★美味しいね

【美味しいね】『神保町・丸香』 | 今回は初めて食べる『釜たま』ですッ!楽しみでしかたない!!

投稿日:

こんにちは、サチヲです。

東京都で…いや関東地方でいちばん美味しいうどんが食べられるのは、ここなんだ!とゆるぎない思いで今回も食べさせていただきました。

【美味しいね】『神保町・丸香』 | 今回は初めて食べる『釜たま』ですッ!楽しみでしかたない!!

いやはや、卵が甘いッ!!正直、卵とうどんだけで食べられるんです。
でも、やっぱり丸香特製(!?)のダシ醤油をかけるともっと美味しい!!

今回いただいたのは、『釜たまジロー』540円です。これを、うどん中盛りにして合計700円。満足値段です。

と言いますか、ジローってなんですの!?に尽きますが、説明書きを見ますと…
『国の地鶏土佐ジローの濃厚で野趣味ある卵を使ったプレミアム釜たまうどん』とありました。

ん?野趣味!?私、調べました。
野趣味とは…『野趣』は自然や田舎を趣や風情があるとした言葉で、そんな料理やお店に風景や自然など多様な使い方がされます。 要するに自然を賛美し、連想させるとも言い換えられます。
と、ありました。

要するに、趣のあるイケてる言葉なんですね。地元愛にあふれるグルメ大好き人間にとって、これ以上ないスパイスのある言葉なんです。

丸香の真骨頂はうどんに非ず。天ぷらに在り!!

誤解の無いように言いますが、丸香のうどんはうまくて当たり前。丸香にとってそんな基本装備を褒められて喜ぶようなお店ではありません。
本当に食してほしいのは揚げ物…そう『四国の天ぷら』なんです。

特に、私のおすすめは『かしわ天(むねともも2ピースで190円)』と、今回私が頼んだ『野菜天盛(240円)』です。
ちなみに、その日の仕入れによって野菜の種類が毎回違います。今日は『ナス・じゃがいも・レンコン』でした。

私の中で、いちばん期待のしていないじゃがいもから食べさせていただきました。
もう…やめていただきたいです。なんでこんなに甘いんですか!!

ホクホクしたじゃがいもが、噛みしめるたびに甘みが増すんです。しかも、天ぷら衣に微量な塩!?がかかっているのでしょうか。
この、アクセントが更に野菜たちのポテンシャルを底上げしていることは確かなんです。

当たり前のように、レンコンのシャキシャキ感が主張していますし、中まで火が通ってりるのか心配になるくらい分厚いナスなんて、心の中で手を合わせながら食べましたよ。

本当はうどんに絡めて食べるのかと思いますが…気が付いたらそれ単品でほとんど食べてしまいました。
ホクホクのじゃがいもを口に入れてから、土佐ジローの濃厚な卵が絡んだうどんと一緒に食べる。

私、幸せです。

最後に

例によって、食べログ情報を載せますね。
うどん 丸香 (まるか) – 神保町/うどん | 食べログ (tabelog.com)

ではまた。

-★美味しいね
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『純米吟醸 越乃雪椿』今夜はこの酒を飲めッ!!#10 | 新潟の越乃シリーズの中でも上品な飲み口です

2022/02/25(更新日: 2022/03/26) これぞ、雪椿!! こんにちは、サチヲです。 『新しいモノ』とは…単なる年代ではなく、自分の知らないいいモノ。と、考えています。 今回はお酒です。 …

『キリン・クラシックラガー 』今夜はこの酒を飲めッ!!#7 | このビールが一番「うまいッ!!」

2021/10/02(更新日: 2022/03/26) こんにちは、サチヲです。 はじめに。 『新しいモノ』とは…単なる年代ではなく、自分の知らないいいモノ。と、考えています。 今回はお酒です。あなた …

上海料理『上海味道(SHANGHAI FLAVOR)』 | びっくりするくらい本格的なお店が近くにオープン!

こんにちは、サチヲです。 上海料理『上海味道(SHANGHAI FLAVOR)』 | びっくりするくらい本格的なお店が近くにオープン! 本当は『かぐらや』というイケてるらーめん屋さんに行こうかと思いま …

no image

【美味しいね】GOTOイートが終わった今、コスパ最強のお店がここ水道橋に降臨いたしました

こんばんは、サチヲです。   GOTOイートが終わった今、コスパ最強のお店がここ水道橋に降臨いたしました。 それはコレ。   とり家ゑび寿 水道橋店 ランチ限定メニュー 唐揚げの甘 …

チャーシュー麺のNo. 1が決まりました | 本八幡駅周辺のラーメン屋はめちゃくちゃ熱い!

2021/02/08(更新日: 2021/02/18) こんばんは、サチヲです。 チャーシュー麺のNo. 1が決まりました | 本八幡駅周辺のラーメン屋はめちゃくちゃ熱い! 『八幡だんちょう亭』の“醤 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。