★本の紹介 ★独り言 イケてるマンガ

松井優征さんの新作が見たいッ!!

投稿日:2020年9月30日 更新日:

こんにちは、サチヲです。


魂の1ページは『殺せんせー』です。

多少のネタバレになりますので、嫌なようでしたらこの先へ進まないようにお願いします。

よろしいでしょうか。


犯罪者が中学生の先生になり、暗殺を通して成長するという少年誌では不安におもう部分が『努力・友情・勝利』という直球ど真ん中で投げているから読んでいて清々しい。


殺せんせーの魅力は、『教える背中』と『教わる背中』をしっかり丁寧に描ききっているところがとても大好きです。


いろいろな理由で落ちこぼれとなった中学生男女を集めたクラスですから、物理的な『力の差』が出て当たり前ですよね。


その差を、いかにして埋めるか。

スキル…テクニック…いろいろ使います。


そして、『才能』という壁にあたります。


よくあると言えばそれまでですが、ヒロアカでは『個性』としてみんなそれぞれ持っているものとして語られます。


そして殺せんせーでは、クラスのみんなが才能の塊であると思っているカルマくんが語る『魂の1ページ』です。


実は、カルマくんから見たら、逆にクラスのみんなそれぞれ才能があると考えているのです。


優しいし、中学生にしては達観した目を持っているカルマくんはこの後に

『要するに人間はみんな…他人の見えない部分を才能と呼ぶんだ』と。


いやいや、どんな生活したらこんな中学生になれるんだろ。


私が中学生のころは鼻水たらしながら、ゲームセンターにあるゲーム機の出音をカセットデッキで直接録音して自前のゲーム音楽テープを作ってましたから。(ちなみにファンタジーゾーンとか)

ここまでくると、作者の松井優征さんの思いが出まくりまくってますよね。


後半になるにつれて、教える背中と教わる背中を通して松井優征さんの漏れ出した価値観がどんどんと入り込んでくるのが読みやすく理解しやすくとても心地よいのです。


このような生きていくうえで必要であろう『ありがたい教え』が溢れているんです。


特に卒業式の時のエピソードは今読んでもためになるお話ですよ。


あー。松井優征さんが出す自己啓発本は必ず買います。


いやはや、最高です。

ではまた。

-★本の紹介, ★独り言, イケてるマンガ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ワンピース】1人目 | 最初の仲間『ゾロ』。その時のルフィの言葉とは…

2021/08/01(更新日: 2021/08/01) こんにちは、サチヲです。 ゾロが仲間になる、記念すべき話なんですが、ここにもルフィの明確な想いがしっかりと言語化されています。 【ワンピース】1 …

no image

今夜は『岡田斗司夫』です

こんばんは、サチヲです。 今夜は『岡田斗司夫』です。 曰く。 ~~~~~~~~~~~~ なんで日本では政治を褒めないのか、政策を褒めないのか。それは正義ではないからですね。正しいことっていうのは悪いも …

【ワンピース】ゾロは何を思うのか | ルフィとのはじめての邂逅のことを…

2021/07/19(更新日: 2021/07/20) こんにちは、サチヲです。 なんか…やっぱりワンピースは人生指定図書のひとつに選ばれる数少ないマンガだと、つくづく思います。 今回は、お玉ちゃんの …

no image

そもそも世界観無視して急に出てくる『漢字』ってカッコいいですよね。

2021/08/27(更新日: 2021/08/27) こんにちはサチヲです。 余談… そもそも世界観無視して急に出てくる『漢字』ってカッコいいですよね。 マクロスFでのマクロスキャノンは、撃った時の …

弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#9 | 『知らないところを、知っていく』…

2021/07/16(更新日: 2021/08/18) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。