★魂の1ページ

【魂の1ページ】『ルフィの矜持』 | 「だからなんだ!!!」そんな『やり方』にびびっている場合じゃない!

投稿日:2022年5月23日 更新日:

 

こんにちは、サチヲです。

突然ですが、自分が見たこともないやり方をして何かを達成した人を見た時って、「うわー!すげぇなぁー」と、思うことってありますよね。
もっと先にいくと、「自分には出来ないなぁ」と、びびってしまい動けなくなる時ってありませんか。

よー-く考えると、実はあなたがびっくりしたのは、その『びびったやり方』なだけで、他のやり方でやっても同じ結果を得られる場合もあることってありませんか?

例えば…
競馬で100万円当てました!に対しては…いや別に、普通に働いても100万円を稼げますよね。
ポルシェに乗って富士山に行きました!に対しては…いや別に、軽自動車でも行けるし、なんなら自転車でも行けますよね。
めちゃくちゃ金持ちで可愛くて性格もいい彼女が出来ました!に対しては…いや別に、愛し合えていたらそんなスペックは関係なく彼女は出来ますよね。

要するに、あなたにも『同じ結果』が手に入る可能性があるのに『やり方』にこだわるあまり手に入らない事が、あるのではないでしょうか。

100万円を手に入れるために、競馬に毎回投資して…結果が出ればいいのですが…結局100万円に届くどころか借金をしてしまう。
富士山に行くだけなら、はとバスのツアーでだって行けるのに…ポルシェにこだわるあまり、結果10年後に達成するという。
彼女のスペックを気にするあまり、結果、40歳になっても彼女ができなく…面倒くさいこだわりのある男になってしまうという。

で、やっと題名に繋がるんです。

【魂の1ページ】『ルフィの矜持』 | 「だからなんだ!!!」そんな『やり方』にびびっている場合じゃない!結果、アーロンを倒せばいいんだよ!!

それを教えてくれたのが、ルフィです。

アーロン自慢の『歯で』石を割るところを見た、まわりの輩たちはびびってしまい、魚人であるアーロンに恐怖しているところでした。
そんな時、ルフィは平然と『グーパンチ』で石を割って見せました。

ルフィも『やり方』にこだわり歯で石を割ろうとしていたら…やっている間にアーロンに殺されてますよ。

最後に

これが、ジョジョに次ぐ人生指定図書である『ワンピース』の良さでもありますよね。

ではまた。

-★魂の1ページ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【魂の1ページ】『共依存の的確な説明』 | さすが!松井優征先生!!小学生にも分かりやすく描けるのは…

2021/12/12(更新日: 2022/01/24) こんにちは、サチヲです。 少年ジャンプの読者層を確実に広げに来ている漢・ 松井優征にかかればこんなに簡単に世の中のコミュニケーションが学べます。 …

【魂の1ページ】『ハンターハンター』 | 鳥山明先生へのリスペクトがスゴい!

2022/03/08(更新日: 2022/03/10) 小さく、イス60㎏って書いてあるのがいいですよね。 こんにちは、サチヲです。 改めて、冨樫は鳥山明先生に対して、リスペクトしていると思う。それは …

【魂の1ページ】『五等分の花嫁』 | ラブコメなんでしょうけど安心して見てられるんです

2022/02/18(更新日: 2022/02/19) こんにちは、サチヲです。 本当に今更ながら、五等分の花嫁をアマプラで見て、最近単行本も見始めました。 これはこれで私は好きですよ!! 【魂の1ペ …

世界の縮図とは言いすぎか

世界の縮図とは言いすぎか

こんばんは、サチヲです。 またワンピースです。だって最近連載がとまって寂しいですからね。 さて、思っているのは私だけかもしれないが、ウォーターセブン編はとにかく、政治色が強い。 陰謀論といえばそれまで …

no image

モノの価値と価格の関係性…こち亀より

こんにちは、サチヲです。 秋本治さんの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、たまにめちゃくちゃ勉強になるお話があるんですよね。 しかも、難しいはなしを両津に説明して理解させることは至難の技なのに、今回の …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。