/>【目標設定のコツ】『自分を人に理解させること』 | 無意識のうちに囚われている。長い人生において労力の使い方とその考え方
ギターや音楽、美味しいご飯、マンガやアニメを幅広く発信中。 人生で得たスキルや知識、感動、経験のアウトプットブログです。

【目標設定のコツ】『自分を人に理解させること』 | 無意識のうちに囚われている。長い人生において労力の使い方とその考え方

★学び 考え方

こんばんは、サチヲです。

目標設定のコツと銘打っていますので、先に“今回”の答えを申し上げます。

  • 相手を理解する。分かってあげる。という内容の目標は入っているか!?

目的である“成りたい自分”の状態になるために、あなたは数々の目標を立てていると思います。
その中に、一つでもこのコツが入っていると『協力者』が出てきたり、『理解者』が出てきて達成速度が速まる場合があります。

では、何故そうなるのか?を、詳しく見ていきましょう。

スポンサードサーチ

☆★☆漫画全巻ドットコム☆★☆

【目標設定のコツ】『自分を人に理解させること』 | 無意識のうちに囚われている。長い人生において労力の使い方とその考え方について…

私は、この話を聞くまで気が付かなかったことがあります。
人生とまで大げさなことを言わなくても、1日を通して何に労力を使っているか!?を、あなたは考えたことはありますか?
それは……

  • 人は皆、自分のことを分かってくれ!分かってくれ!と思って生きている。

いったいどういう事でしょうか。
では、とある男性の1日を見ていきましょう。朝起きてから…

「間覚まし時計の音は、段々と大きくなって欲しいのに…このメーカーは分かってないなぁ」
「お味噌汁は、熱々でないと美味しくないのに…妻は分かってないなぁ」
「自転車は車道を走らないといけないのに…あの爺さん分かってないなぁ」
「電車では大きな声でしゃべっちゃいけないのに…あの学生は分かってないなぁ」
「朝の挨拶は下の者からした方がいいのに…あの新入社員は分かってないなぁ」
「ミスをしたときは素直に謝ればいいのに…あの上司は分かってないなぁ」
「ランチで食べに来ているのに、なんで10分も待たせるんだろう…あの飲食店は分かってないなぁ」
「サウナ室では歯を磨いてはいけないのに…錦糸町のサウナは分かってないし、怖ぇなぁ」
「お客様の駐車場に止めてはいけないのに…あのドライバーはやっぱり注意喚起のメールを読んでないし、分かってないなぁ」
「オレの意見が正しい!!って言っているのに、あの会社は分かってないなぁ」
「車寄せはココだって言っているのに、言うこと聞かねぇしムカつくなぁ」
「子どもがもう寝てるのに、旦那は帰るなりガチャガチャと洗い物をし始めたぞ…あいつはいつもうるさいし、子育てを分かってねぇなぁ」

という具合にあるんです。あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。私はめちゃくちゃあります。

正直こんな事を繰り返していたら…ウザイ人間になり兼ねないし、声に出して言っていたら…目標達成が早まると思いますか?

相手が何に価値を置いて考えているか。何を欲しているか。
相手が何を望んでいるか。何にお金を使っているとか。何に時間を使っているか。相手が何に労力を使っているか。
という姿勢を持つことで、相手の価値や考え方をある程度見極めることができる。

優先順位として『自分を分かってもらう』より、『相手を理解する』方が圧倒的に話が早くなるんです。

相手は『結果を大切』にしていると分かったのなら、「あの人は結果を早く知りたい人だから、この順序で話せば分かってくれるんだ!」といった具合になり、話が進みます。
あなたがもし『過程を大切』にしていて「この問題はこのような経緯があってこうなったのに…分かってないなぁ」で、拒絶していては話は進まないし、仕事にならないのです。

もちろん、あなたの『こだわり』は大切ですよ。ただ“全て”相手のことを受け入れろとは言いません。
一つでいいんです。相手の立場や歴史やこだわりを知ってからでも遅くはありません。

実のところ相手は何に価値を置いているかを知るための会話がほとんどだと思いませんか?

要するに、相手を理解するための項目・特徴を知ることによってどうなるのか。
もしかしたら、自分がアイデアを見出せるかもしれない。
もしかしたら、自分が手伝えるものがあるかもしれない。
もしかしたら、自分があげることができるかもしれない。

このような景色が見えたのなら、目標設定はいい感じかもしれません。

後はタイミングよく分かったものを、タイミング行動するだけです。

  • 人々が求めているものを満たすこと

自分だけではなく、人々への目標を達成させてあげているか?自分が達成しているか?
そして、初めて信頼される。

だから、目標達成の速度が速まるのです。

最後に

今回の『考え方』はいかがだったでしょうか。
他にもコツは色々とあるでしょう。試してみるのも一興です。

ではまた。