★音楽最高 バンドアーティストの感動(洋楽)

そうだ!METALLICAの話をしよう!!no,2

投稿日:2020年10月24日 更新日:

こんばんはサチヲです。

1983年の1stアルバム『KILL ‘em ALL(キル エム オール)』からの、メンバー紹介の続きを聞いてください。

◎カークハメット

→リードギターを担当

ソロのほとんどを弾いています。

『スラッシュメタルのギターなんてめちゃくちゃ早く弾けばいいんでしょ』と思われがちな今日この頃、しかし驚くなかれ。

カークのソロを弾けるようになったら…なんと!!自然とソロが弾けるようになります

その最大の理由として、『結構、理論的でアカデミックなギターをやっている』に尽きます。

比較としてマーティフリードマン(元メガデス)の場合、ソロは超変態フレーズでほぼ手くせで弾いている(大体のギターリストはこんなもの)コピーしたらマーティ風になってしまうんですよ。

ギターキッズよ。カークは今後のギター人生で必ず役にたちますよ。

◎クリフ・バートン

→ベース担当

メタリカメンバーのみんなに愛されているクリフバートン。

この頃のバンドでは珍しくライブを含めベースソロが多くのこされていることからも、メンバーからの信頼があったといえます。

しかしながら、スウェーデンのツアー中におきたバスの事故で24歳という若さで他界しました。

メタリカへの楽曲貢献はもちろんのこと骨太のベースで初期メタリカサウンドを作り上げたことは言うまでもありません。

◎ラーズ・ウルリッヒ

→ドラム担当

しっかり者のラーズさんのドラムは正確無比なことはもちろんのこと、手数がすくないのに、しっかりメタルのドラムとして成立しているのがスゴイ。

不必要なたタムまわしなんてしない。ツーバスも多くない。少ない音数でここまでひろげながらも、重厚なサウンドを支えているのはラーズのドラムのおかげ。

ちなみに、手数が少ないからといって簡単なわけではありませんよー。

はい。

前回紹介したジェイムスを含む、この4人で『METALLICA』スタートをきりました。

ここで一段落ということで1stアルバムから『ウィプラッシュ』という曲を紹介します。

ザ・フォー・ホースメンやシーク・アンド・デストロイを紹介すると思いましたよね?

いやいや、この曲の良さはライブでこそ発揮します。しかも若さと鋭さが分かりやすく表現された曲なので必聴です。

https://youtu.be/fEMTKRKA4mM

次に紹介する時は次期ベーシスト達とムスティン様の話をしないといけませんね。

ではまた。

 

-★音楽最高, バンドアーティストの感動(洋楽)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【美波】ホロネス |みなさま、美波というシンガーソングライターを推させていただきます。

2021/03/28(更新日: 2021/04/07) こんにちは、サチヲです。お待たせいたしました。ついに『ホロネス』の音源ができました。 はじめにお断りをいたします。浜辺美波ではありませんよ。世界 …

『TRiDENT』exガールズロックバンド革命 | このガールズバンドの音が心地よい

『TRiDENT』exガールズロックバンド革命 | このガールズバンドの音が心地よい

こんにちは、サチヲです。 現在の正式メンバー SERINA (Ba.Cho)左側 ASAKA (Vo.Gt)真ん中 NAGISA (Dr)右側 『TRiDENT』exガールズロックバンド革命 | この …

迷ったら、この1枚を聴けッ!#3 | 『群青インフィニティ』東山奈央という声優を知れば知るほど…

2021/06/23(更新日: 2021/06/23) これで29歳という…信じられない歳のとり方です。 こんにちは、サチヲです。 現在、求人数より求職者数が多い「人が余っている状態」である声優業界は …

LOUDNESSを語る前にLAZYでしょ | 高崎晃と樋口宗孝の苦悩の先に生まれたモノ

こんにちは、サチヲです。 1981年発売の1stアルバム『THE BIRTHDAY EVE 〜誕生前夜〜』の頃。 これ部屋に飾っていたな。サイコー!!   左から、樋口宗孝。高崎晃。二井原実 …

『May’n』という歌姫でもあり部長でもある | May’nの『言葉(考え方)』をまとめました。※常にアップデートしていきます

2021/03/03(更新日: 2021/03/15) 2008年人気テレビアニメ「マクロスF」にて“銀河の妖精”歌姫シェリル・ノームの歌を担当し、大ブレイクしました。 本当に『歌が好き』という想いを …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。