/> 【藤田和日郎】サンデー文化祭ONLINE2021より | 貴重な仕事場訪問!!
Written by Sachio Iinuma

【藤田和日郎】サンデー文化祭ONLINE2021より | 貴重な仕事場訪問!!

★独り言 イケてる人 マンガ

こんにちは、サチヲです。

私の大好きな藤田和日郎先生です。と言っても、実はそんなに作品を見ていないんですよね。もちろん『双亡亭壊すべし』は全巻読ませていただきました。それなのに好きなのです。それは、作品以上に先生のマンガに対しての向き合い方が好きなんです。プロの姿勢ともいうべき姿が好きなんです。

それが、細かく書いている本が『読者ハ読ムナ(笑)』という本ですね。
読者ハ読ムナ(笑): いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕) | 藤田 和日郎, 飯田 一史 |本 | 通販 | Amazon

私たちからでは普段見えない部分を、赤裸々に自分のスタイルを書いた本は、とても有り難いんです。
そんな、先生の仕事場を見ることが出来るYouTubeを見つけました!
https://youtu.be/QZnPrpa-njM

スポンサードサーチ

【藤田和日郎】サンデー文化祭ONLINE2021より | 貴重な仕事場訪問!!

オープニングトークで、先生にカメラが寄った時に、上の写真のような楽しそうな笑顔で、穏やかにこんなこと言うんですよ。

「はぁ…よく考えてみろよ。あの、今ね、マンガ描いたんだけど。その時に、こんなカメラがあって落ち着いてペン入れ出来るか!?すーーごい迷惑。だけど、来たんだったら仕方がないから諦めて、案内するね。」

え!?なにこの飴と鞭というか、言ってることは厳しいのに、終始笑顔で語りかけてくるんですよ。めちゃくちゃ好感度高いですよ。と言うか、コミュニケーション能力高すぎます。
続いて、自己紹介に入ります。

「どうも、漫画家の藤田和日郎です。どうぞ、ゆっくりしてってください。いや、ゆっくりしていくな。早く出て行けよ。じゃ、ペン入れすっからな。」

そう言ってスタートしました。

ここが!ここがあの有名な!『無口禁止!!』の藤田和日郎先生の仕事場か!

初めて見ましたが…現在は5人のアシスタント達と一緒に描いています。

全員の顔を見渡せる机の配置…こんなレイアウトだからこそ、コミュニケーションを取りながら出来るんですね。

しばらく、部屋の説明をした後に、質問形式で話が進んでいきます。わたしがのお気に入りの質問があります。

  1. 質問者が、「先生。この部屋にお気に入りのモノはありますか?」に対して、
    「えーと、なんだろ…」と、考えた後に、「原稿!コレ、目の前の原稿ですよ!」と藤田先生。
    続け様に、「後は、アシスタント達ですよね」と言った後に、アシスタント達が「おぉー」と。
    なんか、いい雰囲気ですよね。

そして、藤田先生は「お気に入りのものが無い!という状態が必要ですよ。」という言葉で締めました。

確かにそう思います。もちろん自宅で作業がはかどらないのは、自宅にはついつい遊んでしまう誘惑がたくさんありますからね。

藤田先生は、『原稿は目から書き始める』とのこと

それは、機動戦士ガンダムでおなじみの安彦 良和先生から、「目から描くのが、身体の位置とか決まって色々いいのではないか」と教えてもらったとのことでです。

それを守ってかれこれ何十年の藤田和日郎先生。。スゴイです。

何がいいって、『はい、ありがとうございます!』って撮影を終えた瞬間です!

アシスタント達がみんな笑顔になって、いつも雰囲気であろう空気が漂ったのが見れて良かった。まぁ、実はまだ撮っているんですけどね。

撮影が終わったと思った瞬間、隣のアシスタントが「テレビ慣れしてんなぁ」って笑顔で言ったら、先生が、「嫌な言い方すんなー!」って笑いが出てるんですよ。

本当に、厳しく、真剣で、ちゃんと遊び、しっかり学ぶ、素晴らしい環境だと思いました。

最後に

自分も現役としてマンガを描き続けて、更にアシスタントを漫画家として育成もする。
こんな人、そうそういませんからね。

藤田先生!次回作を期待しています。

ではまた。