★本の紹介 イケてるマンガ

ファブル 2部(マンガ)はまだなのか | 映画の『ファブル 第2章 殺さない殺し屋』はやりますけどね。

投稿日:2021年1月30日 更新日:

こんばんは、サチヲです。

ファブル 2部(マンガ)はまだなのか | 映画の『ファブル 第2章 殺さない殺し屋』はやりますけどね。

ファブル 2部(マンガ)はままだなのか

ファブルとはあだ名で、その名の通り『寓話』の世界と思わせるくらい謎に包まれている殺し屋の組織がある。その名もなき組織に所属しているのが、「プロとして…」と言われちゃうとなんでもやっちゃう超猫舌、指でトントン全集中お兄さんこと、佐藤明(偽名)です。

佐藤の特徴

身体能力。精神力。何より驚異的にカンがいい。

暗殺にオリンピックがもしあれば金メダルだろう。と同業者からも絶賛される、殺しの天才。

同業である殺し屋たちは、今までの地位やお金を全て投げ捨て、綿密に計画を立て、10回戦って10回勝てるところまで昇華させなければ勝てないと思わせるほどの男。ちなみにそこまでやっても、もちろんそれでも勝てません。

そう。このマンガの面白さは『殺し屋vs殺し屋』の構図になるんです。

しかも、相手の殺し屋がアホだったり、無能という訳でもないんです。『敵の魅力が肝心要の命』と言われるくらい個性あふれる敵が多数でてきます。

そして、このマンガの殺し屋たちは無差別にKOROしてる訳ではなく、それぞれのこだわり、ルールで動いているのがまたいい。

特にファブルである佐藤のルールも単純明快でカッコいいですよ。

その殺し屋たちが、「ここまで準備したらいくらファブルでも…」と思えるくらい周到に用意する。

実際の対決はというと現実味(戦いが短いという意味)溢れる描写と、誇張し過ぎない演出。

そう、このファブルには『淡々とした』怖さがある。

そこまで準備をしたのに、ファブルは顔色ひとつ崩さないで、まるで散歩してるかのごとく次々とトラップをかわし、相手を行動不能(ボスに1年間KOROし禁止命令を受けたため)まで追い詰める。

この追い詰め方がスマートなんです。無駄な動きや必殺技を声に出してるわけでもなく、目の前の危機に対して淡々と進む姿に、きっと誰もが度肝を抜くであろう。というか度肝を抜いて欲しいです。

ファブルの戦いは、想像以上の想像以上が見れます。

その想像以上の行動を淡々とこなしていく姿を見たくて、私、単行本3週目に入ってますからね。

ちなみに、映画のファブルはそんな淡々ではなく、しっかり派手にエンターテイメントとして描かれてはいますが、それはそれで面白かった。
いや本当に、ちゃんと楽しませていただきました。

他の映画で言うと、『ジョン・ウィック』と似た部分があります。
キアヌ・リーヴス演じるジョン・ウィックの特徴といえばこちら。

1.武器は最小限(メインアーム、サブアームとナイフだけ)で1発(ヘッドショットか心臓)で必ず仕留める

2.しっかりトドメをさす(ヘッドショットか心臓)

3.主人公が騒がない

4.肉弾戦も強い

5.全体的に華やかさが無い(他のハリウッド映画に比べると)

結構ありましたね。このようなものが佐藤とジョンウィックの共通点です。

ちなみに、佐藤の4番の場合は、攻撃に対して攻撃で対処する。防御や避ける動作は無し。よって肉弾戦は1人6秒で終わるという。

先ずは、あなたにファブルの単行本を読んで欲しいです。

なぜ単行本かと言うと、週刊ヤングマガジンで連載をしていましたが2019.11.18で1部の連載が終わりました。今は連載休止の状態です。陳腐で使い古された言葉ですがあえて!必ずパワーアップして戻ってきます。そして、今なら週間連載に追いつけます。

連載再開の裏付ける情報がTwitterで、マンガ編集部の人が流してくれました。

Twitterにて。タカサ兄さん(マンガ編集者)という人、が南先生の言葉を載せていただきました。貴重なネームの写真まで!それがこちら。

良かった!そしてスゴイ!さらに感動しました!!!

マンガもそうですが、合わせて映画の続編も楽しみです。

堤真一がウツボ役なんです。『SP』以来の悪役でしょうか。堤真一の変態演技(めちゃくちゃ褒めています)本当に映画がたのしみです。

気になる映画情報はこちらからどうぞ。

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式サイト|近日公開 (the-fable-movie.jp)

ではまた。

-★本の紹介, イケてるマンガ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ワンピース】ゾロの考え方 | 脳が筋肉で出来ていると思いきや、しっかりとチーム戦略を…

2021/07/24(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 細かい説明は特にしませんが、要するに『予定と全く違うことが複数起きて、早急に手を打たないと取り返しのつかない状況』です …

あなたは『ウルド 浩太郎』を知っているか? | 行動力と準備力がモノをいう。才能では決してない。原動力は好奇心。

2021/04/22(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 『バッタを倒しにアフリカへ 』ウルド 浩太郎 著の本を紹介します。 つくづく、日本人の底力を感じさせてくれます。その人 …

【イケてる本】1秒でつかむ 高橋弘樹著 | 人が『ハマる』状態になるのは明確な理由と仕掛けがある

2021/06/08(更新日: 2021/06/15) こんにちは、サチヲです。 今回は、プレゼンでの成果、自己プロデュース、人に読んでもらう見てもらう、と言ったことを向上したい人にピッタリです。 『 …

【ワンピース】ゾロは何を思うのか | ルフィとのはじめての邂逅のことを…

2021/07/19(更新日: 2021/07/20) こんにちは、サチヲです。 なんか…やっぱりワンピースは人生指定図書のひとつに選ばれる数少ないマンガだと、つくづく思います。 今回は、お玉ちゃんの …

【ワンピース】ビビ、レベッカ、しらほし | ルフィ達の軌跡がわかる奇跡のコラボレーション

2021/07/17(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 アラバスタ王国のビビと、ドレスローザ王国のレベッカの2人が出会い、そしてルフィの話をしているだけで胸熱なのに… 【ワン …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。