★独り言 イケてる人

『弘中勝』という超現実主義で企画・発想力・アイデアのプロ | つまり、企画力があるということは、人の協力を引き出せる力がある、ということです。

投稿日:2021年4月29日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉ではっぱをかけながらも、冷静沈着で超絶現実主義者で、なによりも企画力がズバ抜けている『弘中勝』のイケてる人の言葉を共有させていただく時間となりました。

つまり、企画力があるということは、人の協力を引き出せる力がある、ということです。

 曰く。

「自分は企画力には自信があるんだけど、誰も相手してくれないんだよねー」

 というのは、企画力がない証拠です。

企画力というのは、人を動かせる力のことで、それは決して権力や役職が上位にあるからといって持てる力ではありません。

命令で人を動かすのと、協力で人を動かすのは違います。
命令で仕方なく動いている人が実行する企画は、お客様も誰もついてきませんから、失敗します。

しかし、「協力したい!」という人が多い企画は、「自分も」「私も」という人が集まってくるので、だんだんうまくいきます
だから、良い企画というのは地位や役職は関係なく、一般社員でも、学生でも、誰でも生み出せるのです。

なんか、言葉がスッと入ってくる感じがするんです。まぁ私はもう弘中勝を信頼しているからなんですが、あなたはいかがお思いでしょうか。

自分のやりたい事を形にするような、自分自身をプロデュースする時も、同じことが言えるのではないでしょうか。

自分がやろうとしていることに対して、周りの反応が悪い時は、素直に見直した方がいいサインかもしれません。
「周りが分からないだけで、世間は分かってくれるはず!」で突き進んでいいことなんて、あるはずもありません。と言うことに気づかしてくれるのかと私は思いました。

さて、あなたにはどのように受け取っていただけたのでしょうか。
今後の人生が、楽しみですね。

ではまた。

他の、弘中勝記事はこちら。
【弘中勝】イケてる言葉 | 新しくはじめたいのに、不安でなかなか始めることができない | サチヲん家 (sachiway.net)
『弘中勝』という超現実主義で企画・発想力・アイデアのプロ | 「あなたのためを思って言ってるんだからね」という信用力ゼロの言葉 | サチヲん家 (sachiway.net)
弘中勝の人間力、人物像とは | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#2 | サチヲん家 (sachiway.net)

-★独り言, イケてる人
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

DJあおいって何者なん!?シリーズ#12 | 『誰と付き合っても不満はある肝心なのは許せる不満なのか』

2021/09/17(更新日: 2021/10/04) こんにちは、サチヲです。 正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。 …

うる星やつら 34巻 | 中高生男子の夢と欲望の全てを持つ『諸星あたる』という主人公。

2021/02/19(更新日: 2021/02/20) 「ねーきみ、お茶飲まない?」「ねーねー、住所と電話番号を教えて~」と女性を見ればどんな時であろうと声をかける。将来の夢は『ハーレムをつくる』とい …

斎藤一人(さいとうひとり)#5 |覚悟の話 『仕事の精神的な話』サラリーマンの成功法則とは…

2021/09/14(更新日: 2021/09/19) こんにちは、サチヲです。 ひとりさんについては『好き嫌い』がはっきり分かれる人物なので、苦手な方はここで読むのをやめることをおすすめします。 さ …

【スバニュー】#6『ジョジョリオン』 | 堂々の完結!荒木飛呂彦先生、大変お疲れさまでした!!

2021/09/18(更新日: 2021/09/18) こんにちは、サチヲです。 こんにちは、サチヲです。 めでたくて明るい、素晴らしいニュースだけをお届けする略して【スバニュー(素晴らしいニュース) …

弘中勝・イケてる人の考え方#30『夢を語る時』 | あなたは夢を潰すようなことを言っていませんか

2022/04/10(更新日: 2022/04/10) もはや「子どもはこうでなければならない」とか「子どもはこういう生き方をしなければならない」などと、前時代の人間が偉そうに指図できるような時代では …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。