★リテラシー ★独り言 イケてる人 政治リテラシー

【高橋洋一チャンネル】『歳入庁の導入できないワケ』 | 真実に頭を垂れる人でありたいですね…

投稿日:2021年11月20日 更新日:

こんにちは、サチヲです。

大手テレビや新聞のように、バイアス(傾向、偏向、先入観、データ等の偏り、思考や判断に特定の偏りをもたらす思い込み要因、得られる情報が偏っていることによる認識の歪み)のかかっていない中道(愛国心のある方なので多少の右寄り)だと、私が信じてやまない人物。

それが、嘉悦大学教授『高橋洋一』である。

肩書は、日本の経済学者、数量政策学者、元大蔵・財務官僚。学位は博士(政策研究)(千葉商科大学・2007年)以外にも多数あり、小泉政権時には『霞が関埋蔵金』を見つけたり、政府のバランスシートを作ったり、納税システムであるe-taxを導入したり、政策、ネット・プログラミングにも明るい。菅政権時には内閣参謀参与を途中で退任したが、現在も『聞かれたら答える』というスタンスは変わりなく続けているとのこと。

このように、いわゆる『評論家』ではなく、『現役プレイヤー』として力を発揮し、結果、日本の国益に貢献していることは明白なんです。ホントに。左翼からは嫌われていことが、その証拠です。
嫌われようが、更迭されようが、そんなことはお構いなしに、ストレートにこき下ろす言動には、いつも笑わせてくれる明るいおじさんです。

【高橋洋一チャンネル】『歳入庁の導入できないワケ』 | 真実に頭を垂れる人でありたいですね…

この手の話は、都市伝説化やトンデモ話にして、こき下ろす人もいることは確かです。まぁ、そのような意見もあっていいと思いますし、理解もしています。

要するに、あなたがどう感じるかです。前置きでも説明したとおり、私は既に信者化しているので、発言にバイアスがかかっているのも理解した上で言わせていただきます。

「テレビ・新聞のニュースと高橋洋一チャンネルを1週間毎日見続けてほしい。比べてみると本当におもしろいから!」

日本の国益や、日本の仕組み、日本の状況、日本の近い未来を知りたい方は尚更おすすめいたします。
これも変化をするための『環境を変える』ひとつですね。

ではまた。

-★リテラシー, ★独り言, イケてる人, 政治リテラシー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【イケてる人】脚本家・古沢良太(こさわ りょうた) | 『脚本』からもっと日本を面白くする漢

2021/12/05(更新日: 2021/12/11) ばぁー------ぁか!!で有名な、この顔芸。 今回のイケてる人は、2023年のNHK大河ドラマ、主演は松本潤・『どうする家康』の脚本を担当する …

斎藤一人(さいとうひとり)#10 | 『いい事を聞いたらすぐに実行。ホントにすぐだぜ』

2021/12/03(更新日: 2021/12/09) こんにちは、サチヲです。 ひとりさんについては『好き嫌い』がはっきり分かれる人物なので、苦手な方はここで読むのをやめることをおすすめします。 さ …

no image

朝倉千恵子…イケてる会社シリーズ

2020/10/15(更新日: 2021/07/19) こんにちは、サチヲです。 株式投資新規開拓、代表取締役『朝倉千恵子』さんです。 人材育成を軸に、新入社員の心構え、売れる営業マンとは、社員の意識 …

【戯言】先ずは思いの種を蒔こう | でもね、みんなやっていることだし、出来ていることなんですよ。

2021/09/06(更新日: 2021/09/28) こんにちは、サチヲです。 戯言(ざれごと)と称してイケてる言葉を紹介してきました。しかし問題が出てきました。 格言やらイケてる言葉は、一見大層な …

【戯言】No.6『人は人によって、磨かれる』 | 何をやっているか以上に、誰とやるかが重要…

2021/10/22(更新日: 2021/10/25) こんにちは、サチヲです。 戯言のお時間です。好きな人は好き。嫌いな人は嫌い。それはあなたの人生のタイミング次第。さて、あなたはどっちでしょうか。 …


飯沼祥夫

高校生2年でベースをはじめ、文化祭デビュー。
高校卒業してギターの先輩に刺激を受けギターに転向。
20歳でプロを目指し東京へ。
ヴィジュアル系バンドでインディーズデビューも2年で辞める。
その後はパンク以外のバンドを転々とする。
27歳でとある社長の事務所からデビューしかけたが29歳で辞める。
生涯ライブ経験は北海道から九州までのライブハウスツアーを経験もしているので40回くらいでしょうか。
その後、音楽を趣味に変えて楽しんでギターを弾いています。

現在は48歳。結婚は9年目、二児のオッサンです。
私は、嬉しいこと、楽しいこと、感動したことを
人に聞いてもらいたくなるんです。
そして、共感できたら最高だなぁと思ってます。
先ずは、肩の力を抜いて読んでもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いします。