんは、サチヲです。 ネタバレあります。 『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す。 中野量太(なかのりょうた)さんが脚本と監督を務めた『湯を沸かすほどの熱い愛 …

【ワンピース】ゾロの考え方 | 脳が筋肉で出来ていると思いきや、しっかりとチーム戦略を…

2021/07/24(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 細かい説明は特にしませんが、要するに『予定と全く違うことが複数起きて、早急に手を打たないと取り返しのつかない状況』です …

【DJあおい】イケてる言葉 | 『強さ、辛抱、続けなさい。』自分を見失った時

162021/03/14(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 格言は『タイミング』です。 格言というのは万能ではありません。いつ、どのような時に読むかで効果が変わるやっかいな言 …

DJあおいって何者なん!?シリーズ#4 | 『恋人のケータイを盗み見る人は…』この有名な行動理由の答えの1つがコレ!

2021/05/03(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。 …

【smiles:株式会社スマイルズ】イケてる会社シリーズ#6 | 『世の中の体温をあげる』で有名な…

2021/06/19(更新日: 2021/06/21) こんにちは、サチヲです。 売り上げが高いから。社会貢献が最高だから。日本が誇ることをしているから。色々な『偉業』を成し遂げた、成し遂げようとする …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。