★独り言 雑記

【土用の丑の日】どんなきっかけでこんな日が決まったの!? | 平賀源内の発明の一つとされていること!

投稿日:2021年7月31日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

この前、土用の丑の日でしたね。私、全く一般常識が分かっていなくて、「土曜日じゃないのに丑の日だ!」と言ってるくらいでした。

そこで、「なんで土用の丑の日って決めたんだろ」と思って調べました。

【土用の丑の日】どんなきっかけでこんな日が決まったの!? | 平賀源内の発明の一つとされていること!

え!?そうだったの?という感じです。

もちろん、諸説ありますが…

  • もともと鰻の蒲焼は、味が濃くてこってりしているので、夏にはなかなか売れなかった。
  • 鰻の産卵期は冬なので、多くの魚と同じく、産卵前の脂を蓄えた秋~冬が一番美味しい「旬」なので、旬から外れた夏の鰻はいまひとつ。
  • だから、鰻屋が夏でも鰻が売れるようにするために、知恵者で有名な平賀源内にアイディアを授かりに行った。

という、流れが有力な説なんですって!面白いですよね!

実は『キャッチコピー』を使った商法だった!

鰻屋さんから相談を受けた平賀源内がまたスゴい。経営コンサルタントと言っても遜色のない、こんなアドバイスを施しました。

  • 「『土用の丑の日』だから、『う』のつくものを食べると縁起が良い」という語呂合わせを考えた。
  • 鰻は古来より精のつけるのに良い食べ物として知られていた事を利用し、「精のつく鰻は夏を乗り切るのに最適」というセールスポイントも考えた。
  • 鰻屋さんの店頭に『本日土用の丑の日』と書いた、誰の目にもつく、とても大きな看板を置くこと。

え!?この前「あ!今日丑の日じゃん!」って広告を見て、私もこの流れで鰻を買ってしまいましたよ!

現代でも、まんま通用してますよーー!!

当時の江戸でも、人目をひく大きな看板を見て、興味を持った江戸っ子が近づいたら、すかさず平賀源内仕込みのうたい文句で、次々とお客様を引き込み大盛況になったようです。

それを見た他の鰻屋さんも真似をして、いつしか風習となった…という素晴らしい流れができました。

最後に

これ、バレンタインデーと一緒だったんですね。企業の涙ぐましい営業努力と私は受けとります。

スゴい世の中ですよね。

ではまた。

 

 

-★独り言, 雑記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DJあおいって何者なん!?#14 | 『独占欲ってダメなの?それともいいの??』そんな素朴な疑問に…

2021/10/19(更新日: 2021/11/03) こんにちは、サチヲです。 正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。 …

『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す【湯を沸かすほどの熱い愛】

『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す【湯を沸かすほどの熱い愛】

こんばんは、サチヲです。 ネタバレあります。 『家族ってなんだろう?』という素朴な疑問に、ひとつの家族の形とその答えを出す。 中野量太(なかのりょうた)さんが脚本と監督を務めた『湯を沸かすほどの熱い愛 …

【交響詩篇エウレカセブン】チャールズ・ビームス | 「分かるな レントン…選ぶ ということは獲得し…」

2021/12/21(更新日: 2021/12/22) こんにちは、サチヲです。 エウレカセブンの登場人物に中でも、しっかりしたマトモな大人の代表でもある『チャールズ・ビームス』の言葉を拾いました。 …

あなたは『ウルド 浩太郎』を知っているか? | 行動力と準備力がモノをいう。才能では決してない。原動力は好奇心。

2021/04/22(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 『バッタを倒しにアフリカへ 』ウルド 浩太郎 著の本を紹介します。 つくづく、日本人の底力を感じさせてくれます。その人 …

弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#10 | 『人間が一番精神的に参ってしまうのは…』

2021/08/15(更新日: 2021/08/18) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉 …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。