/> 【うる星やつら】『OP/ED』 | 『トウキョウ・シャンディ・ランデヴ』がもたらした、愛のリスペクトとは!
ギターや音楽、美味しいご飯、マンガやアニメを幅広く発信中。 人生で得たスキルや知識、感動、経験のアウトプットブログです。

【うる星やつら】『OP/ED』 | 『トウキョウ・シャンディ・ランデヴ』がもたらした、愛のリスペクトとは!

★布教 アニメ

こんにちは、サチヲです。

  • うる星やつらのアニメ制作陣から伝わる『アツいリスペクト』が心地いい!
    さぁ、『柔軟性のある拘り』という、サジ加減が難しい映像表現を堪能しましょう。
    次は、OP『トウキョウ・シャンディ・ランデヴ』です!!

スポンサードサーチ

【うる星やつら】『OP/ED』 | 『トウキョウ・シャンディ・ランデヴ』がもたらした、愛のリスペクトとは!

こちらが、フジテレビアニメ公式チャンネルより抜粋したうる星やつらのED(エンディングの曲)『トウキョウ・シャンディ・ランデヴ』です。

うる星やつらと言えば、『エンディングの曲が1クールのうちにどんどん入れ替わる』という、アニメ史上類をみないED曲の多さを誇っています。
OPが6曲に対して、ED9曲。コレだけ聞くと「そうでもないよね…」と思うかもしれませんが…待ってください。

なぜ、曲が多いと思わせる理由は『星空サイクリング』が2回登場したことも要因のひとつではないでしょうか。
時系列で追っていくと…

  • 『宇宙は大ヘンだ!』(1話~SP“春だ、とびだせ!うる星やつらスペシャル”まで)→『心細いな』(22話~43話)→『星空サイクリング』(44話~54話)→『I, I, YOU & 愛』(55話~64話)→『星空サイクリング』(65話~77話)→『夢はLOVE ME MORE』(78話~106話)→『恋のメビウス』(107話~127話)→『OPEN INVITATION』(128話~149話)→『エヴリデイ』(150話~165話)→『GOOD LUCK 〜永遠より愛をこめて』(166話~195話(194話は未使用))

なんと、『星空サイクリング』から10話程度でEDが交代しているんですよ。珍しいコトですよね!?

余談ですが、うる星やつらのEDはとにかく最初の曲こそ軽い感じですが『大人っぽい』印象を受けましたね。
なんせ『エヴリデイ』なんて全歌詞英語ですよ!学園はちゃめちゃラブコメアニメのEDで、急にアンニュイな長まわしの絵に、ステファニーが渋く歌い上げているんですよ!?

ちなみに、3期4期までのEDなんて、いい意味でもっとマニアックな感じになりますからね!!
うる星のEDを1曲ずつ語りたいものですよ。

とは言え、今回はこちら。

失礼いたしました。本題に行きましょう。『トウキョウ・シャンディ・ランデヴ』は如何に!?

  1. 最初の『流れ星』でハートをつくるところ
    これは、『宇宙は大ヘンだ!』や『星空サイクリング』最初に見られるEDの特徴のひとつをしっかりぶち込んでいます。
    分かりみが深いです。
  2. そして、ラムとあたるの星で埋め尽くす
    上から二人の星が降ってくる演出。やたらと登場人物が多くなるところ、あえてキーワードと二人を重ね合わせる…丁寧に描くんだ!という心意気が伝わります。
  3. 静止画の横スクロール、長まわし。
    この時代でよくやったアニメ手法の一つを『今』、丁寧に蘇らせている!感慨深いです。
  4. サビ前のブレイクの部分にあたるを入れこむ
    これで、あたるの登場はおしまい。でもいいんです。ラムにバトンタッチです。
  5. ラムが一人、くるくる回りながら…これもスクロールの長まわし
    実は、歴代のEDはほとんど『ラム一人』でもたしているんです。だからこそ、最後はラムの魅力に全乗っかりした絵でもってしまうんです。
  6. 最後に、ラムとあたるで締める
    これが、新EDの解釈ですね!全くをもって最高です。
    そもそも曲がいい!!
    私個人としては、『延々とラム一人が踊っている長まわし』かなぁと予想していましたが…違いましたね。
    でも、それでいいんです。全て笑顔で受け入れます。

最後に

エンディングに関しては、ボリューム感が無かったと思いますが安心してください。
コレ、後からキマスから!

EDは、後から評価されるのがお約束ですので大丈夫です。
良いものは良い!

ではまた。

前回はこちら。
【うる星やつら】『OP/ED』 | 『アイウエ』がもたらした、愛のリスペクトとは!製作者、関係者全てに感謝です!! (sachiway.net)