/> #接続語 | サチヲん家
ギターや音楽、美味しいご飯、マンガやアニメを幅広く発信中。 人生で得たスキルや知識、感動、経験のアウトプットブログです。

タグ:#接続語が付いている記事一覧


★学び 日本語勉強

こんにちは、サチヲです。 私は、日本語の正しい使い方を知りたいんです! 日本人なら、何も考えずに使っている言葉。もちろん『母国語』というモノがあなたの国にもあるでしょう。 そんな母国語も、ちゃんと使い方を学ぶと、相手にもっと伝わるし、文章は…

★学び 日本語勉強

[そこで]は【そういうわけで、そういった事態になったので】の意味で、【それまで述べた内容を受けつつ、書き手がどういう対応、行動するかを示す】時に使います。 ◆たとえば◆ このままでは子供を連れて釣りに行けません。そこで、ネイチャーガイドに同行してもらうことで解決します どうしても家でかき氷を食べたい!と子どもか…

★学び 日本語勉強

[すると]は、【それまで述べた内容に続いて起きる出来事を語るとき】時に使う言葉です。 [すると]で一瞬、間を取ることで、続きのシーンにパッと移る『場面転換効果』が得られます。 ◆たとえば◆ ハイボールを『スコッチウイスキー』で作る。すると、ハイボールが嫌いなあなたも好きになるんです。 信頼のおけるネーチャーガイ…

★学び 日本語勉強

2022/06/10 (更新日: 2022/06/20) こんにちは、サチヲです。 日本人なら、何も考えずに使っている言葉。もちろん『母国語』というモノがあなたの国にもあるでしょう。 そんな母国語も、ちゃんと使い方を学ぶと、相手にもっと伝わ…

★学び 日本語勉強

[したがって]は、【それまでに述べた原因や理由、条件によって、あとの事柄(結果)へと必然的に行き着く】ことを表す接続語です。 以前の[だから]ほど主観的、独断的なニュアンスは含まれていません。 ◆たとえば◆ ブームAが沈静化しました。だから、次のブームを仕掛けましょう。 ブームAが沈静化しました。したがって、そ…

★学び 日本語勉強

[それゆえ・ゆえに]は、【それまでに述べた内容を理由として、あとの事柄を導く】役割を果たします。 後続内容(結果)を強調する[したがって]に対し、[それゆえ]や[ゆえに]は、先行内容(理由や原因)を強調したいときに使います。 ◆たとえば◆ 売上が低迷してきました。したがって、新メニューを考案します。 売上が低…