★本の紹介 イケてるマンガ

『推しの子』を推します | 「え!?…そういうことなの?????」タイトルの付け方が異常に上手すぎる!それもそのはず…

投稿日:2021年5月17日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

いやしかし、ヤンジャン(週刊ヤングジャンプ)やりますね。
私、『かぐや様は告らせたい』は最初から読んでいたのですが、少し目を離した隙に二人は付き合っていたので、もはや途中から読むわけにもいかず…。
残るはキングダムのみとなってしまってからは、新たな開拓はしていなかったのですが…まさかです。やはり人生のまさかは突然やってくるんですね。

『推しの子』を推します | 「え!?…そういうことなの?????」タイトルの付け方が異常に上手すぎる!それもそのはず…

出会いは、あのオーイシマサヨシ(けものフレンズの主題歌である、ようこそジャパリパークへを作った人)のYouTubeでアニメソングのなんたるかを聞いていたら、こんなことを言い出したのです。
「最近、一番おすすめのまんががあるんですよ。アニメ化したら絶対に私が主題歌を作りたいくらいです!」と、言いながら手に取ったマンガが『推しの子』でした。

お恥ずかしい話、今の今まで全く知りませんでした。

なぜ恥ずかしいかとは、原作があの『宝くじ1等何回か分を稼ぐ・赤坂アカ』と、『女の子も読めるエロ描写・横槍メンゴ』ですよ!
なんで、1話から読んでいなかったんだろ。現在は3巻まで出ています。

もちろん編集者の手腕も忘れてはなりませんが、すでにストリーテラーとして実力と結果がともなった『赤坂アカ』と、誰でも見やすい綺麗な絵で、色気と狂気と脱力に満ち溢れたキャラクターを描き分ける『横槍メンゴ』のタッグですよ。

でも、ここまですごいタッグはコケるのが通説(2人とも凄いためぶつかりがち…)のような事も予想されたでしょうが、びっくり!3巻までキッチリかっちりそれぞれ単行本に収まる配分での物語展開。
もっとエピソードがあったでしょうに、もっと伸ばしたかったでしょうに。読んでる私でも「もっとこの話が読みたかった…」と思わせてる時点で正解なんでしょうけど。その見せ方、盛り上げ方、次の興味付けが素晴らしすぎるんです。こんなコミュニケーション能力に長けた大人が揃うのは、そうそうありませんよ。

ネタバレにしたくはないので、構造だけいいます。
表の目的も裏の目的も分かりやすく、それに対しての目標設定とその手段が身近なものだけど普通ではないそのサジ加減。それをファンタジーと思わせない設定(その業界の裏事情や世界観)がきめ細かいから現実味たっぷり。主人公に対する縛りが効果的だからこそ、しっかり読者にも効いているこのドキドキ感。

なんの不安もなく3巻読み終わってしまいました。そりゃそうですよ。

そんな推しの子が公式で1話が読めるんです!!

連載漫画『【推しの子】』|週刊ヤングジャンプ公式サイト (youngjump.jp)

肝心かなめの第一話がここまで計算された…正真正銘プロ集団の作品です。
それにしても月並みですが、ネットで読めるなんてホントにいい世の中になりましたよね。

最後に

もちろん、怪獣8号、スパイファミリーといったマンガも賞を取った作品も素晴らしいのですが、私が推したいのは『カナカナ』漫画家 西森博之先生の最新作 | 『カナカナ』が子どもを持つ親としては最高に刺さるんです。 | サチヲん家 (sachiway.net)ですね。

音楽やマンガ、ひいては芸術関係は、本当にネタ切れというものがなく(個人では有リマス)て、どんな世の中になってもなんかしらの心が動かされる作品が世に出てきます。
それに、まだ見ぬ作品が私にはまだまだあります。もしよかったらあなたの良いと思った作品を教えてください。

好きなものを教えあう。そんな楽しみ方もいいですよね。

次の推しの子ブログはこちら。
【推しの子】「それはお前等の使うセリフじゃねーんだよ!」 | マジモードもあるからこそ作品の重厚さが出て、物語の厚みが出ますよねー | サチヲん家 (sachiway.net)

ではまた。

-★本の紹介, イケてるマンガ
-, , ,

執筆者:


  1. […] 前回の推しの子ブログはこちら。 『推しの子』を推します | 「え!?…そういうことなの?????」タイトルの付け方が異常に上手すぎる!それもそのはず… | サチヲん家 (sachiway.net) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

文章の勉強おすすめ本

こんばんは、サチヲです。 前々回に引き続き『いますぐ書け、の文章法』堀井憲一郎さんの本を紹介します。 この方はとてもシンプルに、むずかしい言葉をかんたんな言葉にして伝えてくれているのでとても読みやすい …

音無響子を嫌いなどと言う輩たちへ | やきもち焼きで、早とちりで、泣いたり、怒ったり、だけど…

「音無響子は嫌い」などと言う輩たちへ | やきもち焼きで、早とちりで、泣いたり、怒ったり、だけど…

2021/02/21(更新日: 2021/02/22) 出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館   1980年11月、ビックコミックスピリッツで連載スタートした『めぞん一刻』という、青 …

【ワンピース】 ルフィ | 『いやな奴』いわゆるクズ認定した時の行動の速さときたら…もう

2021/07/28(更新日: 2021/07/29) 海軍が決めたルールを破った女の子をヘルメッポが塀の外へ投げ飛ばしたが…それをルフィが受け止める。まだ、女の子が決まりを破ったから仕方ない感はある …

大東亜戦争(太平洋戦争)を振り返るNo.2 | 戦争をなぜやったのか!?ではない。なぜ負けたのかを明確にしていくべき。

2021/04/12(更新日: 2021/04/14) こんにちは、サチヲです。 昨日の続きです。 大東亜戦争(太平洋戦争)を振り返るNo.1 | 戦争をなぜやったのか!?ではない。なぜ負けたのかを明 …

『殺せんせー』のバランス感覚が抜群の最高傑作No.2 | 最後の授業がマジで役立つという…

2021/07/09(更新日: 2021/07/09) こんにちは、サチヲです。 今回は、松井優征が描いた『暗殺教室』です。小学生のお友達と大きなお友達の両方に対して、安全且つギリギリに攻めた内容で、 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。