★本の紹介 イケてるマンガ

HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #12 | 【異常性】ゴンの常軌を逸した行動力はもはや…

投稿日:2021年10月24日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

2018年11月26日から現在まで、冨樫 義博史上最長の連載休載期間を更新中です。
連載再開の願いを込めて、1巻から読み直します。 この世にはこんな素晴らしいマンガがあるんだ! ということを、ただただ紹介させていただくシリーズです。

完全に私の感覚と好み… 要するに主観だけで構成されているのと、完全にネタバレを含む変態ブログと化しているので、肌に合わない方はそっと閉じてくださいませ。。

ゴンの特徴の他に、今回は、そこまでの話の流れ、展開の起承転結がキャラクターの特性も相まってドラマティックなんですよ。

映画『SAW(ソウ)』のような、よくある『シチュエーションムービー』的に、楽しめると思います。
普通にページを載せるのでお楽しみください。では。。

先ずは、状況説明です。『絵』だけでキャラの位置関係や状況を説明する、コマ割がいいですよね。

右から、バーボンは目を開けているが死んでいる。ポンズは全てを諦め逆に落ち着いている。ゴンは状況が分からない…。レオリオは蛇の毒にやられている。クラピカは冷静に状況判断をしようとしている。そして、蛇ちゃん元気。

HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #12 | 【異常性】ゴンの常軌を逸した行動力はもはや…主人公とは思えないほどの狂気をはらんでいる

ポンズを説明キャラにしながらも、クラピカの状況判断と博識さが際立つ、これも戦いのひとつです。

そろそろ、ゴンをフィーチャーしないとですよね。主人公であるゴンは、素直で真面目で、努力を惜しまず、曲がったことが大嫌いな少年誌を代表するキラキラな主人公です。

しかし、注意してほしいことがあります。ゴンの行動や考え方は、一般常識から照らし合わせた行動ではないのです。自分が感じたことが基準であり、全ての指針なんです。
どういうことかと言いますと、『どんなに悪党に対してでも、自分がリスペクトをしたら認める・どんなに悪ことでも自分が魅力を感じたらやる』という、危うさがある主人公なんですよね。

そこには、もちろんゴンなりの打算があります。それは、根本が『自分』なので、他人が『絶対にやらないし、考えても実際の行動なんて出来ない』ようなことも、自分が「イケる!」と思ったことは、躊躇しないで行動することが出来る。だからこそ、最終的に『あの、ゴンさん』に繋がるんですけどね。

また、冨樫の話になるが、ゴンは当初から『少し危ないヤツ』な感じにちゃんと描いているんですよね。
クラピカとレオリオが大嵐の中、船上で決闘していた時も、ゴンは躊躇せずに海へ投げ出された船員を助けに海へ飛び込みましたからね。

みんな大好き『ポンズ』の登場ですよー。次は、バーボンとポンズの攻防戦を描き、直接の物理攻撃ではない、能力バトルの面白さを描いています。共に生き物を使った能力で、まだ現実的な感じで面白いところですよね。 また、蜂の羽を通して、ポンズの姿を描く冨樫義弘のセンスは凄すぎです。これはカッコいい!!

今回はハンター試験の『狩るもの・狩られるもの』からエピソードです

さぁ、怒涛の説明シーンです。もうこれくらいは慣れてきましたよね!?

さて、見事なシチュエーションストーリーも佳境です。全ての材料がテーブルの上に乗りましたね!

さぁ、選択の時です。

2ページ目のクラピカとゴンが見合うコマ。背景を黒塗りにすることにより深刻さが増し、言葉ではなく意思疎通のみで展開する。。

後は、行動するか、しないかです。

いやいや…ゴンは、この数の毒蛇に噛まれながら、とあるモノを探すんです!探し続けるんです。どう見ても一瞬ではありません。ごそごそとしばらく探すんです。
いいですか。この、ゴソゴソ中もガブガブやられ続けていますからね。

そこまでして、欲しいものとは、解毒剤です。

クラピカは『度胸』と言っていますが、常人で考えられない選択肢を選び、行動する。平然とやってのける精神力。
もはや、言葉選ばないで言えば…狂っていますよね。

まだ、最初なので軽く描いていますが、どんどんゴンの異常性の成長が見られるのもハンターハンターの面白いところです。

最後に

どうか。どうか。今年中に連載再開を!連載再開を切に願います。。

ではまた。

次回はコチラ。
【ハンターハンター】#13『連載再開祈願!!』 | キルア大好き人間、あつまれーーーー!!! | サチヲん家 (sachiway.net)

前回はこちら。
HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #11 | 【選択肢】ジンテーゼという選択肢の存在を… | サチヲん家 (sachiway.net)

-★本の紹介, イケてるマンガ
-, , , ,

執筆者:


  1. […] 前回はこちら。 HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #12 | 【異常性】ゴンの常軌を逸した行動力はもはや… | サチヲん家 (sachiway.net) […]

  2. […] 前回はコチラ。 HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #12 | 【異常性】ゴンの常軌を逸した行動力はもはや… | サチヲん家 (sachiway.net) […]

  3. […] 次回はこちら。 HUNTER×HUNTER 連載再開祈願 #12 | 【異常性】ゴンの常軌を逸した行動力はもはや… | サチヲん家 (sachiway.net) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【イケてる漫画】『ハチワンダイバー』 | 柴田ヨクサルが描く、奥深き将棋の世界を、単純明快にする技が…

2021/12/16(更新日: 2021/12/24) え!?なんと溝端淳平主演で、2008年5月3日から7月19日まで、フジテレビ系列の土曜ドラマで実写化されていた!…知らなかった。 こんにちは、サ …

【ZETMAN】漫画家・桂正和 | 誰よりも変身ヒーローの『正義』という、理想と現実に向き合う漢。

2021/09/16(更新日: 2021/10/25) 週刊ヤングジャンプ。公式HPから抜粋。   こんにちは、サチヲです。 時代、世代ごとに、それこそ『田河水泡(のらくろの作者)』の時代か …

【嘘喰い】No.5『ビバ!マルコ』 | マルコという青年は、ロデムという凶悪な人格を持つ、いわゆる…

2021/12/31(更新日: 2022/02/06) こんにちは、サチヲです。年末年始のお約束『ビバ!人生指定図書の集中布教だYO』がスタートです! 先ず、知って頂きたいことは…横浜流星を主演に迎え …

【金色のガッシュ!!】成長するために | 背中を押してくれる友達がいること…

2021/08/30(更新日: 2021/08/31) こんにちは、サチヲです。 めちゃくちゃ懐かしいガッシュベルです!作者である雷句誠(らいく まこと)は、あの『うしおととら』の作者、藤田 和日郎( …

【ワンピース】ゾロの考え方 | 脳が筋肉で出来ていると思いきや、しっかりとチーム戦略を…

2021/07/24(更新日: 2021/08/07) こんにちは、サチヲです。 細かい説明は特にしませんが、要するに『予定と全く違うことが複数起きて、早急に手を打たないと取り返しのつかない状況』です …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。