●初心者のためのギター教室 ●初心者のためのバンド教室 ★音楽の教室

作曲するときの基本姿勢 | 『パクッてアレンジ』です。もちろんリスペクト有りです!

投稿日:2021年4月25日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

オリジナル曲をつくる時に、どうしても煮詰まってしまうことってありませんか?
それは、オープニング、リフ、ソロ、構成、歌詞など、作曲するうえで、どんなタイミングでも忍び寄ってきます。

そこで、解決方法のひとつとして私からの提案です。

作曲するときの基本姿勢 | 『パクッてアレンジ』です。もちろんリスペクト有りです!

この素晴らしい風景の写真も、どこか似ているところはありませんか?青空を大きく見せることで奥行き、大きさを表現している。手前の白い花と奥の白い建物の色を合わすことによって統一感を出している。他にも、昼間の撮影時にはどのレンズを使うかなど、テクニックや人が見て感動しやすい構図などが存在しています。

それは普遍的なモノかもしれませんが、音楽の世界にも当てはまります。

過去の偉人が作り出した音楽からも、最近の音楽からも分け隔てなく、学ぶものがあります。

パクっていたら、もはやオリジナル曲とは言わないですよね…

そんな声も聞こえてきますが、これを行うにあたって注意事項があります。

正確には、パクって(拝借して)アレンジ(音楽では編曲と訳する)するんです。
気を付けていただきたいのが、パクって終わりにするのではありません。パクった後アレンジ、編曲するのです。

編曲とは、さまざまな音楽的な装飾を加えたりすることです。その編曲を『あなた』がやるのです!そこにあなたの『オリジナル』と呼ばれる要素が誕生するのです。

さて、これを良しとしない人もいるでしょう。もはや『オリジナル論』の違いです。
「自分の中から湧き出てくる感性をそのまま形にするんだ!」という感じにやるのも、それはそれであなたの道。あなたを貫いてください。

「それも有りだ!」と思われた方は先に進んでくださいませ。

具体的には、普段から聞いている音楽で良いと思った部分をメモしてください。もうノートいっぱいになるまでメモしましょう。

大切なのは、『あなた』が良いと思った部分です。これが大切。

さらに、その良いと思った部分を『カテゴリー分け』で、後で確認するときにわかりやすくしておきましょう。

私のカテゴリーのネタを共有しますと。

構成・転調・ギターリフ・ギターソロ・ギター音・ドラム・ベース・ブレイク・コーラス

という感じです。私はギタリストなので、ギターネタが多くなっています。
この辺は、『歌メロ・歌詞』など、あなたに必要なカテゴリーを増やしてください。

ちなみに、私の『歌詞』は、すべて『マンガ』から拝借しています!(もちろん私の人生からきたものもありますよ…)

これも注意点です。いざ作曲時に過去のCDを引っ張り出して見つけるのではなく、普段の生活からこれらのネタを貯めておくんです。

普段何気なく聞いている音楽も、あなたが選んだ、出会った音楽です。きっと何かしらの感動や好きな部分があってのことだと思います。

その感動や好きな部分を明確にメモするんです。「この曲の1:34秒の歌メロがカッコイイな!!」という感じに。

その明確になった好きな部分が、あなたの感性の片鱗です。それを集めたものから、あなたが選びアレンジしたものが、『オリジナル曲』の足しになるんです。

このような感じで作曲をしていたので、ある日を境に、いいと思った音楽なら『分け隔てなく色々な音楽を聴く』という意識に変化してきました。
ちなみに、色々なジャンルとまでは言いません。J-POPならその中のジャンルで色々聞いてください。それでいいと思います。

ただし、特徴的なアーティスト一人だけを聞いていると、オリジナル曲も絶対にそっちに引っ張られますので気を付けてください。
分かりやすいところで、長渕剛好きはどうしても長渕になって曲の合間に「セイッ!!」って掛け声を入れたくなったりするアマチュアアーティストっていませんか?
メタル好きは、アコースティックギターのバラードを作っても、余計なうるさいギターソロやら、ギターの歪んだ音やら入れたり、ドラムまでツーバスになってしまうバンドっていませんか?

何度も言いますが、それはそれでいいんです!!!!!

前提として、『あなたが考えた、決めた、信じた道』を歩んでください。どんな形であれ、どの道でもゴールはあります。

オリジナル曲とは、あなたが感動した出来事を音に変えて形にしただけです。ただそれだけです。
パクったとしても「似てる…」と言われるだけで、それはもうちゃんとした『あなたのオリジナル曲』ですから安心してください。

最後に

『オリジナル論』という言葉が出てきましたが、私が思うことを恐れずに言うと『ゼロから何かを生み出すことは無い』です。

今回よりも突っ込んだ話になりますが、オリジナル論 | 不毛な戦いになりがちな『オリジナリティー』という呪縛 | サチヲん家 (sachiway.net)

で、詳しく語っているので、作曲で壁にぶつかっている方や、オリジナルが出てこないと悩んでいるならば、合わして読んでみてもいいと思います。

改めて、あなたの人生の『音』がより良い『形』になりますように。

ではまた。

 

-●初心者のためのギター教室, ●初心者のためのバンド教室, ★音楽の教室
-, ,

執筆者:


  1. […] 元々、この作曲するときの基本姿勢 | 『パクッてアレンジ』です。もちろんリスペクト有りです! | サチヲん家 (sachiway.net)ブログの内容を更に補完するために書きました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【TAB譜】スピッツ ロビンソン | エレキギターで簡単に弾ける【TAB譜】が、こちらです!

2021/03/23(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 いよいよ実際にエレキギターを弾いてみましょう。 【TAB譜】スピッツ ロビンソン | エレキギターで簡単に弾けるタブ譜 …

【TAB譜】GLAY Missing you | エレキギター1本で弾く中級者向けのタブ譜【中級者向け】

2021/03/24(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 エレキギター1本でGLAYを弾きたい 真の名曲『Missing you』のタブ譜が欲しい それなりに弾きたいけど、そこ …

ギター初心者の最初の壁とは。第1弾

こんばんは、サチヲです。 私を筆頭に、弾く気がなくなってしまった最初の『壁』が次の2点です。 ギターを買った当初はめちゃくちゃやる気まんまんだったのに、気づいたら部屋のオブジェになっている方はいません …

no image

【バンド教室】バンド結成時から直ぐにオリジナル曲をつくらない方がいいのは何故か??

こんにちは、サチヲです。 バンド結成時からオリジナル曲をつくるまでの流れは数多くありますが、その中の1つを紹介します。 (オリジナル曲の作り方ではありません。これはアマチュアバンドの場合です) 重要な …

【TAB譜】ワインレッドの心 (簡単バーション)| ギターのコードなんて弾かなくても曲は弾ける!第3弾

こんばんは、サチヲです。 大変お待たせしました。 ギターのコードなんて【ちゃんと】弾かなくても曲は弾ける!シリーズ第3弾。 2弦しか押さえない、パワーコードがあることを知りましたね。 早速、パワーコー …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。