★独り言 イケてる言葉

『弘中勝』という超現実主義で企画・発想力・アイデアのプロ | 「あなたのためを思って言ってるんだからね」という信用力ゼロの言葉

投稿日:2021年4月30日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉ではっぱをかけながらも、冷静沈着で超絶現実主義者で、なによりも企画力がズバ抜けている『弘中勝』のイケてる人の言葉を共有させていただく時間となりました。

弘中勝の人間力、人物像が分かるような言葉を1つ …「あなたのためを思って言ってるんだからね」という信用力ゼロの言葉

曰く。

「あなたのためを思って言ってるんだからね」「お前のためだと思って言っているんだからな」

私が、若い頃から全く信用していない言葉です。

この言葉を聞くと、その言葉というよりも、その人自体も全く信用しません。

「それがあなたのためだ」というのは、その人が自分の範囲で考えただけの見解であり、それを分からずに正解だと捉えてしまうと、自分の判断力はどんどん鈍っていきます。

しかも、そういう人に判断を委ねた場合、大体の場合は失敗するし、失敗したところでその人は責任は取ってくれず、成功すると「私のアドバイスのおかげ」といつまでも恩着せがましく言ってきます。
全くいいことはないのです。

「それがあなたのためだ」という人は、その人のために言っているわけではなく人のために物を言えている自分が好きなだけです。

自分の範囲内だけで好きなことを言っているので、その人自体に全く深みがなく、当然その発言も大して深みはありません。

デリヘル嬢を呼んで、しっかりプレイした後に、「こんな仕事、やめたほうがいいよ」とデリヘル嬢に説教しているオッサンのようなものです。

言っている自分に酔っているだけで、全く説得力がないんですね。
そういう人の意見は聞くな、とは言いません。

恩のある人の話は聞かざるを得ないだろうし、本当にずば抜けた意見であることもあります。

でも、基本的には、「あなたのため」「おまえのため」と言って説教する人の意見は、「しょせん他人事という浅い意見」だという意識を持って聞くようにします。

素晴らしく魅力的な言葉を、あられもなく発していますよね。これこそ私が好きな理由であり弘中勝の真骨頂なんです。
本当にぶった切るんです。

世の中には、有名でなくても素晴らしい人物がたくさんいるんです。

また、少しづつ紹介させていただきます。

ではまた。

 

-★独り言, イケてる言葉
-, ,

執筆者:


  1. […] 『弘中勝』という超現実主義で企画・発想力・アイデアのプロ | 「あなたのためを思って言ってるんだからね」という信用力ゼロの言葉 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引っ込みThe Anの人でもできるカッコいい自己紹介の仕方とは?

引っ込みThe Anの人でもできるカッコいい自己紹介の仕方とは?

引っ込みThe Anの人でもできるカッコいい自己紹介の仕方とは? 『サチヲ。。 飯沼サチヲ。』 コレです。もうコレが答えです。 そして、どういう人に、どのような状況で使うのか?? ・内気な私だけど、初 …

no image

子どもがゲームにハマる理由

こんにちは、サチヲです。 子どもがゲームにハマる理由として。 ドラクエでいうところの。 1、自分の行動に対する評価や報酬が明確。 →このモンスターを倒したらこれだけ、という明確な経験値とお金が入る。 …

うる星やつら 34巻 | 中高生男子の夢と欲望の全てを持つ『諸星あたる』という主人公。

2021/02/19(更新日: 2021/02/20) 「ねーきみ、お茶飲まない?」「ねーねー、住所と電話番号を教えて~」と女性を見ればどんな時であろうと声をかける。将来の夢は『ハーレムをつくる』とい …

考えがいきづまった時に『オズボーンのチェックリスト』を思い出してみては【便利】

こんばんは、サチヲです。 考えがいきづまった時に『オズボーンのチェックリスト』を思い出してみては これは、ビジネスの世界で使われている便利なチェックリストです。 モノを作っている時に、もっと変化を加え …

【バンド教室】バンド結成時から直ぐにオリジナル曲をつくらない方がいいのは何故か?? No2

こんにちは、サチヲです。 昨日に引き続き、重要な目的として『バンドの成長』に重きをおいた流れです。 その目的を大切にするバンドなら、バンド結成時からすぐにオリジナル曲をつくる前に3つの行動をしてからで …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。