/> DJあおいって何者なん!?#21『倦怠期』 | 一度はある、倦怠期を乗り越える最善策のひとつがコチラ
Written by Sachio Iinuma

DJあおいって何者なん!?#21『倦怠期』 | 一度はある、倦怠期を乗り越える最善策のひとつがコチラ

DJあおい ★学び

こんにちは、サチヲです。

正真正銘、謎の主婦『DJあおい』。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人という肩書。
そんな愛の伝道師、DJあおいに心をグッと動かされた言葉がコチラです。

男性は女性をいつまでも女性として扱い
女性はいつまでも女性として扱ってもらえるような女性であり続けることが
倦怠期を乗り越える最善策かもしれませんね

スポンサードサーチ

DJあおいって何者なん!?#21『倦怠期』 | 一度はある、倦怠期を乗り越える最善策のひとつがコチラ

倦怠期は、なんかイヤだなぁと感じる人もいるし、倦怠期は別にどうってことないと思う人など、色々な感じ方がありますよね。
私自身は、むしろ倦怠期を目指していたところもあります。それは早く落ち着いた関係に憧れているところがあったのかもしれません。

特に、というか全く疑問にも思わなかったのですが、DJあおいが明確な答えを用意してくれました。

男は女にいつまでも変わってほしくないと願う生き物であり
女は男にいつまでも変わり続けてほしいと願う生き物であり

だから男は倦怠期の中で安心を感じ
だから女は倦怠期の中で不安を感じる

と言うんですけどね
傾向としては女性より男性の方が倦怠期に強いんですよ

男性からしたら倦怠期というよりも安定期としてそれを認識し
その安定に安心感を感じるケースが多いようです

一方女性は男性の感じる安心感からえもいわれぬ不安を感じ取ってしまうんですね

その不安とは
女性として見られていないんじゃないかという不信感なんですが

女性として見られていないことに不満を感じ
どうせ女性として見られていないんだからと
行動や言動から女性らしさがなくなってしまう人も多くいます

また女性としてちゃんと扱ってくれる男性と浮気をしてしまう人も少なくありませんね

女はいい男よりも
いい女だと思わせてくれる男に惚れやすい

なんて言いますから
男性は女性をいつまでも女性として扱い
女性はいつまでも女性として扱ってもらえるような女性であり続けること
倦怠期を乗り越える最善策かもしれませんね

だからか!ですよ。私が倦怠期を目指していた理由は『安定期』と感じていたからなんですね。
ただ…それが女性にとってはマイナスになっていることは知りませんでした。
ついでに不倫に走るメカニズムも知りませんでした。まぁ、実際はコレに関係なく男性も特に女性も変わらないと思いますが…。

さて、あなたはいかがでしょうか。

漠然とイヤだなぁと感じるよりも、その気持ちの正体が分かった方が、多少楽になるのではないでしょうか。
しかも、『女性として見てほしい』と直接伝えることも出来るし、そうなるように自分を変えることも出来るようになります。

最後に

行動や言葉を使ったコミュニケーションを学ぶには、恋愛がいちばん勉強になると思っています。
あの、『英語を手っ取り早く覚えるには、その国の人と付き合うこと』と一緒ですね。(相手は日本語が喋れない事が前提です)

なんせ、確実に自分事としてとらえられるし、直接リアクションが返ってくるのは学びの連続だと思います。
そうやって、その人のことをどんどん知ることにより、お互いがもっと笑顔になるのではないでしょうか。

…とはいえ。そううまくいかないのが現実ですがね。
まだまだ、これからです。

前回はこちら。
DJあおいって何者なん?#20『しつけ』 | 子どもに対して『いい関係』を築くことが出来る考え方とは? | サチヲん家 (sachiway.net)