★本の紹介 イケてるマンガ

【アオアシ】ひとつの母の愛のカタチ | 息子を預ける立場の母。息子を預かる立場の監督との会話…

投稿日:2021年8月6日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

2日連続で『アオアシ』 です。どうしても『母の覚悟』が凄まじいんです。

このマンガの主人公である青井 葦人(アシト)は、監督が自らスカウトした珍しい人材。
とは言え、息子(アシト)を預かった監督は、なんやかんやで危ない目に合わしてしまい、結果、お母さんに謝ることになりました。その後です…

【アオアシ】ひとつの母の愛のカタチ | 息子を預ける立場の母。息子を預かる立場の監督との会話…

自分の息子(アシト)がとても危険な目に遭った直後、その環境を作った監督に、逆に頭を下げる。そして、ココから母の語りがはじまります。

サッカーのことは 私は、わかりません。わかってやれません。

でも、あいつが、愛媛にいたときには見せなかった真剣な表情。
プロになることがどれだけ大変か、どれだけ真剣に考えてるか。
どちらも見ることができました。

今日はうまくいかなかった。
親としてそれも、見られてよかった。

苦難だらけなんでしょう。
弾き返されることばかりなんでしょう。
それでいいです。

そして、この続きが、今回の目玉セリフとなります。

おおー。自分の責任として、母の責任として、人に矢印を向けずに自分に矢印を向ける言葉。
穏やかに、しっかり前を見て話す姿。自分の息子に対して、「自分が与えることの出来なかった」と、言う素直なお母さんです。

というか…こんなこと言えませんよ!育ての親&生みの親がですよ!!巣立ったとはいえ、ここまで穏やかに受け止められるのは、やっぱり信じているからなんでしょうか。

息子であるアシトが、自分で選んだ環境だから、母も認めて応援する。自分の息子の選択を信じているんですね。

最後に

私は、全くサッカーに興味はありませんが、そんな私でも日本の選手層は確実に底上げされていると思います。
久保 建英選手を見ていると『ただの天才』と片付けるには違うと思いました。
やはり、20年前では考えられないJユースのような『仕組み』が出来上がってきたと思います。

そして、好きなことで食べていける環境が、あのサッカーでさえやっと整ってきたと思います。
他のマイナーなスポーツも、将来それで食べていけるような『仕組み』がどんどん出来るといいですよね。

ではまた。

-★本の紹介, イケてるマンガ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ハンターハンター】話しかけんなオーラってなんだってばよ。

【ハンターハンター】話しかけんなオーラってなんだってばよ。

こんばんは、サチヲです。   まさか、人生指定図書である『ハンターハンター』の1発目がこのコマからスタートするとは思ってもみませんでしたが、気にいってる一コマなのでお付き合いください。 ハン …

【読書】史上最強の哲学入門…東洋の哲人たち…飲茶 著 | 西洋哲学と東洋哲学の違いを初めて知りました

2021/08/29(更新日: 2021/09/06) こんにちは、サチヲです。 哲学の真理を少しでも学び、生きることの糧にしたい!と思い、この本を手に取ったのですが…これまた初めての知識が盛りだくさ …

【ルックバック】藤本タツキ | 同業者から天才と呼ばれる漢。私はまだまだその天才性の理解に…

2021/11/24(更新日: 2021/11/28) こんにちは、サチヲです。 本当に、紹介したい『漫画家』と『作品』がこの世の中には多すぎる。 その中でも、同業者に天才と称される、あの『チェンソー …

【ワンピース】ゾロは何を思うのか | ルフィとのはじめての邂逅のことを…

2021/07/19(更新日: 2021/07/20) こんにちは、サチヲです。 なんか…やっぱりワンピースは人生指定図書のひとつに選ばれる数少ないマンガだと、つくづく思います。 今回は、お玉ちゃんの …

めぞん一刻という漫画について | 春香ちゃんという『幸せの形』を私たちにみせてくれた五代響子さん。

めぞん一刻という漫画について | 春香ちゃんという『幸せの形』を私たちにみせてくれた五代響子さん。

        2021/02/23(更新日: 2021/02/24) 出典:『めぞん一刻』(c)高橋留美子/小学館 めぞん一刻の最終話のひとコマです。いいですね。音無響子さんのあんな笑顔を見たことは …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。