★独り言 ★魂の1ページ 雑記

引っ込みThe Anの人でもできるカッコいい自己紹介の仕方とは?

投稿日:2020年12月16日 更新日:

引っ込みThe Anの人でもできるカッコいい自己紹介の仕方とは?

『サチヲ。。 飯沼サチヲ。』

コレです。もうコレが答えです。

そして、どういう人に、どのような状況で使うのか??

・内気な私だけど、初めて会う好きな人に強い印象を残したい

・自分から行動するのは苦手なのに、急に自己紹介をするハメになった

・消極的な私だけど、どんな時でもカッコよく見られたい。思われたい。好きになってもらいたい

 

そんな引っ込みThe Anの人でもできるカッコいい自己紹介の仕方をひとつ紹介します。

 

1、最初に自分の『名前』だけを言う

→力強く言わないで、サラッと言う。

→『名前』の後に『です』とか付けない。『名前』のみを言い放つ。

2、次に『フルネーム』だけを言う

→最低でも1秒、できれば2秒『間』をとってからフルネームを言うこと。

→しっかり相手を見ながら、少しだけ声を張って言う。

以上です。

では、あなたも実際にやってみましょう!

先ずは、あなたの名前を言う。。。はい!

そしてフルネーム!!  そう!

…そう!!ジョセフ・ジョースターのようにッッッ!!!!!

「めちゃくちゃカッコいいーーーぜ!!」

なにもここまで筋骨隆々にしなくても良いが、『正義』の輝きの中にあるという『黄金の精神』というのを、内面からアピールするのを忘れないでください。

ここからは、もっと上級者向けの自己紹介です。

「え!?ジョジョで落としたのにまだやるのか!?」という声が聞こえてきそうですが、『黄金の精神』を持っている私には全く問題はありません。

1、最初に自分の『名前』だけを言うところのポイントを2つ追加します。

→名前の前に小さく「あっ」を入れてください。聞こえるか聞こえないかギリギリの大きさです。

→「あー、今おれを呼んでいたの?」的な、「あー、次はおれの番ね」的な心構えで『気づき言葉』を小さく入れてください

2、次に『フルネーム』を言うところにもポイントを2つ追加します。

→『間』をためている時には目線を下に向けてください。その時はちゃんと地面まで見るくらい下げてください。

→フルネームを言いながら目線を相手にもどす。(重要)

以上です。

最後にまとめてみましょう。

『あっ。サチヲ』

→直ぐに下を向く(相手は「え!?どうしたの?何がはじまるの??」となります)

→2秒ためる

→顔と目線を上げながら…

『飯沼サチヲ』

→相手のことをよく見ながら、内側から『黄金の精神』をかもしだす。(かもしだした時点で相手はもう恋に落ちています)

以上です。

急なパーティーや会食、お楽しみ会などで使ってくれるとうれしいです。

……たまには、こんな中学生みたいなことを書いてみたくなりました。ここまで読んでくれてありがとうございます(^^)

ではまた。

-★独り言, ★魂の1ページ, 雑記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

似た言葉をつかうムズカシサ | 「公平(機会平等)」と「平等(結果平等)」の素晴らしい説明

2021/05/24(更新日: 2021/05/25) こんにちは、サチヲです。 今回は、2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビューした作家『橘玲』さんの言葉です。 似た言葉をつかうムズ …

【ハンターハンター】話しかけんなオーラってなんだってばよ。

【ハンターハンター】話しかけんなオーラってなんだってばよ。

こんばんは、サチヲです。   まさか、人生指定図書である『ハンターハンター』の1発目がこのコマからスタートするとは思ってもみませんでしたが、気にいってる一コマなのでお付き合いください。 ハン …

報告と連絡について | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ#3

2021/05/08(更新日: 2021/05/11) こんにちは、サチヲです。 来ました、弘中勝の考え方を学ぶ時間がきました。 報告と連絡について | 弘中勝というイケてる経営者の頭の中シリーズ 氏 …

『心』が軽くなって、ついでに『行動』までもが軽くなる、べんりな言葉『思った時が適齢期』ってなに??

こんばんは、サチヲです。 『心』が軽くなって、ついでに『行動』までもが軽くなる、べんりな言葉『思った時が適齢期』ってなに??   あの時やっておけばよかったな、、、でも今からやるのは遅いよね …

【ルフィ】主人公補正 | ある意味『絶対に死なない』的な感じで安心して読んでいましたが…

2021/04/26(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 いつも思いますが、扉絵のカラーページはいったい尾田栄一郎氏はいつ書いているのでしょうか。 私、気になります。 【ルフィ …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。