★独り言 イケてる言葉

弘中勝・イケてる経営者の頭の中#24『情報力を上げる方法』 | 知っているものを、もう一度知ってみる

投稿日:2022年1月11日 更新日:

今回の要点は…『知っているものを、もう一度知ってみる』というのは、情報力を高める基本的な意識なのである。ということです。

では、詳細が気になる方は先を読み進めてくださいませ。

こんにちは、サチヲです。

私が勝手に感じているイメージで申し訳ないのですが… 自己啓発的なフワフワしたものを嫌い、感情論ではなく、理論的に行動する。そして、言葉は分かりやすいのですがオブラートに包まないでハッキリとモノを言い、冷静沈着で超絶現実主義者。

なによりも、『発想力』にフォーカスした仕事をしている『弘中勝』。そんなイケてる人を知ってほしくて、無理やり共有させていただく時間がやってきました。
こんな考え方もあるんだぁー的な感じで、軽く聞いてくれると嬉しいです。

でも、少しでもあなたのお役に立てたら、もっと嬉しいです。 では…

弘中勝・イケてる経営者の頭の中#24『情報力を上げる方法』 | 知っているものを、もう一度知ってみる

もうこれが、弘中勝氏の答えです。何にも難しいことはありません。あなたの知っている情報を、改めて『もう一度知ってみる』事です。

ここはもちろん、エピソード力の抜群の弘中勝です。では、聞いてみましょう。

お店に行くとよく、「当店へのご来店は初めてでしょうか?」「当店の注文の仕方はご存知でしょうか?」といったことを最初に聞かれることが多い。
特に最近ではタッチパネルでの注文方法になり、以前とは変わったので戸惑う人も多いから、最初にきちんと丁寧に説明してくれる。

でもすでに知っている人はその説明をスキップできるように、「初めてですか?」「ご存知ですか?」を確認する。
私はなんでも時間を短縮したいタイプの人間だが、実を言うとこの最初の説明は、すでに来たことがあって知っていたとしても「初めてです」と答えてスキップしない。

最初の説明を何度も聞きたいからだ。

「なぜ知っていることを、また聞くのだ」と不思議に思う人がいるかもしれないが、私は常に「知っているつもりかもしれない」という意識を持っていて、再確認をしておきたいのだ。
前回聞き逃したことや忘れてしまったこともあるかもしれないし、店員さんが違っていれば、「こういう伝え方もあるのか」ということを改めて発見することもできる。

また意外に、知っていることを改めて教わると、前回には疑問にも思っていなかったことが、今回は疑問として湧いてくることもある。

例えば、タッチパネルの注文の仕方であれば、初めてだった前回は「食べ物の注文の仕方」だけを聞き漏らさないようにしていたけれど、2回目は「お皿を下げて欲しい時もこれで呼ぶんですか?」みたいな別のことに気がつくかもしれない。

どんな店員でもマニュアル通りに毎回同じことを説明しているのだとしても、毎回感じることや気づくことは異なるので、いいのである。

例えばスーパー銭湯のような施設に行った時に、注意事項の紙を毎回渡されるとする。2回目以降はもう分かっているわけだから、「こんなの渡さなくたっていいのに」と思ってしまう。
しかし、よく読んでみると、「え、これ禁止事項だったの?」とか「え、あそこで両替ができるの?」といった新しいことに気づくことが結構ある。

そして、常連になって全てを理解したとしても、やっぱり読んでみると、「ああ、この表現は分かりやすいなあ」「このフォントでのデザインはいいなあ」といった、自社の仕事に役立てるところも、
毎回何かしら見つかるものだ。

相変わらず、説明が分かりやすいです。最初は、知らなかった情報が増えたり、新しい方法を知ったりといったところから、最終的には『表現方法やフォントンデザイン』を学ぶという、どこまでも貪欲で、どこまでもプラス思考で、どこまでも結果、合理的にしてしまう。無駄な時間にもしないし、タダじゃ死なん!という気概を感じますよね。

でも、これって…結構『普遍的』なことではありませんか?

私の尊敬する人が、「本を読むときは7回読み返してください」と言っていました。
私の友達は、「お店から一度まずい料理を出されても、改めてもう一度食べに行って確認する」と言っていました。

私、初めて聞いた時「え!?一度読んだらもういいよね?」、「よくさ、まっずい店にもう一度行く気になるよね!?」と、当然思いましたし、言いました。

そうすると尊敬する人は「人はその時に見たいものしか見ない。一度だけではその本の真意は伝わらない」と言い…
そうすると私の友達は「その時は調子が悪かったかもしれないし、たまたままずかったかもしれないし、たまたま…」と、もう止まりませんでした。

そうなんです。その二人は『しっかりとした情報を読者に伝えたかったんです』、『自分の中でお店の情報力を上げたかったんです』。
二人とも、情報の精度を疑い、同時にめちゃくちゃ情報の可能性に信じていたんです!

弘中氏曰く…「繰り返してみて、やっと深い情報が得られる」ということです。

更に、弘中氏の真骨頂、輩に対して容赦なくディスる言葉をそえて終わりたいと思います。
1回の情報収集で終わりにしている輩に対して…

『そういう一発勝負しかしていない評論家気取りは、評論をするほどの眼を持っていない。』

はい、バッサリです。
ではまた。

前回はこちら。

-★独り言, イケてる言葉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

DJあおいって何者なん!?シリーズ#5 | 『SNS内の不謹慎厨』心身ともに健康に過ごすには…!?

2021/06/01(更新日: 2021/06/15) こんにちは、サチヲです。 正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。 …

no image

独り言。。ブログ、連日更新の心構え。

こんにちは、サチヲです。 昨日の内容をそのまま自分に何度も言い聞かせています。 だって自分が全くできていないし、捨てることができていない。 分かっていても『完璧さを捨てろ』というが実際にやるのは本当に …

【詐欺師】 | こんな3つの特徴が見えてきたらその場からダッシュで逃げましょう

2021/07/31(更新日: 2021/08/01) こんにちは、サチヲです。 現在はコロナ禍ということで、どうやら詐欺被害は少なくなっているようです。 でも、それは詐欺にかかる人が出歩かなくなった …

【イケてる格言】ありのままの自分でいなさい。そして、自分が感じたことを言いなさい。それを…

2021/09/24(更新日: 2021/09/26) こんにちは、サチヲです。 いわゆる格言とは『タイミング』です。 格言というのは万能ではありません。いつ、どのような時に読むかで効果が変わる気まぐ …

DJあおいって何者なん?#20『しつけ』 | 子どもに対して『いい関係』を築くことが出来る考え方とは?

2022/01/09(更新日: 2022/01/09) それは、曰く… 『しつけ』という言葉が若干上から目線で、私はあまり好きではないんですよね それでも敢えて『しつけ』という言葉を使うのなら、しつけ …

最近のコメント


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。