★独り言 イケてる言葉

弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#13 | 『危機管理の本質』弘中Ver.

投稿日:2021年9月15日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが… 自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動、分かりやすいのですがオブラートに包まない言葉でハッキリとモノを言いい、冷静沈着で超絶現実主義者。

なによりも、『企画力』にフォーカスした仕事をしている『弘中勝』という、イケてる人の言葉を共有させていただく時間がやってきました。
こんな考え方もあるんだぁー的な感じで、軽く聞いてくれると嬉しいです。

でも、少しでもあなたのお役に立てたら、もっと嬉しいです。 では…

弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#13 | 『危機管理の本質』弘中Ver.

弘中勝曰く、「リカバリーすれば全てを取り戻してプラスマイナスゼロになるのではなくて、膨大なマイナスを生んだことになる。それをドラマやアニメのような展開に慣れていると、「絶対にそのマイナスは取り返せないんだ」という意識が身に付かない。と仰っています。

一体どういうこと何でしょうか。。エピソードを交えて説明をしています。では、行ってみましょう。

おもてなしやホスピタリティの逸話として…

ホテルマンが宿泊客の大事な忘れ物に気づいて、急いで駅まで行って、思い切って新幹線に飛び乗って、乗っていたお客様に渡すことができて感動された、

みたいな例が説明されることがある。それを「ホスピタリティというのはそこまでやるのか」などと納得しているようでは、レベルが低い。

それは、たまたまお客様の新幹線が分かったとか、たまたま飛び乗った新幹線が合っていたとか、「ラッキーでしたね」という話であって、それ自体がホスピタリティではない。

本当に高度なホスピタリティだったとしたら、お客様が大事なものを忘れるわけがない仕組みのはずで、「忘れるところだったよ、ありがとう」とホテル内で話が完結しているはずなのである。

普段から高度なホスピタリティを実行していることで、たくさんの事例の中からそういう偶然が生まれて、レア中のレアケースとして話を出しているだけであって、「なるほど、そうすればいいのか」と考えるようでは、絶対に普段の判断を謝るに決まっている。

「そんなにも無駄な労力と時間を生んじゃうんだ」と肝に銘じるために聞いておく話であって、感動話ではなくてむしろホラーとして聞いたほうがいい。

危機管理というのは、その「本来必要のなかった膨大な労力と時間」を生んでしまわないためのものである。トラブルで何よりも怖いのは、そこなのだ。

「本来必要のない労力と時間」を生んでしまう可能性を少しでも摘んでいくことが、危機管理である。

相変わらず、歯切れの良さですよね!

いつものように、分かりやすいディスりと、継続の大切を問われているような感じがしました。

このような、考え方に触れられる弘中勝のメルマガ『ビジネス発想源』に興味のある方はこちらからどうぞ。
ビジネス発想源 (mag2.com)

次回はこちら。
弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#14 | 『それは実力なのか、自己プロデュース力なのか』 | サチヲん家 (sachiway.net)

前回はこちら。
弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#12 | 『自分のステージではない本を読むこと』 | サチヲん家 (sachiway.net)

-★独り言, イケてる言葉
-, ,

執筆者:


  1. […] 前回はこちら。 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#13 | 『危機管理の本質』弘中Ver. | サチヲん家 (sachiway.net) […]

  2. […] 前回はこちら。 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#13 | 『危機管理の本質』弘中Ver. | サチヲん家 (sachiway.net) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#11 | 『業界の常識は、お客様にとっては非常識!?』

2021/07/18(更新日: 2021/09/02) こんにちは、サチヲです。 私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが…自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、目に見える行動と分かりやすい言葉 …

【魂の1ページ】『ファブル』 | 言葉の現実があると、こーも重みが違うのですね。

2021/12/04(更新日: 2021/12/06) 【魂の1ページ】『ファブル』 | 言葉の現実があると、こーも重みが違うのですね。 こんにちは、サチヲです。 「おれがお前らを殺すぞ!!」漫画の世 …

【イケてる人】『内田舞』 | 美貌と人柄の良さを兼ね備えた日本が誇る天才がここに!!

2022/04/04(更新日: 2022/04/08) こんにちは、サチヲです。 最近、テレ東のYouTubeチャンネル『日経テレ東大学』((8) 日経テレ東大学 – YouTube)にハ …

【スバニュー(素晴らしいニュース)】 | 「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産に登録の見通しに

2021/05/28(更新日: 2021/05/29) こんにちは、サチヲです。新たなコーナーです。めでたくて明るい、素晴らしいニュースをお届けする略して『スバニュー』のお時間です。今回はこちら…。 …

情報の取捨選択について | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ

2021/04/18(更新日: 2021/04/25) こんにちは、、今回は『弘中勝』の常人ならざらぬ頭の中(考え方)を覗いてみようシリーズです。 あなたは、目の前の情報が「本当に自分にとって必要な情 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。