/> 弘中勝・イケてる経営者の頭の中#18『企画力』 | 不足を感じた時、それを活用するような 発想力が…
Written by Sachio Iinuma

弘中勝・イケてる経営者の頭の中#18『企画力』 | 不足を感じた時、それを活用するような 発想力が…

★学び 弘中勝

こんにちは、サチヲです。

私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが… 自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、理論的、合理的な行動する。そして、言葉は分かりやすいのですがオブラートに包まないでハッキリとモノを言い、冷静沈着で超絶現実主義者。

なによりも、『企画力』にフォーカスした仕事をしている『弘中勝』。そんなイケてる人を知ってほしくて、無理やり共有させていただく時間がやってきました。
こんな考え方もあるんだぁー的な感じで、軽く聞いてくれると嬉しいです。

でも、少しでもあなたのお役に立てたら、もっと嬉しいです。 では…

スポンサードサーチ

弘中勝・イケてる経営者の頭の中#18『企画力』 | 不足を感じた時、それを活用するような 発想力が…

先ずは、発想力の天才・弘中勝氏のお話がコチラです。曰く…。

事業や企画に「あれがない」「これが足りない」と不足が起こるのは、日常茶飯事である。

人がいない、お金がない、場所がない、派手さがない、などなど不足が起きた場合には、不足を呪うより、「ではそれを補うための魅力をどう作るか」ということを考えなければならない。

音楽であればオーケストラのように人が揃わなくても、数人でまたは一人でも演奏ができるように、不足があれば別のやり方で魅力が作れるものだ。

例えばYouTubeを始めたいけれども共演者がいない、撮影者がいない、編集担当がいない、という時には、自分一人でも誰も出なくても成立する構成を作り、撮影は自分のスマホで撮ってみて、編集の必要のないノーカットの企画にすることもできる。

不足の状態を生かして「いいね」と言ってもらえる、という状況を生み出すのが、企画力である。

不足をうまく利用すれば、逆にシンプルに削ぎ落とした魅力が生まれる。

不足を感じた時には、それを活用するような発想力を発揮したいものである。

さて、いかがだったでしょうか。

毎回学ぶべき『姿勢』というのが、あるのではないでしょうか。

この手の話は、「いや、言ってることは分かるし、めちゃくちゃ正論だと思うけど…実際問題、そう簡単に上手くいかないし、出来ないよー!」という、声が聞こえてきそうです。かく言う私もそう思います。

だって、そうですよね。『ソレ』が出来ないから、いつまで経っても前に進めないし、悩みに悩んで行動が止まってしまうんですよ。

でも。でもですよ。その『悩み』を『考える』に変えてみてはいかがでしょうか。

考えて、考えて、考え抜いて…。そうすると弘中氏が言うように、不足という『マイナス面』ではなく、じゃどうするか!?という『プラスの方向』に目と身体を向けることが出来るのではないでしょうか。

悩みは成長するために必要なこともありますが…ある意味、あなたの行動を止めてしまうこともあります。

そもそも、不足なんてあって当たり前だと思いませんか!?なんでも足りていたら、人生何でも叶えることが出来るし、逆につまらないと思います。

だからこそ、『無い・足りない・見えない』ことで思考停止になるのではなく、考えるキッカケにしたいです。

その『考え方』を学ぶ材料として、『弘中勝メールマガジン』(ビジネス発想源 (mag2.com))があるんですよね。

最後に

私自身、忘れないようにしたいものです。
そして男女関係なく、お互いに助け合えるパートナーがいると心強いと思います。

ではまた。

前回はこちら。
弘中勝・イケてる経営者の頭の中#17『叱り方のコツ』 | 本当に怖い人とは… | サチヲん家 (sachiway.net)