★本の紹介 イケてるマンガ

HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #4|5話目にして既に私(達)に対して調教が始まっていたのだ…

投稿日:2021年5月29日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

2018年11月26日から現在まで、冨樫 義博史上最長の連載休載期間を更新中です。

連載再開の願いを込めて、1巻から読み直します。この世にはこんな素晴らしいマンガがあるんだ!ということを、ただただ紹介させていただくシリーズです。

完全に私の感覚と好み…要するに主観だけで構成されているので、肌に合わない方はこのブログをそっと閉じてくださいませ。。では。

HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #4|5話目にして既に私(達)に対して調教が始まっていたのだ…

コレがそうである。このコマの違和感…わかりますでしょうか。ハンターハンター好きにはどうって事はない1コマですが…。

そうです。『文字数が多い』のです。通常の少年誌では通常考えられない文字の量なんです。

まだ、今回のはネタ的に捉えられるので「あぁ…ゴンに言いたいことがいっぱいあるんだなぁ」くらいにしか思いませんでした。
しかし、これがどんどん度が過ぎていくんですよ。最終的には少年ジャンプなのに小説を読み終わった感じになる回もありますからね。
しかも、これが連載開始して5話目ですよ。

元々、冨樫 義博ファンなら『レベルE』で既に飼いならされていますが、本格的な連載なのに早々とぶち込んでくるあたり、一般の人を置き去りにするき満々ですよね。
でも、ファンなら歓喜モノですよね。

そもそも、少年ジャンプでここまで文字数多くて売れたマンガは、ハンターハンター連載開始から4年後に始まった『デスノート』くらいですからね。
あれこそ、絵が付属で、主に文字だけを読むマンガですからね。

でも、最初に市民権を獲得したのは冨樫 義博ですから!(多分、もっと他にスゴイ漫画家さんもいますが冨樫ファンは冨樫がいちばんと考えていますからね…だから面倒くさい人が多いことも事実)

まぁ私は、よくいる『説明キャラ』にしゃべらせるよりか、こっちのほうが好きです。

最後に

この、『文字量が多いシリーズ』はたくさんありますから、順番にゆっくり紹介していきますね。

ではまた。

前回がこちら
HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #3| 【キャラ】構図とセリフでキャラ説明をこなす冨樫義博 | サチヲん家 (sachiway.net)

次回はこちら。
HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #5| 【戦闘描写】『正常に気が狂っている』ヒソカ・モロウの初登場シーン (sachiway.net)

-★本の紹介, イケてるマンガ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ワンピース】 ルフィ | 『いやな奴』いわゆるクズ認定した時の行動の速さときたら…もう

2021/07/28(更新日: 2021/08/07) 海軍が決めたルールを破った女の子をヘルメッポが塀の外へ投げ飛ばしたが…それをルフィが受け止める。まだ、女の子が決まりを破ったから仕方ない感はある …

【麦わらの(株)】行動指針 | 会社として初めて同じプロジェクトを同時にスタートした記念すべき時

2021/08/10(更新日: 2021/10/17) この漢ウソップの、魂の宣言を聞け! こんにちは、サチヲです。 前回のナミの場合は、ルフィが単独でナミと出会い『航海士として仲間にするプロジェクト …

めぞん一刻という漫画について | 春香ちゃんという『幸せの形』を私たちにみせてくれた五代響子さん。

めぞん一刻という漫画について | 春香ちゃんという『幸せの形』を私たちにみせてくれた五代響子さん。

        2021/02/23(更新日: 2021/02/24) 出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館 めぞん一刻の最終話のひとコマです。いいですね。音無響子さんのあんな笑顔を見たことは …

【ワンピース】ビビ、レベッカ、しらほし | ルフィ達の軌跡がわかる奇跡のコラボレーション

2021/07/17(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 アラバスタ王国のビビと、ドレスローザ王国のレベッカの2人が出会い、そしてルフィの話をしているだけで胸熱なのに… 【ワン …

ディオのこの圧倒的で静かなカリスマ力を見よ!!【ジョジョ27巻】

こんにちは、サチヲです。 今日は『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』より27巻です。 ディオのこの圧倒的で静かなカリスマ力を見よ!! たびたびディオという人物(吸血鬼)は『悪のカリスマ …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。