★本の紹介 イケてる本

【イケてる本】諏内えみ | 世界一美しいふるまいとマナー

投稿日:2021年3月27日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

マナースクール『ライビウム』代表、諏内えみによる、洗練された上質なマナーや美しい所作により凛とした美しい女性をプロデュースしている、現役のプレイヤーです。

【イケてる本】諏内えみ | 世界一美しいふるまいとマナー

女性に対してアプローチしている本ですが…いやいや!男性にこそ読んでもらいたい本でもあります。

やはり、立居振る舞いが美しい人は魅力的です。特に私にいたっては、友達に箸の割り方を最近教えてもらったくらい、一般常識すら危ういのです。だから、このような情報は目からウロコです。

どうやら…『ふるまいの5原則』があるようです

  1. ハンド&ハンドのふるまい→両手を使った所作で、丁寧さを感じさせる印象に。
  2. 指先エレガンスのふるまい→指先まで意識することで、女性ならではの繊細で優雅な印象に。
  3. 隙間クローズのふるまい→隙間を作らないポージングや所作で、落ち着いて品のある印象に。
  4. 背筋ストレートのふるまい→背筋をスッと伸ばした所作で、凛として自信あふれる印象に。
  5. ワンムーブ、ワンアクションのふるまい→ひとつひとつの動作を分けて行うことで、丁寧さと余裕のある印象に。

このような原則を守って行えば、世界一の美しさが生まれるようですよ。

例えば、ご飯を食べるとき…

お茶碗を片手で、お箸をもう片方の手でとり上げるのは美しくない。

では、どうするべきか?それは原則の『1と5』を使います。

先ず、両手でお茶碗を持って、それからお箸を取る。両手を使い、動作を分ける。

これだけです。どう思いました?簡単ですよね?

このような小さなことを意識して行うだけで、一緒に食べている人に対してかなりの好印象を与えることになります。

でも…「あんまり型にハマりすぎると個性もなくなるから良くないよ」

という声が聞こえてきそうです。いつもの『その分野の勉強すると頭でっかちになって、オリジナリティがなくなる厨』の方たちですね。

これだけは毎回言わせてもらいます。

基本を知らない、できない状態で、自分のオリジナリティを出すのは遠回りです。

私の事で説明しますが、どんな新しいギター奏法を作っても先人がすでにやってます。

それくらい世界は広いし、歴史もあります。

一生懸命に作ったモノも、1行読んだだけで解決することもあります。

解決したら、その上にアレンジした方がよっぽどオリジナリティの近道です。

いわゆる『パクってアレンジ』です。パクるだけではダメですよ。自分なりの解釈を入れましょう。

この場合も、『美しさの常識』を知って、行えるようになってからオリジナリティを出すのが順番だと思います。

最後に。

他にも、色々な場面や、やりとりでの気を付けること、こうした方がいいということが満載です。

これを実践できれば、あなたの魅力がまたひとつ増えるかもしれませんね。

私も、修行あるのみです。

ではまた。

-★本の紹介, イケてる本
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【宇宙兄弟】この熱き言葉! | 『ものづくりには失敗することに使う金と労力が必要なんだよ』

2021/08/23(更新日: 2021/08/23) 『宇宙兄弟』公式サイトより。 こんにちは、サチヲです。 マンガの世界には、いわゆる『格言』にまで昇華した、熱い言葉を語りかけてくることがあります …

今夜は素晴らしい知の結晶のである『考察』というジャンルで、イケてる人を紹介させてください

【バンドあるある】なんでこんな素晴らしい曲を作ったのに売れないんだッ!!

こんばんは、サチヲです。 「なんでこんなに素晴らしい『モノ』を作ったのに売れないんだッ!!」と、自分の作品と世間とのギャップを感じたことはありませんか? もしかしたら、絵描きさんも、物書きさんも写真家 …

no image

松井優征さんの新作が見たいッ!!

こんにちは、サチヲです。 魂の1ページは『殺せんせー』です。 多少のネタバレになりますので、嫌なようでしたらこの先へ進まないようにお願いします。 よろしいでしょうか。 犯罪者が中学生の先生になり、暗殺 …

【呪術廻戦】0巻 | 乙骨憂太の魅力と強さとヤバさ。そして軽い考察もプラス!!!

2021/03/05(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 去年の8月くらいにやっと、呪術迴戦の0巻をやっと読みました。少年JUMPでは、五条悟と夏油傑の学生時代を描いた『過去編 …

『バカを治す』適菜 収 著 | 賛否両論という意味でスゴイ人を見つけました。

こんばんは、サチヲです。  帯には『バカにつける薬が完成!』と書かれていました。 『バカを治す』適菜 収 著 | 賛否両論という意味でスゴイ人を見つけました。 世の中に対して多角的に読み解きたい人 バ …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。