/> 【ワンピース】魂の1ページ | モンキー・D・ルフィという漢の矜持と優先順位はいつも…
Written by Sachio Iinuma

【ワンピース】魂の1ページ | モンキー・D・ルフィという漢の矜持と優先順位はいつも…

★布教 魂の1ページ

こんにちは、サチヲです。
さぁ、私の人生指定図書のひとつ『ワンピース』です。

【ワンピース】魂の1ページ | モンキー・D・ルフィという漢の矜持と優先順位はいつも明確なんです!!

ワンピース 魂の1ページ | モンキー・D・ルフィという漢

集英社 作者 尾田栄一郎

自分の言葉と行動で、定期的に周りに迷惑をかけているのになんら悪びれない強靭な精神力を持った海賊といえば、そう、『海賊王になるって言ったらなるだゴム人間』ことルフィです。

ルフィの特徴として、『ルフィから発せられた言葉は裏がなく全て本当に思っていること』というのがあります。

漫画によくある、キャラが喋ってる実線の吹き出しの裏で、実はこー思ってるんだよー的なことってありますよね。

もちろん実社会でも、言葉とは裏腹にという感じでありますよね。
ルフィには『それ』が無いんです。

このタイミングでそれを言ったら話が拗れるのに、嫌いな人には『おまえ、嫌いだ』と。

このタイミングでそれを言ったら余計な戦いが始まってしまうのに、むかつく人には『おまえむかつくな』と。

敵やこれからも絶対に仲間にならないような人が、良いことをしたら『おまえ、いいやつだな』と。

これは著者である尾田栄一郎も仰っている事なのでオフィシャルな設定と認識してかまいません。これが数ある中の『魅力』のひとつなんです。

それを踏まえたうえでの、先程の1ページを見てください。

計画では、『目の前の敵』とその先にいる『強大な敵』を相討ちにさせる。
だから目の前の敵を倒してしまうと、将来倒したい強大な敵に目をつけられて直接ルフィ達が戦うことになる。

それなのに、この国で数々の惨状を見てしまったら『見逃す』ことなんて到底無理。
だからこそ出た言葉。

「今 おれが止まってどうすんだ!!!」

特筆すべきは、3コマ目のゾロが刀を『カチャ』っと光らせ、戦闘態勢に入ったところですね。
ルフィが勝手に方向転換したにもかかわらず、ゾロがしっかり船長の意向を理解し『目の前の敵』に標準を定めた瞬間ですね。

いやはや、盛り上げ上手!

ではまた。