★独り言 イケてる人

DJあおいって何者なん!?シリーズ | 女性の『美しさ、可愛さの正体』の言語化!!

投稿日:2021年4月4日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。
今回はコレ。

DJあおいって何者なん!?シリーズ | 女性の『美しさ、可愛さの正体』の言語化!!

DJあおい曰く。

女として成熟したところが美しいところで
女として未成熟なところが可愛いところで
女としての強さが美しいところで
女としての弱さが可愛いところで
女としての賢さが美しいところで
女として賢くなりきれないところが可愛いところで
女としての品格が美しいところで
女として品格が足りないところが可愛いところで
女として自立しているところが美しいところで
女として自立しきれないところが可愛いところで
可愛らしさとは
美しくあろうとしながらも
それでも美しくなりきれないところが可愛らしさになるもので
美しくあろうともしない女は
可愛らしくもなれないということ
美しさと可愛らしさは表裏一体のものなのですよ
見た目の問題ではないのです
生き様の問題なのです
美しい人の何が美しいって
生き方そのものが美しいんですよ
私自身は、めちゃくちゃしっくりくるし、「あー!確かにそうか!」と、特に経験もないのに謎の納得感を抱きました。

この、女性が女性の美しさや可愛さを語るのがいいんですよね。

以前働いていた会社は、女性が代表取締役社長でしたが、その方もこのようなことを仰っていました。
女性が『顔』で食べていけるのは10代まで。20代になって『顔』だけで食べていけると思うな。なにか身につけてこそ女性の美しさが磨かれ、あなたの立場をつくる。
男性もそうですよね。『イケメン』の一手でモテるのは社会に出ていない高校生までです。
社会に出たら、女性が男性に求める価値観が全く変わりますから。
世の、イケメンやイケジョは自分の付加価値をつくり、増やし、魅力を重ねているんですね。

美しさ代表のひとつの白鳥も、

水面上では優雅に浮かんでいますけど、水面下では考えられないくらい足をバタつかせて漕いでいますからね。けれど、決して努力は見せないという。
素晴らしい。
しかし、このような意見、考え方は、同性である女性はどう感じるのでしょうか。私とても気になります。

ではまた。

次回はこちら。
DJあおいって何者なん!?シリーズ2 | 『その気持ちは…恋なん?それとも愛なん?なんなん!?』の問に終止符を打つ | サチヲん家 (sachiway.net)

-★独り言, イケてる人
-, ,

執筆者:


  1. […] DJあおいって何者なん!?シリーズ | 女性の『美しさ、可愛さの正体』の言語化!! | サチヲん家 (sachiway.net) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【スバニュー(素晴らしいニュース)】 | 「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産に登録の見通しに

2021/05/28(更新日: 2021/05/29) こんにちは、サチヲです。新たなコーナーです。めでたくて明るい、素晴らしいニュースをお届けする略して『スバニュー』のお時間です。今回はこちら…。 …

ファミマの入店時の音をLUNA SEAがやったらという動画に出会いました

ファミマの入店時の音をLUNA SEAがやったらという動画に出会いました【ものまね】

こんばんは、サチヲです。 そろそろ、ビックリしたいなぁ。そろそろ度肝を抜かれる季節がきたなぁ。という方にぴったりな情報です。 ファミマの入店時の音をルナシーがやったらという動画に出会いました。 You …

『ハイキュー』『空井崇(うついたかし)』 | 父親として…出来ること、守りたいモノ。それは…『可能性』

2022/02/26(更新日: 2022/02/26) この、空井崇の背中を見よ!これぞ漢の背中よ!!! こんにちは、サチヲです。 あなたは、空井崇(うついたかし)をご存知でしょうか。 牛島若利の父親 …

【戯言】No.22『欲望』 | もちろん大切な願望の1つですが、どんなことにも適量というのがありますよね

2022/05/21 (更新日: 2022/05/21) こんにちは、サチヲです。 私の戯言として聞き流すもよし。読み進めるのも良し。 今回は、求めれば求めるほど目標達成の近道になると思いますが、こと …

弘中勝・イケてる経営者の頭の中#21『情報発信する時』 | 自分の「一般的なイメージ」は一般的では…

2021/11/29(更新日: 2021/11/30) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが… 自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、感情論ではなく、理論的に行動す …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。